三重県立白子高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三重県立白子高等学校
正門から見た校舎
校舎
過去の名称 白子町外21か村組合立高等女学校
三重県立河芸高等女学校
三重県神戸高等学校白子部
国公私立の別 公立学校
設置者 三重県の旗 三重県
設立年月日 1920年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
生活創造科
所在地 510-0243
三重県鈴鹿市白子4丁目17-1
北緯34度50分4.52秒 東経136度34分56.55秒 / 北緯34.8345889度 東経136.5823750度 / 34.8345889; 136.5823750座標: 北緯34度50分4.52秒 東経136度34分56.55秒 / 北緯34.8345889度 東経136.5823750度 / 34.8345889; 136.5823750
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
三重県立白子高等学校の位置(三重県内)
三重県立白子高等学校

三重県立白子高等学校(みえけんりつしろここうとうがっこう)は、三重県鈴鹿市にある県立の高等学校

概要[編集]

普通科・生活創造科合計で一学年6~7クラス大規模な高等学校である。非常に厳しい校風で知られている。[1]進学先としては中堅かそれ以下の大学および専門学校が多い。学生の男女比が顕著で、女子学生が男子学生の1.5倍ほどの比率で在学する傾向が続いている。これは各学年それぞれ1クラスずつある生活創造科と普通科文化教養(吹奏楽コース)がほぼ全員女子だということが大きく影響しているものである。

県内でほかに類をみない吹奏楽コースを持っており、吹奏楽部は全日本吹奏楽コンクールをはじめとした県内コンクールで常に上位入賞を果たし、県代表の座を20年以上連続して獲得している。

また他の文化部でも新聞部、軽音楽部が全国大会に出場するなど盛んに活動している。

運動部では卓球が有名で女子は25年連続・通算34回のインターハイ予選団体戦優勝、男子も通算10回の優勝を誇る県屈指の強豪である。その他にも女子剣道、男子バスケットボールも県大会上位に進出する強豪である。(令和元年度現在)

2020年に創立100周年を迎える。

学科[編集]

  • 普通科
    • 普通コース
    • 文化教養(吹奏楽)コース
  • 生活創造科

校歌[編集]

山口誓子が作詞、城多又兵衛が作曲して作られた。 校歌は4番まで存在するが、普段は2番までしか歌われない。

沿革[編集]

  • 1920年(大正9年) - 河芸郡長の片岡宇太郎の働きかけにより白子町外21か村組合立高等女学校として開校[2]
  • 1923年(大正12年) - 三重県に移管、三重県立河芸高等女学校に改称[2]
  • 1948年(昭和23年) - 旧制・三重県立神戸中学校、鈴鹿市立高等女学校、鈴鹿市立工業学校と統合し、三重県神戸高等学校となる。旧・河芸高女は白子部として存続する。
  • 1949年(昭和24年) - 三重県鈴鹿高等学校白子部に改称。
  • 1950年(昭和25年) - 三重県白子高等学校として独立。
  • 1955年(昭和30年) - 三重県白子高等学校に改称。

交通アクセス[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三重県立高等学校案内2012年2月28日回答
  2. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会(1983)、597ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]