三重県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

三重県の市町村章一覧(みえけんのしちょうそんしょうのいちらん)は、三重県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
津市 Emblem of Tsu, Mie.svg 「つ」を図案化したもの[1][2] 2006年1月1日[1] 色は緑色と青色が指定されている[2]
2代目の市章である
四日市市 Emblem of Yokkaichi, Mie.svg 「四」・「日」を図案化したもの[3][4] 1897年8月1日[3][4]
伊勢市 Emblem of Ise, Mie.svg 「I」・「S」・「E」を図案化したもの[1][5] 2005年11月1日[1] 色は「S」は緑色・「I」と「E」は青色に指定されている[6]
2代目の市章である
松阪市 Emblem of Matsusaka, Mie.svg 「マ」を図案化したもの[3][7] 2005年1月1日[3] 色は青色が指定されている[8]
2代目の市章である
桑名市 Emblem of Kuwana, Mie.svg ハマグリを図案化したもの[9] [10] 2004年12月6日[9][10] 色は上・中段が緑色で下段が青色である[10]
2代目の市章である
鈴鹿市 Emblem of Suzuka, Mie.svg 鹿(スズカ)の形を表し、組み合わせたもの[11][9][12] 1944年12月1日[9][12]
名張市 Emblem of Nabari, Mie.svg 「名」を図案化したもの[3][13] 1954年6月1日[3][14]
尾鷲市 Emblem of Owase, Mie.svg 「オ」と「」を図案化したもの[1][15] 1954年8月4日[1][15]
亀山市 Emblem of Kameyama, Mie.svg 「山」を図案化したもの[1][16] 2005年3月31日[1] 色は緑色と黄土色が指定されている[17]
2代目の市章である
鳥羽市 Emblem of Toba, Mie.svg 「ト羽」を図案化したもの[9][18] 1954年11月1日[9][18]
熊野市 Emblem of Kumano, Mie.svg 「ク」・「マ」・「ノ」を図案化したもの[9][19] 2005年12月16日[19] 色は青色・水色・緑色が指定されている[9][19]
2代目の市章である
いなべ市 Emblem of Inabe, Mie.svg 「い」を図案化したもの[1][20] 2004年12月1日[1][20] 色は中央の楕円は緑色・「い」の左部分は青色・右部分は橙色が指定されている[20]
志摩市 Emblem of Shima, Mie.svg 「S」を図案化したもの[9][21] 2005年2月10日[9][21] 色は緑色が指定されている[22]
伊賀市 Emblem of Iga, Mie.svg 「伊」を図案化したもの[1][23] 2004年11月1日[1][24] 色は青色・赤色・緑色が指定されている[24]

町村部[編集]

町章 由来 制定日 備考
桑名郡 木曽岬町 Kisosaki Mie chapter.JPG 「き」を飛鳥と波を象徴し、図案化したもの[25][9][26] 1978年4月1日[9][26] 木曽岬村章として制定され、町制施行後に継承される
制定前は作成されていなかった[27]
員弁郡 東員町 Toin Mie chapter.JPG 「と」を図案化したもの[9][28] 1967年4月1日[9][28] 制定前は作成されていなかった[29]
三重郡 菰野町 Komono Mie chapter.JPG 「菰の」を図案化したもの[9][30] 1960年11月1日[30][9] 制定前は作成されていなかった[31]
朝日町 Asahi Mie chapter.JPG 三つの「ア」(=あさ)を図案化したもの[1][32] 1964年7月24日[32][1]
川越町 Kawagoe Mie chapter.JPG 「川」と五つの「エ」(=ごえ)を図案化したもの[1][33] 1965年10月27日[33][1][34]
多気郡 明和町 Emblem of Meiwa, Mie.svg 「明」の字を「日」と「月」に分解し図案化したもの[3][35] 1960年8月26日[3][35] 制定前は作成されていなかった[36]
多気町 Taki Mie chapter.JPG 「タキ」を図案化したもの[9][37] 2006年1月1日[37][9] 2代目の町章である
色は緑色と橙色が指定されている[37]
大台町 Odai Mie chapter.JPG 「O台」を図案化したもの[3][38] 2006年1月10日[3] 2代目の町章である
色は緑色・青色・水色が指定されている[38]
度会郡 玉城町 Tamaki Mie chapter.JPG 「キ」を図案化し、全体を丸くして玉を表現したもの[9][39] 1965年5月6日[9][39] 制定前は作成されていなかった[40]
度会町 Watarai Mie chapter.JPG 「わ」を図案化したもの[3][41] 1968年1月1日[3] 1960年3月(日付不明)に度会村章として制定され、町制施行後に再制定される[41]
制定前は作成されていなかった[42]
大紀町 Emblem of Taiki, Mie.svg 「た」を図案化したもの[9][43] 2005年2月14日[9] 色は赤色・青色・緑色が指定されている[43]
南伊勢町 Minamiise Mie chapter.JPG 「みい」を図案化したもの[3][44] 2005年10月1日[44][3]
北牟婁郡 紀北町 Kihoku Mie chapter.JPG 「K」で熊野灘を表し、図案化したもの[9][45] 2005年10月11日[9][45] 色は左上部分は青色・右側部分水色・中央が緑色・地色は白色が指定されている[45]
南牟婁郡 御浜町 Mihama Mie chapter.JPG 「み」を末広がりの形に図案化したもの[46][3][47] 1968年9月1日[3][47] 制定前は作成されていなかった[48]
紀宝町 Emblem of Kiho, Mie.svg 「宝」を図案化したもの[9][49] 2006年1月10日[9][49] 2代目の町章である
色は緑色と黄緑色が指定されている[49]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
阿山郡 春日村 作成されていない[50] 1959年1月10日
員弁郡 石加村 作成されていない[51] 1963年4月1日
鈴鹿郡 鈴峰村 作成されていない[52] 1967年4月1日
安芸郡 豊里村 Toyosato Mie chapter.png 不明 1960年 1973年2月1日 制定前は作成されていなかった[53]
桑名郡 長島町 Former Nagashima Mie chapter.png 不明 1956年9月30日 1974年8月1日 初代の町章である
名賀郡 青山町 Former Aoyama Mie chapter.png 不明 1956年3月24日[54][55] 1974年11月28日 初代の町章である
1956年4月1日に施行された[56]
合併1周年を記念して制定された[54]
員弁郡 員弁町 Inabe-town Mie chapter.JPG 「員」を図案化し、員弁の調和並びに勢いを象徴したもの[57] 1971年3月12日[58] 2003年12月1日 制定前から使用されていた[59]
大安町 Emblem of Daian, Mie.svg 「大」を安定的かつ雄飛的に図案化し、円満和気を表徴したもの[60][61] 1969年8月1日[60] 制定前は作成されていなかった[62]
北勢町 Symbol of Hokusei Mie chapter.svg 「北」を荒鷲の形に図案化したもの[63][64][65] 1956年12月7日[65]
藤原町 Fujiwara Mie chapter.JPG 「ふ」を円形に図案化したもの[66][67] 1963年8月1日[67][68] 制定前は作成されていなかった[69]
志摩郡 浜島町 Symbol of Hamajima Mie chapter.svg 「は」を図案化したもの[70] 1967年10月18日[70] 2004年10月1日 制定前は作成されていなかった[71]
大王町 Emblem of Daio, Mie.svg と翼型にした「王」を組み合わせたもの[72][70] 1969年10月3日[70] 制定前は作成されていなかった[73][74]
志摩町 Shima-town Mie chapter.JPG 「志ま」を図案化し飛び立とうとする鳥の姿に似せたもの[75][70] 1964年12月1日[70] 志摩市立志摩中学校旗として採用されている[76]
制定前は作成されていなかった[77]
阿児町 Aji Mie chapter.JPG 全体を真珠貝に象り、「ア」を図案化したもの[78][70] 1960年10月5日[70] 制定前は作成されていなかった[79]
磯部町 Isobe Mie chapter.JPG 「い」を図案化したもの[70] 1964年12月20日[70] 制定前は作成されていなかった[80]
上野市 Ueno Mie chapter.JPG 栗の実の形に図案化した伊賀盆地の中央に「上」を図案化し、配置したもの[55] 1941年9月10日[81] 2004年11月1日 上野町制時の1905年9月に上野町章として制定し、市制施行後に継承され、更に1968年2月15日に再制定された[55]
阿山郡 伊賀町 Iga-town Mie chapter.png 「いが」を組み合わせて図案化したもの[82][55] 1966年7月26日[55]
島ヶ原村 Shimagahara Mie chapter.png 外側は滋賀県京都府奈良県に囲まれた村を表し、中側は「島」を中央に置いたもの[55][83] 1973年7月26日[55] 制定前は作成されていなかった[84]
阿山町 Ayama Mie chapter.png 「ア山」を図案化したもの[55] 1961年9月3日[55] 阿山村章として制定され、町制施行後に継承された
制定前は作成されていなかった[85]
大山田村 Oyamada Mie chapter.png 「大山」を組み合わせて図案化したもの[86][55] 1968年2月15日[55] 制定前から存在していた[87]
名賀郡 青山町 Emblem of Aoyama, Mie.svg 「a」を単純明快に図案化したもの[54][55] 1974年11月28日[54][88][56] 2代目の町章である
従来の町章の意味の役目を果たし終えたので合併20周年を記念して制定された[54]1974年12月24日に施行された[56]
桑名市 Former Kuwana Mie chapter.JPG 「桑」の略字体「桒」を図案化し、中央に「太陽」を配置したもの[89] 1937年4月1日[89] 2004年12月6日 初代の市章である
初代桑名市長である貝塚栄之助の作品である[90]
桑名郡 多度町 Tado Mie chapter.JPG 「多ド」を図案化し、「多」を「ト」で支えたもの[89][91] 1958年5月1日[89]
長島町 Nagashima Mie chapter.JPG 「ナ」を図案化したもの[89] 1974年8月1日[89] 2代目の町章である
松阪市 Former Matsusaka Mie chapter.JPG 当時の市の木であるマツの木と松阪開府の基である蒲生家と伊勢の勾玉を象徴し、組み合わせたもの[92][93] 1935年3月15日[94][92] 2005年1月1日 初代の市章である
一志郡 嬉野町 Ureshino Mie chapter.png 「ウレシノ」を円形に図案化したもの[93][92] 1956年3月6日[93][92] 色は黒色金色が指定されている[93][92]
三雲町 Mikumo Mie chapter.png 三つ(三つは「天」・「地」・「人」を表す)の雲を図案化し、その三つの道(三道)が互いに合い和したもの[92][93] 1986年4月1日[92] 三雲村制時の1955年3月21日に村章として制定され、[95]町制施行後に継承された
飯南郡 飯南町 Iinan Mie chapter.png 二つの「イ(いい)」を左右に配置し、翼化し、図案化かつ示したもの[96][92][97][93] 1966年8月1日[92][97] 制定前は作成されていなかった[98]
飯高町 Iitaka Mie chapter.png 「イイ」を組み合わせ、山と太陽を象ったもの[92][99] 1966年8月1日[99][100][92] 制定前は作成されていなかった[101]
亀山市 Former Kameyama Mie chapter.gif 「カメ山」を図案化したもの[102] 1954年10月1日[103] 2005年1月11日 初代の市章である
1954年11月30日に再制定された[102]
鈴鹿郡 関町 Seki Mie chapter.gif 「セ」を水平に図案化し、円を表したもの[102] 1972年10月1日[102] 制定前は作成されていなかった[104][105]
三重郡 楠町 Kusunoki Mie chapter.JPG 「くす」を合わせて、図案化したもの[106] 1970年11月7日[107] 2005年2月7日 1950年に制定され、1970年11月7日に正式制定された[108]
度会郡 大宮町 Omiya Mie chapter.png 「大宮」を図案化したもの[109] 1963年7月1日[109] 2005年2月14日 制定前は作成されていなかった[110]
紀勢町 Kisei Mie chapter.png 「き」を図案化したもの[109] 1958年1月1日[109] 1963年1月1日に再制定された[111]
大内山村 Ouchiyama Mie chapter.png 「大」を図案化したもの[109] 1961年8月8日[109]
度会郡 南勢町 Nansei Mie chapter.jpg 「ナンセイ」を図案化したもの[112] 1957年6月1日[113] 2005年10月1日
南島町 Nanto Mie chapter.png 「ナ」を図案化したもの[112][114] 1964年6月1日[114][115] 制定前は作成されていなかった[116]
北牟婁郡 紀伊長島町 Kiinagashima Mie chapter.png 「ナ」を図案化し、魚と波を表したもの[117][118] 1965年7月17日[117] 2005年10月11日 長島町章として制定され、紀伊長島町改名後の1970年10月1日に改正し、継承された[117]
制定前は作成されていなかった[119]
海山町 Miyama Mie chapter.png 「海山」を波の形に円形に描き図案化したもの[120][121] 1959年8月1日[120] 制定前は作成されていなかった[122]
伊勢市 Former Ise Mie chapter.JPG 宇治山田の「山田」を図案化し、中央に「田」を置き、四周に三弁の桜を配したもの[123][124] 1907年4月1日[124] 2005年11月1日 宇治山田市章として制定され、伊勢市改称後に継承され、初代の市章に使用されていた[124]
度会郡 二見町 Futami Mie chapter.png 「二」を象り、図案化したもの[125][126] 1966年11月15日[126]
小俣町 Obata Mie chapter.png 「小」を図案化したもの[126] 1958年10月20日[126]
御薗村 Misono Mie chapter.png 「み」を図案化したもの[126] 1980年9月8日[126] 制定前は作成されていなかった[127]
熊野市 Former Kunano Mie chapter.gif 「ク」を図案化し、先頭の水玉熊野灘を表したもの[128][129] 1955年1月18日[130][128] 1981年3月18日に改正され、同年4月1日に施行された[128][129]
初代の市章である
南牟婁郡 紀和町 Kiwa Mie chapter.gif 「キ」を図案化したもの[131][129] 1960年8月1日[129][131] 制定前は作成されていなかった[132]
津市 Former Tsu Mie chapter.JPG 三つの「ツ」を重ねたもの[133] 1906年10月27日[134] 2006年1月1日 初代の市章である
久居市 Hisai Mie chapter.gif 「久」を図案化したもの[135] 1970年8月1日[135] 久居町制時の1910年代前半に久居町章として制定されていたものを市制施行後に継承された[136]
安芸郡 河芸町 Kawage Mie chapter.JPG 上弦は「カ」・下弦は「ワ」・三本線と三角形は「芸」を表したもの[137] 1959年6月27日[138] 制定前は作成されていなかった[139]
芸濃町 Geino Mie chapter.png 「芸」を図案化したもの[140] 1961年4月1日[141] 制定前は作成されていなかった[142]
美里村 Misato Mie chapter.png 「みさと」を図案化し、構成したもの[143][144] 1974年10月1日[144][145] 制定前は作成されていなかった[146][147]
安濃町 Emblem of Ano, Mie.svg 「アノ」を図案化し太陽が昇るように示すことを表したもの[148] 1964年12月5日[149] 安濃村章として制定され、町制施行後に継承された[149]
制定前は作成されていなかった[150]
一志郡 香良洲町 Karasu Mie chapter.JPG 周囲の三角形は三角州伊勢湾沿いの松並木・魚のを表し、中側には「カ」を図案化し、同時にナシと漁港を表したもの[151][152] 1968年6月8日[151] 制定前は作成されていなかった[153]
一志町 Ichishi Mie chapter.png 合併前の大井村波瀬村川合村高岡村の四村の調和と町の発展を図案化したもの[154][155] 1956年1月[154][155]
(日付不明)
白山町 Symbol of Hakusan Mie.svg 「白山」を組み合わせて図案化したもの[156] 1950年代後半 1959年以前には作成されていた[157]
美杉村 Symbol of Misugi Mie.svg 三つの三角形を表し、林業の山とスギを表したもの[158] 1955年3月15日[159] 合併1周年を記念して制定された[160]
多気郡 多気町 Former Taki Mie chapter.png 「多キ」を組み合わせたもの[161] 1964年8月15日[162][163] 初代の町章である
制定前は作成されていなかった[164]
勢和村 Seiwa Mie chapter.png 五つの「せい」を円形に組み合わせ、和を表したもの[165][166][161] 1963年8月1日[167] 制定前は作成されていなかった[168]
大台町 Former Odai Mie chapter.gif 「大台」を図案化したもの[169] 1963年12月16日[170][171] 2006年1月10日 初代の町章である
制定前は作成されていなかった[172]
宮川村 Miyagawa Mie chapter.png 山を表す三角形二つの「宮」の字の「呂」・真ん中の下側に「川」を意匠化したもの[173][169] 1961年2月27日[169][174] 1999年3月23日に一部を変更した[175][169]
制定前は作成されていなかった[176]
南牟婁郡 紀宝町 Former Kiho Mie chapter.JPG 「き」を円形に図案化したもの[177] 1968年8月1日[177] 初代の町章である
制定前は作成されていなかった[178][179]
鵜殿村 Udono Mie chapter.JPG 「鵜(鵜の鳥)」を簡略化し図案化したもの[177] 1974年4月27日[177] 制定前は作成されていなかった[180]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113。
  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。
  • 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。
  • NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック5 [東海]』日本放送協会、1992年4月1日。

パンフレット[編集]

  • 松阪地方合併協議会『松阪地方合併協議会 慣行の取り扱いについて』松阪地方合併協議会。

都道府県書籍[編集]

  • 三重県総務部総務課『三重県町村合併誌』三重県総務部総務課、1959年2月20日。
  • 三重県要覧編集総局『三重県要覧』三重県要覧編集総局、1969年4月1日。

自治体書籍[編集]

伊勢地区[編集]

北勢[編集]
  • 員弁町役場『員弁町例規集』三重県員弁郡員弁町。
  • 北勢町役場『大安町例規集』三重県員弁郡大安町。
  • 北勢町役場『北勢町例規集』三重県員弁郡北勢町。
  • 藤原町役場『藤原町例規集』三重県員弁郡藤原町。
  • 員弁町役場『町勢要覧「員弁」1984』三重県員弁郡員弁町、1984年8月31日。
  • 大安町教育委員会『大安20年の歩み 大安町合併20周年記念誌』三重県員弁郡大安町、1983年3月。
  • 北勢町役場『北勢町30周年記念要覧』三重県員弁郡北勢町、1985年。
  • 藤原町民謡保存会『藤原の民謡 第二章』藤原町民謡保存会、1976年。
  • 多度町役場『多度町例規集』三重県桑名郡多度町。
  • 長島町役場『長島町例規集』三重県桑名郡長島町。
  • 楠町例規集『楠町例規集』三重県三重郡楠町。
  • 楠町史編纂委員会『楠町史』三重県三重郡楠町、1978年。
  • 亀山市役所『旧・亀山市例規集』三重県亀山市。
  • 関町役場『関町例規集』三重県鈴鹿郡関町。
  • 川越町役場『川越町例規集』三重県三重郡川越町。
中勢[編集]
  • 嬉野町役場『嬉野町例規集』三重県一志郡嬉野町。
  • 三雲町役場『三雲町例規集』三重県一志郡三雲町。
  • 三雲町史編集委員会『ふるさと三雲 今と昔』三重県一志郡三雲町、1996年。
  • 飯南町役場『飯南町例規集』三重県飯南郡飯南町。
  • 飯高町役場『飯高町例規集』三重県飯南郡飯高町。
  • 津市役所『旧・津市例規集』三重県津市。
  • 久居市役所『久居市例規集』三重県久居市。
  • 芸濃町役場『芸濃町例規集』三重県安芸郡芸濃町。
  • 美里村役場『美里村例規集』三重県安芸郡美里村。
  • 美里村村史編集委員会『美里村史 下巻』三重県安芸郡美里村、1994年。
  • 安濃町役場『安濃町例規集』三重県安芸郡安濃町。
  • 一志町役場企画課『一志町史 上巻』三重県一志郡一志町、1981年。
  • 香良洲町教育委員会『香良洲町史』三重県一志郡香良洲町、1993年。
  • 美杉村役場『美杉村例規集』三重県一志郡美杉村。
  • 美杉村史編集委員会『美杉村史 下巻』三重県一志郡美杉村、1981年。
南勢[編集]
  • 南島町役場『南島町例規集』三重県度会郡南島町。
  • 南島町町史編集委員会『南島町史』三重県度会郡南島町、1985年。
  • 小俣町役場『小俣町例規集』三重県度会郡小俣町。
  • 御薗村役場『御薗村例規集』三重県度会郡御薗村。
  • 多気町役場『旧・多気町例規集』三重県多気郡多気町。
  • 勢和村役場『広報せいわ 昭和38年8月1日号』三重県多気郡勢和村、1963年8月1日。
  • 勢和村「20年のあゆみ」編集委員会『勢和村20年のあゆみ』三重県多気郡勢和村、1975年4月。
  • 大台町役場『大台町例規集』三重県度会郡大台町。
  • 大台町史編纂会『大台町史 通史編』三重県度会郡大台町、1996年8月。
  • 大台町役場『大台町勢要覧』三重県度会郡大台町。
  • 大台町役場『広報おおだい 昭和39年1月号』三重県度会郡大台町。
  • 宮川村史編纂会『宮川村史』三重県度会郡宮川村、1994年。
  • 宮川村役場『宮川村勢要覧』三重県度会郡宮川村。

伊賀地区[編集]

  • 上野市役所『上野市役所』三重県上野市。
  • 島ヶ原村役場『島ヶ原村例規集』三重県伊賀郡島ヶ原村。
  • 大山田村役場『大山田村例規集』三重県伊賀郡大山田村。
  • 青山町史編纂委員会『青山町史』三重県名賀郡青山町、1979年。
  • 青山町役場『青山町例規集』三重県名賀郡青山町。

志摩地区[編集]

  • 浜島町役場『浜島町例規集』三重県志摩郡浜島町。
  • 大王町役場『大王町例規集』三重県志摩郡大王町。
  • 志摩町役場『志摩町例規集』三重県志摩郡志摩町。
  • 阿児町役場『阿児町例規集』三重県志摩郡阿児町。
  • 磯部町役場『磯部町例規集』三重県志摩郡磯部町。

紀伊地区[編集]

  • 長島町役場『紀伊長島町例規集』三重県北牟婁郡紀伊長島町。
  • 海山町役場『海山町例規集』三重県北牟婁郡海山町。
  • 熊野市役所『旧・熊野市例規集』三重県熊野市。
  • 紀和町役場『紀和町例規集』三重県南牟婁郡紀和町。
  • 紀宝町役場『旧・紀宝町例規集』三重県南牟婁郡紀宝町。
  • 鵜殿村役場『鵜殿村例規集』三重県南牟婁郡鵜殿村。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 図典 日本の市町村章 p141
  2. ^ a b 新「津市」市章デザイン決定”. 津市役所. 2013年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 図典 日本の市町村章 p143
  4. ^ a b 市章、市の木、花、鳥”. 四日市市役所政策推進部 広報広聴課. 2013年9月7日閲覧。
  5. ^ 伊勢市市章”. 伊勢市役所市民交流課. 2013年9月7日閲覧。
  6. ^ 伊勢市章の制定
  7. ^ 松阪市の概要”. 松阪市役所総務部 総務課 (2013年5月24日). 2013年9月7日閲覧。
  8. ^ 松阪市の市章の制定について
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 図典 日本の市町村章 p142
  10. ^ a b c 桑名市章”. 桑名市 (2004年12月6日). 2013年9月7日閲覧。
  11. ^ NHKふるさとデータブック p596
  12. ^ a b プロフィール/鈴鹿市の概略”. 鈴鹿市. 2013年9月7日閲覧。
  13. ^ 位置・面積/市民憲章/都市宣言/市章/市の「花・鳥・木」 - 名張市”. 名張市役所企画財政部広報対話室. 2013年9月7日閲覧。
  14. ^ 市章”. 名張市. 2013年9月7日閲覧。
  15. ^ a b 尾鷲市章”. 尾鷲市 (1954年8月4日). 2013年9月7日閲覧。
  16. ^ 市の概況 - 亀山市”. 亀山市役所. 2013年9月7日閲覧。
  17. ^ 亀山市章
  18. ^ a b 鳥羽市章制定について”. 鳥羽市 (1954年11月1日). 2013年9月7日閲覧。
  19. ^ a b c 熊野市章”. 熊野市 (2005年12月16日). 2013年9月7日閲覧。
  20. ^ a b c いなべ市市章”. いなべ市 (2004年12月1日). 2013年9月7日閲覧。
  21. ^ a b 志摩市の概要 志摩市”. 志摩市役所. 2013年9月7日閲覧。
  22. ^ 志摩市章
  23. ^ 伊賀市役所/市章”. 伊賀市役所 (2004年11月29日). 2013年9月7日閲覧。
  24. ^ a b 伊賀市市章”. 伊賀市 (2004年11月1日). 2013年9月7日閲覧。
  25. ^ NHKふるさとデータブック p620
  26. ^ a b 町の概要”. 木曽岬町役場総務企画課総務部門. 2013年9月7日閲覧。
  27. ^ 三重県要覧 p251
  28. ^ a b 東員町の概要”. 東員町役場総務部総務課総務管財係 (2013年2月13日). 2013年9月7日閲覧。
  29. ^ 三重県町村合併誌 東員村篇
  30. ^ a b 町章・町民憲章”. 菰野町役場. 2013年9月7日閲覧。
  31. ^ 三重県町村合併誌 菰野町篇
  32. ^ a b 町の概要”. 朝日町. 2013年9月7日閲覧。
  33. ^ a b 「川越」の由来・町章”. 川越町役場企画情報課. 2013年9月7日閲覧。
  34. ^ 川越町例規集
  35. ^ a b 明和町の概要”. 明和町役場 (2011年1月23日). 2013年9月10日閲覧。
  36. ^ 三重県町村合併誌 明和町篇
  37. ^ a b c 町章の制定について”. 多気町 (2006年1月1日). 2013年9月10日閲覧。
  38. ^ a b 大台町・町章デザインマニュアル”. 大台町・宮川村合併協議会事務局. 2013年9月10日閲覧。
  39. ^ a b 玉城町の姿”. 玉城町役場総務課. 2013年9月12日閲覧。
  40. ^ 三重県町村合併誌 玉城町篇
  41. ^ a b 町の概要”. 度会町役場総務課行政係・財政係 (2012年2月16日). 2013年9月12日閲覧。
  42. ^ 三重県町村合併誌 度会村篇
  43. ^ a b 大紀町ってどんな町?”. 大紀町. 2013年9月12日閲覧。
  44. ^ a b 南伊勢町の概要”. 南伊勢町役場. 2013年9月12日閲覧。
  45. ^ a b c 紀北町の町章の制定について”. 紀北町 (2005年10月11日). 2013年9月12日閲覧。
  46. ^ NHKふるさとデータブック p708
  47. ^ a b 御浜町章”. 御浜町 (1968年9月1日). 2013年9月12日閲覧。
  48. ^ 三重県町村合併誌 御浜町篇
  49. ^ a b c 紀宝町章”. 紀宝町 (2006年1月10日). 2013年9月12日閲覧。
  50. ^ 三重県町村合併誌 春日村篇
  51. ^ 三重県町村合併誌 石加村篇
  52. ^ 三重県町村合併誌 鈴峰村篇
  53. ^ 三重県町村合併誌 豊里村篇
  54. ^ a b c d e 青山町史
  55. ^ a b c d e f g h i j k l 慣行の取扱い”. 伊賀地区市町村合併協議会. 2013年9月17日閲覧。
  56. ^ a b c 青山町例規集 青山町章制定に関する条例
  57. ^ NHKふるさとデータブック p623
  58. ^ 員弁町例規集 町章に関する条例
  59. ^ 三重県要覧 p261
  60. ^ a b 大安町例規集 町章制定
  61. ^ NHKふるさとデータブック p625
  62. ^ 三重県要覧 p267
  63. ^ NHKふるさとデータブック p622
  64. ^ 北勢町の概要
  65. ^ a b 北勢町30周年記念要覧
  66. ^ NHKふるさとデータブック p628
  67. ^ a b 町の紹介”. 藤原町役場. 2013年9月15日閲覧。
  68. ^ 藤原町例規集 藤原町章
  69. ^ 三重県町村合併誌 藤原村篇
  70. ^ a b c d e f g h i j 慣行の取扱いについて”. 志摩地域合併協議会 (2003年6月20日). 2013年9月12日閲覧。
  71. ^ 三重県町村合併誌 浜島町篇
  72. ^ NHKふるさとデータブック p696
  73. ^ 三重県要覧 p673
  74. ^ 三重県町村合併誌 大王町篇
  75. ^ NHKふるさとデータブック p698
  76. ^ 「誇りに思える中学に」3校統合の志摩中が開校式”. 伊勢新聞 (2014年4月8日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  77. ^ 三重県町村合併誌 志摩町篇
  78. ^ NHKふるさとデータブック p700
  79. ^ 三重県町村合併誌 阿児町篇
  80. ^ 三重県町村合併誌 磯部町篇
  81. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p354
  82. ^ NHKふるさとデータブック p684
  83. ^ NHKふるさとデータブック p686
  84. ^ 三重県要覧 p772
  85. ^ 三重県町村合併誌 阿山村篇
  86. ^ NHKふるさとデータブック p689
  87. ^ 三重県町村合併誌 大山田村篇
  88. ^ 青山町のなりたち
  89. ^ a b c d e f 桑名市・多度町・長島町合併協議会第5回会議資料 (PDF)”. 桑名市・多度町・長島町合併協議会. p. 12 (2003年7月8日). 2013年9月17日閲覧。
  90. ^ NHKふるさとデータブック p590
  91. ^ NHKふるさとデータブック p616
  92. ^ a b c d e f g h i j k 松阪地方合併協議会 慣行の取り扱いについて
  93. ^ a b c d e f 松阪地方市町村合併協議会”. 松阪地方市町村合併協議会. 2013年9月17日閲覧。
  94. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p353
  95. ^ ふるさと三雲 今と昔
  96. ^ NHKふるさとデータブック p654
  97. ^ a b 飯南町章決まる(昭和41年)
  98. ^ 三重県町村合併誌 飯南町篇
  99. ^ a b NHKふるさとデータブック p655
  100. ^ 飯高町 - まちの歴史
  101. ^ 三重県町村合併誌 飯高町篇
  102. ^ a b c d 亀山市・関町合併協議会 協議第12号:20 慣行の取扱い 関係
  103. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p356
  104. ^ 三重県要覧 p335
  105. ^ 三重県町村合併誌 関町篇
  106. ^ 四日市市・楠町合併協議会 慣行の取り扱い
  107. ^ 町章に関する条例”. 楠町 (1970年11月7日). 2004年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月15日閲覧。
  108. ^ 楠町史
  109. ^ a b c d e f 大宮町・紀勢町・大内山村任意合併協議会 協議資料 慣行の取扱い
  110. ^ 三重県町村合併誌 大宮町篇
  111. ^ NHKふるさとデータブック p678
  112. ^ a b 南勢・南島任意合併協議会 協議資料 慣行の取扱い
  113. ^ 行こか戻ろかあの日あの時 南勢町町制45周年記念誌 p5
  114. ^ a b 南島町 編 (1985). 南島町史. 南島町 ページ番号なし
  115. ^ 南島町例規集
  116. ^ 三重県町村合併誌 南島町篇
  117. ^ a b c 紀伊長島町例規集 紀伊長島町章制定について
  118. ^ NHKふるさとデータブック p703
  119. ^ 三重県町村合併誌 紀伊長島町篇
  120. ^ a b 海山町例規集 海山町章
  121. ^ 海山の生い立ち
  122. ^ 三重県町村合併誌 海山町篇
  123. ^ NHKふるさとデータブック p584
  124. ^ a b c 伊勢市 (1968). 伊勢市史. 伊勢市役所. p. 96 
  125. ^ NHKふるさとデータブック p668
  126. ^ a b c d e f 伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会 項目別調整方針”. 伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会. 2013年9月28日閲覧。
  127. ^ 三重県要覧 p652
  128. ^ a b c 旧・熊野市例規集 熊野市章
  129. ^ a b c d 熊野市・紀和町合併協議会 慣行の取扱い
  130. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p357
  131. ^ a b 紀和町例規集 町章の制定
  132. ^ 三重県町村合併誌 紀和町篇
  133. ^ 津市の概要
  134. ^ 津市徽章
  135. ^ a b 久居市章”. 久居市 (1970年8月1日). 2004年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月7日閲覧。
  136. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p358
  137. ^ NHKふるさとデータブック p639
  138. ^ 河芸町の年表
  139. ^ 三重県町村合併誌 河芸町篇
  140. ^ NHKふるさとデータブック p641
  141. ^ 芸濃町例規集
  142. ^ 三重県町村合併誌 芸濃町篇
  143. ^ NHKふるさとデータブック p642
  144. ^ a b 美里村 編 (1994). 美里村史下巻. 美里村. p. 77 
  145. ^ 美里村例規集
  146. ^ 三重県要覧 p418
  147. ^ 三重県町村合併誌 美里村篇
  148. ^ NHKふるさとデータブック p643
  149. ^ a b 町のあゆみ”. 安濃町役場. 2013年9月15日閲覧。
  150. ^ 三重県町村合併誌 安濃村篇
  151. ^ a b 香良洲町史
  152. ^ NHKふるさとデータブック p645
  153. ^ 三重県要覧 p463
  154. ^ a b NHKふるさとデータブック p646
  155. ^ a b 一志町役場企画課 編 (1981). 一志町史上巻. 一志町役場 ページ番号なし
  156. ^ NHKふるさとデータブック p647
  157. ^ 三重県町村合併誌 白山町篇
  158. ^ NHKふるさとデータブック p650
  159. ^ 美杉村例規集 村章の規格
  160. ^ 美杉村史 下巻
  161. ^ a b 多気町・勢和村合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取扱い
  162. ^ 旧・多気町例規集
  163. ^ 旧・多気町 広報たき 2005年12月号 最終号 多気町50年のあゆみ p2
  164. ^ 三重県町村合併誌 多気町篇
  165. ^ 勢和村20年のあゆみ
  166. ^ NHKふるさとデータブック p664
  167. ^ 広報せいわ 昭和38年8月1日号 発行第3号
  168. ^ 三重県町村合併誌 勢和村篇
  169. ^ a b c d 大台町・宮川村合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取り扱い
  170. ^ 大台町の概要
  171. ^ 広報おおだい 昭和39年1月号
  172. ^ 三重県町村合併誌 宮川町篇
  173. ^ NHKふるさとデータブック p665
  174. ^ 宮川村史 (下書き原稿)
  175. ^ 宮川村例規集
  176. ^ 三重県町村合併誌 宮川村篇
  177. ^ a b c d 紀宝町・鵜殿村合併協議会 慣行の取扱い
  178. ^ 三重県要覧 p857
  179. ^ 三重県町村合併誌 紀宝町篇
  180. ^ 三重県要覧 p864

関連項目[編集]