三遊亭圓窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三遊亭 圓窓(さんゆうてい えんそう)は、落語家名跡三遊派から生まれた名である。当代は6代目。

圓窓の名を高めたのは、落語家として初めて渡米し、後に三遊亭圓生を襲名した3代目である。以後は三遊派における重要な名跡の一つとして数えられている。

6代目[編集]

6代目 三遊亭(さんゆうてい) 圓窓(えんそう)
6代目 三遊亭(さんゆうてい) 圓窓(えんそう)
三ツ組橘は六代目圓生一門の定紋であり六代目圓窓の定紋でもある。
本名 橋本 八郎(はしもと はちろう)
生年月日 (1940-10-03) 1940年10月3日(78歳)
師匠 8代目春風亭柳枝
6代目三遊亭圓生
名跡 1. 春風亭枝女吉(1959年)
2. 三遊亭吉生(1959年 - 1969年)
3. 6代目三遊亭圓窓(1969年 - )
出囃子 新曲浦島
活動期間 1959年 -
活動内容 古典落語
家族 三遊亭窓輝(三男)
所属 落語協会(1959年 - 1978年)
落語三遊協会(1978年 - 1980年)
落語協会(1980年 - )
備考
落語協会相談役

6代目三遊亭 圓窓1940年10月3日 - )は、東京都江東区出身の落語家。落語協会所属。本名・橋本 八郎(はしもと はちろう)。出囃子は『新曲浦島』。東京都立文京高等学校卒業[1]

来歴・人物[編集]

釜泥』をはじめとする古典落語で知られるが、パソコンを利用した通信落語や、民話を題材とした創作落語を行うなど、活動の幅は非常に広い。最近では各地の小学校を訪問して、落語を実演している。2000年には、自ら口演した古典落語の『ぞろぞろ』が、小学4年生の教科書に掲載された。

一時期、青山学院大学落語研究会の顧問を務めていたことがあり、吉生(当時)が兄弟子・5代目圓楽の鞄持ちを同会会員から募って選ばれた一人が、当時同大学の1年生であった後の6代目圓楽こと會泰通である。

『笑点』の大喜利メンバーであったことがあり、そこでのキャラは常識派であった。番組500回記念では兄弟子・5代目圓楽とリレー落語を演じた。[2]

7代目圓生襲名問題に名乗りを上げたが、最終的には6代目圓生の長男に「止め名」として預ける形となった。

趣味はバイク。長年に渡り、名古屋市に本社を置く「富士コーヒー」のラジオCMに出演する他、同社の広報誌にも小噺コーナーを設けている。

略歴[編集]

一門弟子[編集]

元弟子[編集]

  • 三遊亭窓太(廃業。後に金田一だん平という筆名を名乗り、1990年晩聲社より『落語家見習い残酷物語』を出版)
  • 三遊亭窓一→新窓(破門後に圓彌門下に移り笑弥→現:三遊亭圓王
  • 三遊亭窓矢(声優の宗矢樹頼

著書[編集]

  • 『ふてくされ人生学―古典的生き方のすすめ』(1972年社会思想社
  • 『圓窓―楽屋裏 はなし家ちょっといい話』(1981年PHP研究所
  • 『パソコン通信 始め方・生かし方―OA音痴の私でも仕事に趣味にフル活用』(1990年1月ごま書房、ISBN 9784341021276)
  • 『円窓のワープロ入門高座―あたしも熱中、もうやめられない』(1991年9月経済界、ISBN 9784766702040)
  • 『おもしろ落語図書館』(全10巻、共著、大日本図書
  • 『ぞろぞろ』(2002年10月、ISBN 9784811376110)
  • 『人の話の聞き方入門―聞かないあなたはホントに手遅れ 新装版』(2003年5月、日本語学研究所、ISBN 9784625633195)
  • 『圓窓ひとりごと 新訂版』(2003年12月、棋苑図書、ISBN 9784873651842)
  • 『男は40代に蘇える 思秋期サラリーマンの憂さを晴らすヒント』(2004年12月、東洋経済新報社、ISBN 9784492042175)

テレビ出演[編集]

CD[編集]

  • 『特選落語名人寄席 21 三遊亭圓窓 締込み子別れ』(2007年4月キングレコード
  • 『特選落語名人寄席 22 三遊亭圓窓 甲府い、あくび指南』(2007年4月、キングレコード)
  • 『特選落語名人寄席 23 三遊亭圓窓 ねずみ、くしゃみ講釈』(2007年4月、キングレコード)
  • 『特選落語名人寄席 24 三遊亭圓窓 火事息子』(2007年4月、キングレコード)
  • 『特選落語名人寄席 25 三遊亭圓窓 さじ加減』(2007年4月、キングレコード)
  • 『特選落語名人寄席 26 三遊亭圓窓 唐茄子屋政談』(2007年4月、キングレコード)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.545
  2. ^ a b c ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』124ページ