上中勇樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
うえなか ゆうき
上中 勇樹
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府
生年月日 (1993-12-05) 1993年12月5日(26歳)
血液型 A型
最終学歴 専修大学
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2016年 -
公式サイト フジテレビ 上中勇樹
出演番組・活動
出演中 現在の出演番組を参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

上中 勇樹(うえなか ゆうき、1993年12月5日[1] - )は、フジテレビの男性アナウンサー

経歴・人物[編集]

大阪府出身。近畿大学附属高等学校専修大学卒業。学生時代はボランティア活動に尽力した。

大学在学中は、立本信吾を輩出したアナウンススクール「山本勉強会」や上田まりえを輩出した「専修大学アナウンサー講座」に通っていた[2]

2016年、フジテレビに入社。同期入社は鈴木唯堤礼実永尾亜子藤井弘輝。フジテレビのほか広島ホームテレビにも内定していた[3]

数学検定2級、漢字検定2級、スキューバダイビングライセンス、裏千家初級の資格を所持している[4]

趣味は映画鑑賞、節約[4]

入社時からスポーツ実況を担当しているが、野球については詳しくなく、バラエティ番組で言い間違いが取り上げられたこともある。2020年7月4日の「SWALLOWS BASEBALL L!VE 2020 東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ神宮球場」(フジテレビONE)において実況を担当した際には、ダブルプレーを「ダブルアウト」と言ったり、当時の国吉佑樹防御率(4.91)を「4割9分1厘」と表現するなど野球用語を誤用した発言や、ボールカウントやアウトカウントを勘違い、または無視した発言を繰り返し、解説の大矢明彦を困惑させた。これらの失態から、今後はスポーツ実況の担当から外される方針であることが一部メディアで報じられている[5]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フジ新人アナ奮闘記♪恒例リポートブログ企画「研修日誌」スタート サンケイスポーツ(2016年5月15日配信)
  2. ^ 山本勉強会OB一覧 山本勉強会
  3. ^ アナウンススクール「山本勉強会」の公式HPに広島ホームテレビ内定が掲載されたが、現在は入社したフジテレビのみ掲載されている(2016年7月現在)。
  4. ^ a b 上中 勇樹・プロフィール”. アナマガ. フジテレビ. 2016年9月6日閲覧。
  5. ^ “フジ若手アナ「ダブルアウト」「防御率4割9分1厘」の迷実況”. NEWSポストセブン. (2020年7月20日). https://www.news-postseven.com/archives/20200720_1579591.html 2020年7月21日閲覧。