三重県民歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三重県民歌

県民歌の対象
Flag of Mie Prefecture.svg 三重県

作詞 辻橋清子
作曲 飯田信夫
採用時期 1964年4月20日
言語 日本語
テンプレートを表示

三重県民歌」(みえけんみんか)は日本都道府県の一つ、三重県1964年昭和39年)に制定した県民歌である。作詞・辻橋清子、作曲・飯田信夫

概要[編集]

1964年の新庁舎落成を記念して県章と同時に歌詞を公募し、385編の応募作から審査委員会の選定を経て入選作を決定した後、飯田信夫に作曲を依頼して4月20日に制定された[1]。制定意義は「鈴鹿山伊勢の海原など県下の美しい自然をうたい、あわせて観光や産業に新しく躍進する姿を一編の詩にたたえて、県民としての誇りを喚起」するものとされている[2]。アテネレコードにより淵脇和範と田中奈美子、二期会合唱団の歌唱によるシングル盤も製作された。

県では「現在は特に使用していない」としているが[1]、公式サイトでは歌詞と楽譜を掲載しており試聴も可能である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中山裕一郎 監修『全国 都道府県の歌・市の歌』(東京堂出版2012年) ISBN 978-4-490-20803-0 、261ページ。
  2. ^ 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、190ページ。

関連項目[編集]