三遊亭遊雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三遊亭 遊雀(さんゆうてい ゆうじゃく)は、落語家

遊雀を名乗った落語家は、過去に6人ほど確認されている。

  • 三遊亭遊雀 - のちの2代目三遊亭圓遊
  • 三遊亭遊雀 - 初代三遊亭圓遊門下。品川出身。遊太郎から、遊八を経て遊雀を名乗る。その他詳細は不明。
  • 三遊亭遊雀 - 初代三遊亭圓遊門下。上州で亡くなったということ以外の詳細は不明。
  • 三遊亭遊雀 - 2代目三遊亭圓遊門下。柳亭左龍門人で左美龍から柳家小かね、圓遊門人となって遊雀となる。本名は川上兼二郎。
  • 三遊亭遊雀 - (生年月日不詳 - 1930年10月24日):通称「道灌遊雀」。本名、鈴木 八三郎。出来る噺が『道灌』『天災』『元犬』の3つしかないが、その代わり『道灌』などを演じさせればどんな客でも飽きさせなかったという。遊雀が楽屋入りをすると、真っ先にネタ帳(楽屋に備え付けられている帳面で、同じ噺が2度出ないようにするために、演者とその日に演じたネタを書き記す)に目を通し、これら3つの噺を誰かがやっていることが分かると、高座には上がらずに割(給金)だけを貰って帰ってしまっていた。道灌遊雀のこの行為は寄席では半ば公認になっていた。1917年の連名には「余興紹介圓遊社主任」の肩書きで出ている。晩年は貸金業を営んでいたという。
  • 三遊亭遊雀 - 本項にて詳述。

三遊亭さんゆうてい 遊雀ゆうじゃく
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}遊雀(ゆうじゃく)
三遊亭遊雀定紋「高崎扇」
本名 畠山 太郎
生年月日 (1965-01-28) 1965年1月28日(55歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県船橋市
師匠 3代目柳家権太楼
三遊亭小遊三
弟子 三遊亭遊かり
名跡 1. 柳家さん太(1988年 - 1991年)
2. 柳家三太楼(1991年 - 2006年)
3. 三遊亭遊雀(2006年 - )
活動期間 1988年 -
所属 落語協会(1988年 - 2006年)
落語芸術協会(2006年 - )
ショーキャンプ有限会社(マネジメント)
受賞歴
第5回「北とぴあ若手落語家競演会」北とぴあ大賞(1995年)
平成7年「NHK新人演芸大賞」落語部門大賞(1995年)
平成17年度彩の国落語大賞(2006年)
平成18年度国立演芸場主催「花形演芸大賞」金賞(2007年)
平成19年度国立演芸場主催「花形演芸大賞」大賞(2008年)

三遊亭 遊雀1965年昭和40年〉1月28日 - )は、千葉県船橋市出身の落語家。本名、畠山 太郎(はたけやま たろう)。落語芸術協会所属。出囃子は『粟餅』。

私立市川高等学校卒業。高校時代は陸上競技部に所属し、中長距離走をメインに競技する。その後、日本福祉大学に進学して中退。大学時代には落語研究会に所属し、地元の老人ホームなどで落語を披露していた。

略歴[編集]

著書[編集]

  • オールフライトニッポン(柳家三太楼名義、柳家三之助共著、風濤社、2006年1月、ISBN 978-4892192746)
  • ANAの女性たち オールフライトニッポン 〈2〉(柳家三之助共著、風濤社、2008年10月、ISBN 978-4892193101)

出演[編集]

CD[編集]

  • 笑う全日空寄席 1(2010年、日本コロムビア) ※『堪忍袋』を収録。
  • ペタタン・タタン(2017年、SPICYHEAD RECORDS)※「お噺」を担当。[1]

DVD[編集]

CM[編集]

一門弟子[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アルバム「ペタタン・タタン」”. SPICYHEAD, LLC.. 2018年7月2日閲覧。
  2. ^ 師匠の三遊亭遊雀は元々3代目柳家権太楼の弟子であり、権太楼は5代目柳家つばめの死後に大師匠にあたる5代目柳家小さんの直弟子(預かり弟子)となったため、系譜を当初の入門者毎に遡った場合、遊雀の弟子である遊かりが小さん初の玄孫弟子となる。(5代目柳家小さん - 5代目柳家つばめ - 3代目柳家権太楼 - 三遊亭遊雀(元・柳家三太楼) - 三遊亭遊かり)となる。

参考文献[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 9784582126129
  • 『古今落語系図一覧表』(4代目桂文之助著、山本進校注、日本芸術文化振興会、2004年