三重県道565号亀山城跡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
三重県道565号標識
三重県道565号亀山城跡線
総距離 3,941m
陸上距離 3,941m
海上距離 0m
制定年 1959年昭和34年)[1]
開通年 1959年(昭和34年)[2]
起点 亀山城跡[1]
終点 一般国道一号交点[1]
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
■Template(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

三重県道565号亀山城跡線(みえけんどう565ごう かめやまじょうあとせん)は三重県亀山市内を通る一般県道である。

かつての東海道国道1号であり、亀山市街地を通る幹線道路である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:亀山市本丸町字旧館576番1地先[3](亀山城跡)
  • 終点:亀山市太岡寺町下谷1245番2[3](太岡寺町交差点
  • 実延長:3,941m

歴史[編集]

この道路は東御幸町交差点から終点までが東海道の一部であり、沿線は江戸時代宿場町城下町両面で発展した。

1885年明治18年)に国道2号に指定され、1952年昭和27年)には国道1号となった。

また、1959年(昭和34年)1月25日に三重県道565号として路線認定され[1]、同年5月19日に供用が開始された[2]。当時の区間は「亀山市本丸町字旧館隣接民有地576ノ1番地先から同市西町字西町隣接民有地368番地先を経て同市布気町字山下隣接民有地1451ノ2番地先まで」であり、現在とは若干違った。

その後、亀山市内の交通量の増大に伴い、亀山バイパスが建設された[4]ため国道1号本線は1996年平成8年)4月1日に三重県道565号亀山城跡線の区間変更により、同線となった[3]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

亀山市を省略して記述する。

通過する路線バス[編集]

この道路は市街地を通るため、全線がバス路線となっている。以下に2009年現在の運行中のバスを示す。

利用状況[編集]

平日12時間交通量[5]
亀山市野村町 10,807台

地理[編集]

亀山城のある亀山公園入り口を起点に、市街地を東に向かう。東町一丁目で西に進路を変え、東御幸町交差点手前で南進する。同交差点で西に進路を取り、終点まで続く。周辺は亀山市街地で商店官公庁が立ち並ぶ。

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

亀山市を省略して記述する。

  • 三重県道302号亀山停車場石水渓線:起点、東丸町(東丸交差点)、御幸町(亀山駅前交差点)
  • 三重県道566号亀山城跡上野町線:東町一丁目
  • 三重県道28号亀山白山線:東御幸町(東御幸町交差点)
  • 国道1号:終点

沿線[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 昭和34年1月25日三重県告示第17号の2
  2. ^ a b 昭和34年5月19日三重県告示第247号
  3. ^ a b c 平成8年4月1日三重県告示第214号
  4. ^ 1973年(昭和48年)に計画が策定され、1995年(平成7年)に開通した。
  5. ^ 平成17年度道路交通センサス

別名[編集]

関連項目[編集]