三重バイオレットアイリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三重バイオレットアイリス
Mie Violet Iris
Handball pictogram white.svg
基本情報
正式名 三重バイオレットアイリス
愛称 バイオレット
略称 MVI
運営母体 NPO法人 三重花菖蒲スポーツクラブ
創設 2002年
スローガン Super Violet Soul
マスコット ミビィ
所属リーグ
日本の旗 日本ハンドボールリーグ (2006年 - )
歴代チーム名
  • 三重花菖蒲 (2002年 - 2006年)
  • 三重バイオレットアイリス (2007年 - )
本拠地
本拠地 三重県鈴鹿市
0スポーツの杜鈴鹿体育館
三重県四日市市
0四日市中央緑地体育館
三重県名張市
0HOS名張アリーナ
三重県いなべ市
0員弁運動公園体育館
練習会場 三重県鈴鹿市
0三重県立稲生高等学校体育館
成績
2018-19 4位
PO出場 3回 (2016年・2017年・2018年)
獲得タイトル
ジャパンオープン優勝 (2回)
2002年・2003年
役員
オーナー 向井弘光
GM 細野秀男
監督 日本の旗 梶原晃
ユニフォーム
サプライヤー TRANSISTAR
ホーム
アウェイ
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter
テンプレートを表示

三重バイオレットアイリス(みえバイオレットアイリス、: Mie Violet Iris)は、三重県鈴鹿市を拠点にする女子ハンドボールチーム。略称は「MVI」である。日本ハンドボールリーグ加盟。特定非営利活動法人三重花菖蒲スポーツクラブが運営している。

チームカラーは紫。チームマスコットは「ミビィ」。実業団と異なり、選手たちは鈴鹿サーキットなど様々な企業・団体に勤務。一企業一選手を原則にしている[1][2]

2016年からは「会いたいクラブ宣言」をスローガンに掲げるなど、スポーツビジネスの観点での運営強化を目指す動きを見せている[1]

概要[編集]

2002年三重花菖蒲ハンドボールクラブとして設立。ジャパンオープン優勝。

2003年も2年連続でジャパンオープン優勝を果たす。

2005年、運営団体を三重花菖蒲スポーツクラブに変更。

2006年日本ハンドボールリーグ加盟。初年度は最下位の6位に終わった[3]

2007年三重バイオレットアイリスへ改名。

協賛企業[編集]

ユニフォームの最も目立つ位置に入っているのが「HB-101」を展開するフローラであり、日本リーグ試合の冠協賛も行っている。平成28年度は38の企業が協賛している。

ユニフォームサプライヤーはHC名古屋と同様のトランジスタ[4]

メディアについて[編集]

地元鈴鹿のFMラジオ局、スズカ・ヴォイスFMでレギュラー番組「ハンドボールガールズ」を放送。公式サイトでは、アーカイブ録音されており後日聴くことも可能である[5]

ケーブルネット鈴鹿では10分間の番組「スーパーバイオレットソウル」を放送している[6]

選手・スタッフ[編集]

現役選手[編集]

# Pos. 選手名 年齢 出身校 備考
1 日本の旗 GK 高木エレナ 28歳 日本体育大学 日本代表
2 日本の旗 LB 中田夏海 25歳 福岡大学
4 日本の旗 PV 塩田奈々 20歳 武庫川女子大学短期大学部 2019年加入 (2018年度)
5 日本の旗 CB 加藤夕貴 27歳 早稲田大学
6 日本の旗 PV 近藤保乃佳 27歳 中京大学
7 日本の旗 RB 水谷雪菜 24歳 茨城大学
8 日本の旗 RW 佐野陽子 25歳 日本体育大学
10 日本の旗 LW 河嶋英里 27歳 大阪体育大学 日本代表
11 日本の旗 LW 團玲伊奈 23歳 東京女子体育大学
12 日本の旗 GK 岩見佳音 23歳 洛北高校
13 日本の旗 RW 島居宏汀 24歳 武庫川女子大学
15 日本の旗 LB 多田仁美 27歳 日本体育大学 日本の旗 日本代表 (JAPAN CUP / 日韓定期戦)
16 日本の旗 GK 花村美香 26歳 武庫川女子大学
19 日本の旗 RB 万谷由衣 (キャプテン) 29歳 天理大学
20 日本の旗 LB 原希美 28歳 日本体育大学 日本の旗 日本代表 (第1回欧州遠征 / JAPAN CUP / 日韓定期戦)
23 日本の旗 RB 森本方乃香 25歳 早稲田大学
24 日本の旗 LW 細江みづき 26歳 日本体育大学
25 日本の旗 CB 林美里 24歳 桐蔭横浜大学
27 日本の旗 CB 熊﨑かずみ 22歳 中京大学 2019年加入 (2018年度)
81 日本の旗 CB 石立真悠子 32歳 筑波大学 日本の旗 日本代表 (JAPAN CUP / 日韓定期戦)
2019年5月14日更新[7] / ○は新人、☆は内定選手、△は移籍、□は復帰
入退団 (2018-19 ⇒ 2019-20)
# Pos. 選手名 年齢 前所属 / 去就 備考
入団
4 日本の旗 PV 塩田奈々 21歳 日本の旗 武庫川女子大学短期大学部 2019年度内定選手
27 日本の旗 CB 熊﨑かずみ 23歳 日本の旗 中京大学 2019年度内定選手
81 日本の旗 CB 石立真悠子 33歳 日本の旗 JJ.GANG
退団
-

スタッフ[編集]

役職 氏名
会長 (オーナー) 向井弘光
GM 細野秀男
GM代行・監督 梶原晃
営業・事務局 江森友哉
プロモーションマネージャー 高井淳
チームマネージャー 櫛田亮介
ドクター 加藤公
トレーナー 佐久間雅久
トレーナー 木本雅子
2019年5月14日更新[7]

成績[編集]

赤字は最下位。

日本ハンドボールリーグ[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ 順位
得点 失点 順位
三重花菖蒲
2006-07 15 0 2 13 300 433 6位 - 6位
三重バイオレットアイリス
2007-08 15 3 1 11 313 417 5位 - 5位
2008-09 15 5 1 9 331 385 5位 - 5位
2009-10 15 4 0 11 333 363 5位 - 5位
2010-11 15 2 0 13 313 474 5位 - 5位
2011-12 15 3 0 12 264 473 5位 - 5位
2012-13 15 3 0 12 245 435 5位 - 5位
2013-14 18 7 0 11 374 437 5位 - 5位
2014-15 18 4 1 13 373 441 5位 - 5位
2015-16 12 4 1 7 204 233 6位 - 6位
2016-17 18 9 0 9 370 364 4位 準決勝敗退 4位
2017-18 24 15 1 8 501 488 4位 準々決勝敗退 4位
2018-19 24 13 2 9 525 503 4位 準々決勝敗退 4位

大会・選手権[編集]

日本選手権 社会人選手権 国民体育大会 ジャパンオープン
2002年 準々決勝敗退 7位 優勝
2003年 準々決勝敗退 6位 優勝
2004年 - 5位 準決勝敗退
2005年 1回戦敗退 6位 3位
2006年 準々決勝敗退 -
2007年 準々決勝敗退 6位
2008年 準々決勝敗退 -
2009年 準々決勝敗退 4位
2010年 1回戦敗退 6位
2011年 準々決勝敗退 -
2012年 1回戦敗退 6位
2013年 準々決勝敗退 4位
2014年 準々決勝敗退 6位
2015年 準々決勝敗退 3位
2016年 ベスト4 3位 1回戦敗退
2017年 ベスト4 3位 5位
2018年 ベスト4 - 2回戦敗退
2019年 -

歴代選手[編集]

2018-19年シーズン[編集]

2017-18年シーズン[編集]

2016-17年シーズン[編集]

2015-16年シーズン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b クラブ概要”. 三重バイオレットアイリス公式HP. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ ハンドボール!!三重バイオレットアイリス, 鈴鹿市観光協会公式HP, http://www.kanko.suzuka.mie.jp/members/b225.html 2017年2月12日閲覧。 
  3. ^ 最終順位表 日本ハンドボールリーグ
  4. ^ “ユニフォーム完成(16/17シーズン)|三重バイオレットアイリス” (プレスリリース), トランジスタ公式HP, (2016年9月9日), http://www.transistar.jp/supplier_mvi1617/ 2017年2月12日閲覧。 
  5. ^ FMラジオ, 三重バイオレットアイリス 公式サイト, http://www.mie-visc.jp/radio 2017年2月12日閲覧。 
  6. ^ CNS 「スーパーバイオレットソウル」 三重バイオレットアイリス
  7. ^ a b 選手 三重バイオレットアイリス