三重県立総合医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 三重県立総合医療センター
Mie prefectural General medicical center.JPG
情報
正式名称 地方独立行政法人三重県立総合医療センター
英語名称 Mie Prefectural General Medical Center
前身 旧海軍燃料廠附属病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、脳神経内科、外科、消化器外科、小児外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、精神科、麻酔科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、救急科[1]
許可病床数

443
(うち救命救急センターは30[1]
一般病床:393床


感染症病床:4床
機能評価 一般病院2(200~499床)(主たる機能):3rdG:Ver.2.0
開設者 地方独立行政法人三重県立総合医療センター
管理者 新保 秀人(理事長・院長[2]
開設年月日 1948年昭和23年)8月
所在地
510-8561
三重県四日市市大字日永5450-132
位置 北緯34度56分34.8秒
東経136度35分22.3秒
二次医療圏 北勢
法人番号 3190005009949 ウィキデータを編集
特記事項 三重県災害拠点病院
PJ 医療機関
テンプレートを表示

三重県立総合医療センター(みえけんりつそうごういりょうセンター)は、三重県四日市市にある医療機関。北勢地区の救急医療・高度医療を行うために行う病院である(そのため一般外来は原則紹介状が必要)。三重県の基幹災害医療センターである。また、大規模災害や多傷病者の発生時には三重DMATを編成し医療活動を行う体制を持つ。病院の基本理念は「救命救急、高度、特殊医療等を提供することにより、県の医療水準の向上に貢献します」「安全・安心で互いにささえあう社会の実現に向けて医療面から貢献します」である[3]

沿革[編集]

診療科等[編集]

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 脳神経内科
  • 外科
  • 消化器外科
  • 小児外科
  • 乳腺外科
  • 呼吸器外科
  • 心臓血管外科
  • 脳神経外科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 耳鼻いんこう科
  • 精神科
  • 麻酔科
  • 放射線診断科
  • 放射線治療科
  • 病理診断科
  • 救急科

医療機関の指定等[編集]

事案[編集]

  • 令和2年(2020年)夏、内部の職員から産婦人科手術において不適切な事案(いずれも保険診療では請求できない腹腔鏡手術による悪性腫瘍の手術であり、腹腔鏡手術を行ったにもかかわらず保険診療にできるよう術式を開腹手術として請求するという内容)に関する疑義が呈され、同年8月に院内調査を開始。翌月に第三者を含めた検証委員会を設置し、検討を進めた。いくつかの症例を調査したところ不適切であると指摘があったため、さらに調査を進め、平成26年(2014年)4月から令和2年8月までの間に112件の不適切な症例を確認したと令和3年(2021年)1月15日に公表された。既に東海北陸厚生局に報告し、返金等今後の対応について相談していること・公表時点で手術後の体調不良等についての相談等は今のところないが、問い合わせがあれば適宜対応するとも伝えられている[4][5]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 病院概要”. 地方独立行政法人 三重県立総合医療センター. 2021年1月16日閲覧。
  2. ^ 理事長・病院長あいさつ”. 地方独立行政法人 三重県立総合医療センター (2020年4月). 2021年1月16日閲覧。
  3. ^ 基本理念・基本方針・各種方針”. 地方独立行政法人 三重県立総合医療センター. 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ 三重県立総合医療センター産婦人科における不適切な事案について”. 地方独立行政法人 三重県立総合医療センター (2021年1月15日). 2021年1月16日閲覧。
  5. ^ “診療報酬不正請求112件 三重県立総合医療センター、6年間で総額数千万円”. 伊勢新聞. (2021年1月16日). https://www.isenp.co.jp/2021/01/16/55029/ 2021年1月16日閲覧。 

関連項目[編集]