三輪實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三輪 實(みわ みのる、1946年(昭和21年)10月[1] - )は、日本工学者岐阜大学工学部名誉教授

人物[編集]

愛知県海部郡八開村(現愛西市)生まれ[2][要出典]愛知県立津島高等学校[3]1965年(昭和40年)に卒業し[要出典]、その年岐阜大学工学部に進学した。

同大学を1969年(昭和44年)に卒業、同大学院工学研究科繊維工学専攻修士課程に進み、1971年(昭和46年)に同大学院修士課程修了[1]

経歴[編集]

1971年(昭和46年)に岐阜大学院修士課程終了した後、東洋化学株式会社勤務を経て、1975年(昭和50年)に岐阜大学工学部助手、1988年(昭和63年)に助教授、1995年(平成7年)に教授となった[1]

2008年(平成20年)、同大学金型創成技術研究センター長[4]

2012年(平成24年)4月1日付 名誉教授。2012年6月1日岐阜大学森学長が対象者17人に名誉教授称号授与を行った[5]

研究[編集]

  • 繊維強化の特性の予測の発展性。
  • 高分子フイルムの多機能化。
  • 樹脂と繊維の接着の強度測定する日本で最初にフラグメンテーション法を開発した。

シンポジュウム[編集]

  • 第1回先進プラズマ科学とその応用に関する「国際シンポジュウム」

 ISPlsma2009 2009年3月8日~11日 名古屋大学1B電子情報館[6]

賞詞[編集]

  • 1984年(昭和59年)、繊維学会論文賞[1]
  • 2000年(平成12年)、日本歯科理工学会論文賞[1]
  • 2010年(平成22年)、社団法人繊維学会功績賞[4]
  • 2011年(平成23年)、岐阜新聞、第61回岐阜新聞大賞(学術部門)[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e J-GLOBAL 研究者 三輪實”. 科学技術振興機構 (2008年8月19日). 2011年11月17日閲覧。
  2. ^ 愛知県八開中学校1962年(昭和37年)卒業アルバム|date=2011-12-31|閲覧。
  3. ^ 愛知県立津島高等学校同窓会会員名簿1965年(昭和40年)(第17回生)|date=2011-12=31|閲覧。
  4. ^ a b c “輝く功績2 第61回岐阜新聞大賞受賞者”. 岐阜新聞. (2011年2月4日). http://www.gifu-u.ac.jp/eng/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=471 2011年11月17日閲覧。 
  5. ^ 岐阜大学・学報.vol658”. 2015年3月1日閲覧。
  6. ^ ISPlsma2009”. 2015年3月3日閲覧。