三重県立川越高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三重県立川越高等学校
Mie prefectural Kawagoe High School, 2014.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 三重県の旗 三重県
設立年月日 1986年4月1日
創立記念日 6月6日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
国際文理科
学期 3学期制
高校コード 24162J
所在地 510-8566
三重県三重郡川越町大字豊田2302-1

北緯35度1分40.9秒 東経136度39分58.7秒 / 北緯35.028028度 東経136.666306度 / 35.028028; 136.666306座標: 北緯35度1分40.9秒 東経136度39分58.7秒 / 北緯35.028028度 東経136.666306度 / 35.028028; 136.666306
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

三重県立川越高等学校(みえけんりつかわごえこうとうがっこう)は、三重県三重郡川越町にある公立高等学校

概要[編集]

2002年(平成14年度)から2004年(平成16年度)まで、Super English Language High School(SELHi)認定校であった。

普通科、国際文理科を有し、普通科定員200名、国際文理科定員80名からなる進学校である。(2021年度から、普通科クラスが1つ減少)際文理科の前身が英語科であったことから、どちらかといえば文系の進学志向が多く、例年男子生徒よりも女子生徒の比率のほうが高い。国際文理科は、前期選抜において学校独自の方法が採れる自己推薦選抜を導入している。2012年(平成24年度)入学生より、英語科は国際文理科へ改変され、理系学部への進学が可能となった。

  • 校風づくりに力を入れており、「文武両道」をモットーとしている。
  • 2008年(平成20年度)には川越高校イメージキャラクター「ゴエゴエ」がつくられ、実際にキーホルダーまで作られた。このキャラクターのモチーフは川越高校の前にある、卒業生が建てた大きな石による。

沿革[編集]

出身著名人[編集]

アクセス[編集]

近畿日本鉄道名古屋線の沿線にあり、最寄り駅は伊勢朝日駅および川越富洲原駅である。通常、桑名方面から通学する生徒は伊勢朝日駅を、四日市方面から通学する生徒は川越富洲原駅を利用している。JR関西本線を利用する場合は朝日駅が最寄の駅となる。駅からは、徒歩で20分程度かかるため、ほとんどの電車通学者が駅から学校までは自転車を用いている。

関連項目[編集]