三豊鳥坂インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三豊鳥坂インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 E11 高松自動車道
IC番号 3-1
料金所番号 08-779
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0011.svg 三豊鳥坂
起点からの距離 29.5 km(高松西IC起点)
善通寺IC (7.9 km)
(2.7 km) 高瀬PA
接続する一般道 香川県道220号大見吉津仁尾線
供用開始日 2006年3月24日
通行台数 2274台/日
所在地 767-0032
香川県三豊市三野町下高瀬字手石場3044番地
備考 高松方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示
本線出口

三豊鳥坂インターチェンジ(みとよとっさかインターチェンジ)は、香川県三豊市にある高松自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

2006年3月24日に供用を開始した。上り(高松岡山)方面のみ流出入可能なハーフインターチェンジである。下り方面には隣接するインターチェンジ(善通寺ICさぬき豊中IC)を利用することになる。

IC名は本ICの北西にある鳥坂峠に由来する。

道路[編集]

歴史[編集]

当ICの建設された高松自動車道善通寺IC - さぬき豊中IC間の距離は14.6kmと香川県内区間では長い部類に入るため、地元自治体を中心にIC設置活動が行われ、1999年12月に地域活性化インターチェンジとして設置が認められた。[要出典]

当ICが高松・岡山方面行きのハーフインターチェンジなのは開発インターチェンジとして計画が進められていた頃の名残りである(開発ICは建設費地元負担のためコスト削減でハーフが選ばれた)。[要出典]

沿革[編集]

  • 1981年三野町(現:三豊市)の鳥坂地区に追加インターチェンジ構想が持ち上がる。
  • 1990年頃 この頃、建設費を理由にハーフインターチェンジで整備する計画に変更。
  • 1999年12月 鳥坂インターチェンジ(仮称)の設置が正式決定。
  • 2002年11月 インターチェンジ建設工事着工。
  • 2005年7月19日 インターチェンジの名称が「三豊鳥坂(みとよとっさか)」に決定。
  • 2006年3月24日 供用開始。

周辺[編集]

料金所[編集]

入口[編集]

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1

出口[編集]

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • 一般(希にETC・一般):1

[編集]

E11 高松自動車道
(3) 善通寺IC - (3-1) 三豊鳥坂IC - 高瀬PA - (4) さぬき豊中IC

関連項目[編集]