三遊亭金翁 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
二代目 三遊亭さんゆうてい 金翁きんおう
二代目 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}金翁(きんおう)
三遊亭金馬一門の定紋のひとつ「陰鬼ツタ」
本名 松本まつもと 龍典りゅうすけ
生年月日 (1929-03-19) 1929年3月19日(92歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都江東区
師匠 三代目三遊亭金馬
弟子 五代目三遊亭金馬
三遊亭金八
三遊亭金也
名跡 1. 山遊亭金時
(1941年 - 1945年)
2. 三遊亭小金馬
(1945年 - 1967年)
3. 四代目三遊亭金馬
(1967年 - 2020年)
4. 二代目三遊亭金翁
(2020年 - )
出囃子 本調子鞨鼓
活動期間 1941年 -
活動内容 古典落語
新作落語
家族 五代目三遊亭金馬(息子)
ホンキートンク遊次(孫)
所属 東宝名人会
(1941年 - 1964年)
落語協会
(1964年 - )
主な作品
テレビ番組
お笑い三人組
『ミスター・エド』(日本語吹替)
備考
落語協会常任理事
(1967年 - 2014年)
落語協会顧問
(2014年 - )
日本演芸家連合会長
(2004年 - 2017年)
日本芸能実演家団体協議会顧問
新宿区名誉区民

二代目 三遊亭 金翁(さんゆうてい きんおう、1929年昭和4年〉3月19日 - )は、東京都江東区出身の落語家一般社団法人落語協会顧問。日本演芸家連合5代目会長。日本芸能実演家団体協議会顧問。新宿区名誉区民。本名∶松本まつもと 龍典りゅうすけ出囃子は『本調子鞨鼓』。

概要[編集]

柳家小袁治による「当代金馬は、自分の大師匠を知っている大ベテラン」との発言からも窺える通り、2020年現在、東西併せて落語界最古参の落語家であり、存命する唯一の戦中派落語家[1]である。ただし、年齢と真打昇進年を基準に置けば4代目桂米丸が最長老である。

プラモデルファンで、テレビ放送初期にプラモデルの番組『陸と海と空』(フジテレビ)の司会をしていた。また小金馬時代にはコキンホースという競走馬の馬主でもあった。

略歴[編集]

来歴・人物[編集]

子供の頃に兵隊にあこがれ予科練を夢見たが、柳家金語楼SPレコードを聴いたことで落語に興味を持つようになる[2]。家族や近所の人に落語を披露しては爆笑をとっていた。

1941年7月、小学校卒業の12歳で寄席の支配人の伝手で3代目三遊亭金馬に入門[2]。少年落語家・山遊亭金時として初高座を踏む。1945年終戦直後の8月18日に、二ツ目昇進[2]三遊亭小金馬と改名。

1953年日本テレビ開局記念番組放送中、放送事故が発生。急遽、小金馬、2代目三遊亭歌奴一龍齋貞鳳3代目江戸家猫八の4人で即興のインチキプロレス(プロレスコント)を放送。開局祝賀会場は爆笑の渦に包まれた。

これを見た同局社長・正力松太郎の指示により、直ちに彼らをメインとしたレギュラー番組が作られた。いわば金馬は、元祖テレビバラエティータレントである。1955年、歌奴を除く3人をメインにNHKに引き抜かれる形で『お笑い三人組』がスタート。国民的番組となる。このため、これらを知っている世代には未だに前々名の「小金馬」の名が通用する場合がある。

1958年3月、真打昇進。1967年3月、3代目の三回忌に4代目三遊亭金馬を襲名。同年、落語協会常任理事、日本演芸家連合理事に就任する。

1969年11月9日から1970年6月14日まで『笑点』の大喜利メンバーを務める[1]。加入時の満年齢は40歳であり、2006年春風亭昇太(当時46歳)が加入するまでは新加入最高齢者であった。『お笑い三人組』で人気者になっていたため、休演も数回あった[1]

国立演芸場開設に尽力した功労者であり、1970年には芸術祭優秀賞を受賞し、警視総監表彰を受けた。3代目古今亭志ん朝没後、志ん朝の手掛けていた夏の「住吉踊り」を承継。毎年8月、浅草演芸ホールの中席で披露する(膝を痛めたことと、高齢のために現在は引退)。

『お笑い三人組』で共演した桜京美の病死が判明した1989年1月6日には、「もっと会って話をしておけばよかった」というコメントを寄せて桜を偲んだ。

2010年代以降は膝を悪くし、釈台を置いて落語を演じている。愛嬌のある笑顔と独特のダミ声はいまだ健在[1]

2017年9月6日7日BSフジのクイズバラエティ番組『クイズ!脳ベルSHOW』に出演。番組出演者の中では今までの最高齢(89歳)[3]でありながら優秀な成績をおさめ、週末のチャンピオン大会にも出場。2018年6月6日には「おもしろ選抜脳ベル選手権2018」80代部門に出演し、2019年7月4日には番組のレギュラー放送500回を記念してお祝いメッセージを寄せる。同年9月25日26日には再びスタジオに出場、再度27日のチャンピオン大会にも出演した。また、2020年8月28日には「聞けば納得クイズ!何でそうなった!?」に出題者として三遊亭金時とともにVTR出演した。

2018年7月、東京都内の自宅で呼吸が苦しくなり、自力で救急車を呼んで病院に搬送される[4]心不全脳梗塞を発症したためだという[5]。数日間意識が戻らず、一時はICU(集中治療室)に入院したものの[6]、2019年の鈴本演芸場正月興行で高座復帰を果たした。

2019年6月、自身の健康状態も考慮し、翌2020年秋に「三遊亭金馬」の名跡を弟子で次男の三遊亭金時に禅譲し、自身は隠居名となる「三遊亭金翁」を襲名することが明らかになった[7]

2020年9月21日、鈴本演芸場での自身と息子の5代三遊亭金馬襲名披露興行初日を以て正式に2代目三遊亭金翁を襲名した[8]

持ちネタ[編集]

など、先代の演目を多く引き継いでいる。

『子なさせ地蔵』などの新作落語を演じることもある。

主な出演作[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

著書[編集]

  • 落語東京名所図絵(1976年、講談社) ※共著
  • 金馬のお惣菜噺(1986年11月、文化出版局
  • 金馬のいななき 噺家生活六十五年(2006年3月、朝日新聞社

一門弟子[編集]

三遊亭右京が見習いとして弟子だった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』123ページ
  2. ^ a b c 死ぬなら前座より二ツ目…落語家 三遊亭金馬さん 86YOMIURI ONLINE 2015年08月17日閲覧
  3. ^ “岡田圭右、クイズ番組で猛者を切り盛りする名司会術と品位”. 週刊ポスト. (2019年5月17・24日号). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190513/ent1905130005-n2.html. "最高齢は、当時89歳の三遊亭金馬さんでした(小沢英治プロデューサー)" 
  4. ^ “三遊亭金馬が入院、自分で救急車も「その後重篤に」”. 日刊スポーツ. (2018年7月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807240000437.html 
  5. ^ “90歳、今日も高座へ 落語家・三遊亭金馬①|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる”. NHK. (2019年5月24日). https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/suppin20190524.html 
  6. ^ “三遊亭金馬がICUに入院”. サンケイスポーツ. (2018年7月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180725/geo18072505000010-n1.html 
  7. ^ 三遊亭金馬 次男に名跡譲る 金時「大きな名前に負けず頑張りたい」 - Sponichi Annex 2019年6月25日
  8. ^ "三遊亭金馬の襲名披露興行始まる「厩火事」を披露". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 21 September 2020. 2020年9月21日閲覧