上之郷村 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上之郷村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 御嵩町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
可児郡
隣接自治体 可児郡御嵩町中町久々利村
加茂郡八百津町潮南村
土岐郡泉町
瑞浪市
上之郷村役場
所在地 岐阜県可児郡上之郷村中切字北切1411
 表示 ウィキプロジェクト

上之郷村(かみのごうむら)は、かつて岐阜県可児郡にあったである。

現在の御嵩町のほぼ東半分の地域であり、可児川上流部の数本の支流とその流域の集落で構成されている。

中山道細久手宿御嶽宿の間にあり、立場(十本木立場)も存在していた。

後に、御嵩町長襲撃事件が発生するなど、御嵩町を大きく揺れ動かした産業廃棄物処分場計画の予定地は、旧・上之郷村の小和沢地区に該当する。

歴史[編集]

  • 江戸時代末期、この地域は美濃国可児郡に属し、尾張藩領であった。
  • 1875年明治8年)6月 - 井尻村、中切村、宿村、美佐野村、津橋村、谷村、綱木村、林垣外村、小和沢村、大久後村、西洞村、小原村、樋ケ洞村、謡坂村、前沢村、次月村が合併し、上之郷村となる。
  • 1880年(明治13年)10月 - 上之郷村が分割される。旧村は、以下のようになる。
    • 井尻村、中切村、宿村、美佐野村、津橋村、小和沢村、大久後村、西洞村、謡坂村、前沢村、次月村 → 元の村として分離独立。
    • 谷村、綱木村、林垣外村 → 上之郷村として存続。
    • 小原村、樋ケ洞村 → 小原村として分離独立。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 上之郷村、小原村、井尻村、中切村、宿村、美佐野村、津橋村、小和沢村、大久後村、西洞村、謡坂村、前沢村、次月村の13ヶ村が合併し、上之郷村となる。
  • 1955年(昭和30年)2月1日 - 御嵩町、中町、上之郷村、及び伏見町とが合併し、御嵩町となる。

学校[編集]

観光など[編集]

関連項目[編集]