三雲四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

三雲 四郎(みくも しろう、1921年7月28日 - 2007年1月11日[1])は、日本のジャーナリスト。元産業経済新聞社取締役論説委員長。

来歴・人物[編集]

鹿児島県出身[1]慶應義塾大学経済学部卒業後、1946年産業経済新聞社に入社[2]。産業経済新聞社では本社経済部長や編集局次長、外信記者としてロンドン特派員、パリ支局長、欧州総局長を務めた[2][3]。娘・孝江も小学2年の夏から小学4年までロンドンで過ごしたという。

1971年に東京都公害審査委員会委員に就任[4]、1983年3月まで委員を務めた。

2007年1月11日20時2分、肺炎のため東京都内の病院で死去[1]。85歳没。葬儀・告別式は近親者のみで行われた[1]

家族・親族[編集]

娘はフリーアナウンサー三雲孝江(元TBSアナウンサー[1]、孫娘はNHKアナウンサーの星麻琴[5][6]。TBS関連会社プロデューサーの星勝幸(孝江の夫)は娘婿にあたる。

脚注[編集]