三重県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗三重県第2区
衆議院小選挙区 三重県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 四日市市日永四郷内部塩浜小山田河原田水沢の各地区市民センター管内)、鈴鹿市名張市亀山市伊賀市
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 中川正春
有権者数 413,070人
1.76 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

三重県第2区(みえけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割変更により、かつての1区、2区及び3区の区域の一部が新しい区域となっている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

中選挙区時代はこの地域は後に改革派知事として知られる北川正恭の地元として知られていた。北川は1995年の三重県知事当選後もこの地域に多大な影響力を持つ。小選挙区制施行後は後継者として北川の組織をそのまま受け継いだ中川正春が対立候補に大差をつけて当選を重ねており、民主党代表の岡田克也を選出している3区とともに県内で最も民主党の勢力の強い選挙区として知られる。第46回では民主党に逆風が吹いたこともあり初めて自民党候補に比例復活を許した、また第45回で中川が打ち破った鈴木英敬は2011年の三重県知事選に出馬し当選した。

第48回衆議院議員総選挙からは区割りが変更され、自由民主党の候補者調整において、伊賀地方を地盤としている川崎二郎1区から2区へと国替えし、島田佳和3区へ国替えする事となった。一方、中川は選挙前の希望の党合流へと同意せず、無所属での出馬を表明し、日本共産党もこれに応じて選挙前から決まっていた通りに今回は候補を擁立しないことを宣言した。中川vs川崎の一騎打ちとなったこの選挙において川崎は1区時代からの地盤である名張、伊賀の得票で中川を上回ったが、中川が区割り変更前からの地盤である四日市、鈴鹿、亀山の得票で川崎を大きく上回って競り合いを制し、敗れた川崎は比例復活した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 中川正春 新進党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 無所属

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:414,741人 最終投票率:56.07%(前回比:+1.96ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春67無所属122,518票
53.9%
――×
比当川崎二郎69自由民主党104,780票
46.1%
85.5%公明党推薦

・島田は自民党の選挙区調整により3区で立候補するも、落選。

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:329,308人 最終投票率:54.11%(前回比:-3.79ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春64民主党91,676票
52.8%
――
比当島田佳和44自由民主党63,187票
36.4%
68.9%公明党推薦
中野武史40日本共産党18,849票
10.9%
20.6%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:328,474人 最終投票率:57.90%(前回比:-11.51ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春62民主党79,908票
43.1%
――国民新党
比当島田佳和42自由民主党53,375票
28.8%
66.8%公明党
珍道直人45日本維新の会34,644票
18.7%
43.4%みんなの党
中野武史38日本共産党13,537票
7.3%
16.9%
今村昭一65無所属3,756票
2.0%
4.7%×

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:326,627人 最終投票率:69.41%(前回比:+2.03ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春59民主党138,207票
61.8%
――
鈴木英敬35自由民主党71,626票
32.0%
51.8%
中野武史35日本共産党11,533票
5.2%
8.3%
萩都志子50幸福実現党2,284票
1.0%
1.7%
  • 鈴木は2011年に行われた三重県知事選挙に出馬し、当選した。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:317,377人 最終投票率:67.38%(前回比:+8.76ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春55民主党117,134票
55.7%
――
小林正人38自由民主党81,202票
38.6%
69.3%
中野武史31日本共産党11,901票
5.7%
10.2%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:313,529人 最終投票率:58.62%(前回比:-6.00ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春53民主党123,449票
69.2%
――
井戸寿42自由民主党42,430票
23.8%
34.4%
前垣忠司42日本共産党12,561票
7.0%
10.2%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日
当日有権者数:307,476人 最終投票率:64.62%(前回比:+8.01ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春50民主党111,410票
57.4%
――
衣斐賢譲60自由民主党70,488票
36.3%
63.3%
前垣忠司39日本共産党12,291票
6.3%
11.0%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日
当日有権者数:296,774人 最終投票率:56.61%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川正春46新進党89,620票
55.4%
――
比当伊藤忠治62民主党55,516票
34.3%
61.9%
前垣忠司35日本共産党16,742票
10.3%
18.7%
  • 伊藤はその後、中川が民主党入りしたことに伴い、比例区優遇を条件に4区へと国替えし、2度当選した。

関連項目[編集]