三重県出身の人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三重県出身の人物一覧(みえけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する三重県出身の人物の一覧表

政治家[編集]

議長経験者[編集]

その他の国会議員[編集]

地方議員その他[編集]

軍人・自衛官[編集]

文化人[編集]

画家[編集]

書家[編集]

写真家[編集]

ファッションデザイナー[編集]

建築家[編集]

作家[編集]

放送作家[編集]

教育家[編集]

漫画家[編集]

イラストレーター[編集]

映画監督[編集]

俳人・詩人・歌人[編集]

作詞家・作曲家[編集]

アナウンサー[編集]

NHK[編集]

(現在所属の放送局などは各人物の項目を参照すること)

東海テレビ放送[編集]

中部日本放送[編集]

名古屋テレビ放送[編集]

三重テレビ放送[編集]

岐阜テレビ[編集]

  • 中辻景子

中京広域圏外の局[編集]

フリー・退職者・転職者[編集]

学者[編集]

棋士[編集]

登山家[編集]

芸能人[編集]

ミュージシャン[編集]

シンガーソングライター[編集]

バンド[編集]

歌手[編集]

俳優[編集]

歌舞伎[編集]

宝塚歌劇団[編集]

落語家[編集]

浪曲師[編集]

  • 真山隼人鈴鹿市(鈴鹿市シティセールス特命大使。公益社団法人浪曲親友協会所属。関西最年少浪曲師。)

アイドル・タレント[編集]

アイドルグループの所属者・元所属者[編集]

声優[編集]

スポーツ選手[編集]

プロ野球[編集]

現役選手
引退選手、指導者

大相撲力士[編集]

Category:三重県出身の大相撲力士」も参照のこと。

柔道[編集]

サッカー[編集]

現役選手
引退選手、指導者
女子選手

ラグビー[編集]

バドミントン[編集]

バスケットボール[編集]

男子選手
女子選手

バレーボール[編集]

テニス[編集]

陸上競技[編集]

ボクシング[編集]

  • 山口直子(WBA女子世界スーパーフライ級王者):津市

レスリング[編集]

プロレスラー[編集]

レーサー[編集]

ゴルフ[編集]

競輪[編集]

ボートレーサー[編集]

空手[編集]

その他[編集]

実業家[編集]

その他の人物[編集]

架空の人物[編集]

三重県に縁の深い人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渋谷アニメランド”. 2012年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  2. ^ 紀北教育研究所長 小倉 肇 経歴紹介”. ZTV. 紀北教育研究所. 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月11日閲覧。
  3. ^ 南方熊楠シンポジウムを開催します|和歌山県ホームページ”. 和歌山県環境生活部環境政策局環境生活総務課自然環境室. 2013年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月18日閲覧。
  4. ^ 米倉伸之(1998)"元会長貝塚爽平先生のご逝去を悼む"第四紀通信(日本第四紀学会).5(6):9.
  5. ^ 京都新聞 (2015年4月14日). “河角龍典氏死去 立命館大文学部教授”. 47NEWS. 2017年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月2日閲覧。
  6. ^ 駒田格知 (1986), “条鰭類(亜綱)”, in 後藤仁敏; 大泰司紀之, 歯の比較解剖学, 医歯薬出版, pp. 64-80, ISBN 4263400704, http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN00759408 
  7. ^ とうけい - 地理学・環境考古学者 安田 喜憲”. 東海経済新聞社. 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月6日閲覧。
  8. ^ 三重の環境/この人にインタビュー/安田 喜憲 さん”. 三重県庁. 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月6日閲覧。
  9. ^ 陸上日本選手権 高見沢、五輪初出場 津商高出身”. 伊勢新聞 (2016年6月26日). 2016年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  10. ^ 高見澤選手(紀宝出身)リオ五輪へ 女子3000メートル障害で優勝 陸上日本選手権”. 紀南新聞 (2015年6月27日). 2016年7月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月3日閲覧。
  11. ^ ユース五輪 レスリング女子 向田が金”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2014年8月26日). 2014年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月26日閲覧。
  12. ^ 遠田寛生「ホームシック こつこつ克服 いま子どもたちは No.693 夢は東京五輪 7」朝日新聞2014年4月4日付朝刊、教育面28ページ
  13. ^ 平成22年12月21日記者発表資料「第16回世界空手道選手権大会において優勝」、「第16回アジア競技大会(空手道)において準優勝」、「第38回全日本空手道選手権大会において優勝」された選手の市長・議長表敬訪問について”. 四日市市教育委員会事務局 スポーツ課 (2010年12月21日). 2014年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  14. ^ 空手道”. 日本オリンピック委員会 (2010年). 2014年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  15. ^ "岩中祥史(いわなか・よしふみ)のこと"(2012年5月14日閲覧。)
  16. ^ 井口慎太郎 (2016年1月10日). “伊勢志摩サミット:危機管理、警備の課題は? 2氏に聞く”. 毎日新聞. 2016年5月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月29日閲覧。