三輪寿壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三輪 寿壮
みわ じゅそう
Juso miwa.jpg
三輪寿壮の肖像写真
生年月日 1894年12月15日
出生地 福岡県糟屋郡蓆内村
没年月日 1956年11月14日
死没地 東京都文京区
出身校 東京帝国大学法学部独法科 卒業
第一高等学校 卒業
前職 弁護士
所属政党労働農民党→)
日本労農党→)
日本大衆党→)
全国大衆党→)
(全国労農大衆党→)
社会大衆党→)
(無所属→)
日本社会党→)
社会党右派→)
日本社会党
称号 従四位
勲三等旭日章

日本の旗 衆議院議員(2-4期)
選挙区 旧東京3区
当選回数 3回
在任期間 1952年10月2日 - 1956年11月14日

日本の旗 衆議院議員(1期)
選挙区 東京府第5区
当選回数 1回
在任期間 1937年5月1日 - 1942年4月30日
テンプレートを表示

三輪 寿壮(みわ じゅそう、1894年明治27年)12月15日1956年昭和31年)11月14日[1])は日本法律家政治家労働農民党書記長、日本労農党書記長、第二東京弁護士会会長、衆議院議員

来歴・人物[編集]

福岡県糟屋郡蓆内村(現・古賀市)に、蓆内村村長などを務めた三輪健太郎の長男として生まれる。福岡県立中学修猷館(現・福岡県立修猷館高等学校)、第一高等学校を経て、大正9年(1920年東京帝国大学法学部卒業。一高・東大の同期であり、首席を争った岸信介我妻栄とは生涯の親友であった。東大在学中の大正8年(1919年)には、麻生久赤松克麿らと新人会の創設に参加している。

東大卒業後、弁護士となり、日本労働総同盟日本農民組合の法律顧問として、労働争議小作争議で闘う。大正10年(1921年)、ナプボルツ時計工場同盟罷業の前後より社会主義に強く傾倒し、日本社会主義同盟に加盟。これにより、内務省警保局は大正11年(1922年)頃に三輪を「思想要注意人」に指定している。

大正15年(1926年労働農民党書記長となり、同年末、同党中間派が集まった日本労農党が発足するとその書記長に就任。昭和7年(1932年)、無産政党の統一体である社会大衆党の創設に参加する。昭和12年(1937年)、第20回衆議院議員総選挙に東京で社会大衆党から立候補し、衆議院議員に初当選。その後、ゾルゲ事件において尾崎秀実の官選弁護人を務めている。

昭和15年(1940年)、日中戦争の激化で社会大衆党が解体後、近衛文麿新体制運動に協力し、太平洋戦争中は大政翼賛会連絡部長、大日本産業報国会厚生部長を歴任する。

戦後は公職追放となり弁護士業に専念。極東国際軍事裁判では、岸信介の家族と、実弟の佐藤栄作からの依頼により、岸信介の弁護を担当している[2]。追放解除後、昭和26年(1951年)、第二東京弁護士会会長および日本弁護士連合会副会長に就任し、昭和電工事件において西尾末広の弁護などを行う。

昭和27年(1952年)、第25回衆議院議員総選挙において旧東京3区(目黒・世田谷が地域であった)から衆議院議員に返り咲くと、昭和30年(1955年)、鈴木茂三郎河上丈太郎らと左右社会党の統一を成し遂げる。

昭和31年(1956年)11月14日、肺臓癌により東大病院において死去。享年61。日本社会党党葬が営まれた。

子に建築家の三輪正弘、医学者の三輪史朗がいる。

エピソード[編集]

1955年

岸信介は、親友である三輪と連絡を取り合って二大政党制を目指し1955年、三輪は社会党再統一、岸は保守合同自由民主党結成)を成し遂げた(55年体制)が、その翌年三輪は世を去った。岸は三輪の葬儀において自ら買って出て弔辞を読み、「本当に残念だ。これで政権を渡す相手がいなくなった」と嘆いた。

翻訳[編集]

伝記[編集]

  • 『三輪寿壮の生涯』 三輪寿壮伝記刊行会編 三輪寿壮伝記刊行会 1966年
  • 三輪建二『祖父 三輪寿壮―大衆と歩んだ信念の政治家』 鳳書房 2017年 

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 内務省警保局編『思想要注意人名簿』1922年頃。

関連項目[編集]