三輪秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三輪 秀一(みわ ひでいち[1]1873年明治6年)10月10日[2] - 1921年大正10年)7月26日[2])は、日本の陸軍軍人第11師団参謀長を務め、シベリア出兵の際戦死を遂げる。階級は陸軍少将功四級に至る[1]。妻は仁田原重行陸軍大将の娘[3]

経歴[編集]

山口県出身[1][2]の三輪は陸軍士官学校に入り、1896年(明治29年)11月26日士官候補生第8期として卒業[2][4]1897年(明治30年)6月28日陸軍歩兵少尉に任官される[4]。同期には軍事参議官教育総監渡辺錠太郎大将内閣総理大臣林銑十郎大将らがいる。

中尉進級後の1903年(明治36年)8月3日陸軍大学校に入学するが、三輪の属する第20期生は日露戦争期であったため1904年(明治37年)2月9日一時中退し1906年(明治39年)3月20日復校、三輪は歩兵大尉任官を経て1908年(明治41年)11月30日卒業する[1][2][5]。その後歩兵将校として累進し、1918年(大正7年)7月24日歩兵大佐進級と共に歩兵第4連隊長を命ぜられる[1][2]

1920年(大正9年)2月21日、第11師団参謀長を拝命し師団はシベリア出兵に参加するが、1921年(大正10年)7月、ザバイカル方面で作戦従事中に戦死を遂げ、同日付けで陸軍少将に進級した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』135頁。
  2. ^ a b c d e f g 『日本陸軍将官辞典』710頁。
  3. ^ 「仁田原重行」『日本陸海軍総合事典』第2版、118頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』132、135頁。
  5. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、555-556頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。