上代日本語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上代日本語(じょうだいにほんご)とは、奈良時代およびそれ以前に使用されていた日本語である。

上代日本語がどういうものであったかを知るには、当時の金石文木簡正倉院に残された文書(正倉院文書)のほか、当時成立した文献の写本を調べる以外の手段は今のところない。そして文献として適当であるとされているものは『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』、各国の風土記のうち書写年代が古く後世の改変の少ないものがよく用いられる。また戸籍・計帳や消息などの文書などもあるが僅かな量しかない。しかし本居宣長に端を発する研究の成果によってその姿はかなり明らかになっている。

資料[編集]

日本語が記された最も早い資料は3世紀魏志倭人伝である。「卑奴母離」(鄙守、夷守、ヒナモリ)などの役職名や固有名詞語彙が見られる。日本列島で記されたものとしては471年銘の稲荷山古墳鉄剣に「獲加多支鹵」(ワカタケル)などの固有名詞や役職名がある。しかし長い文章の記されたものは量的に十分でない。『万葉集』や『古事記』『日本書紀』の歌謡など韻文資料が大部分を占め、散文資料は正倉院仮名文書(甲・乙2通。現存)や、『続日本紀』所載宣命、『延喜式』『台記』所載の祝詞などにとどまる。そのほか木簡も近年各地で発掘・資料整理が進んでおり、事務処理用文書、和歌、メモなど様々な種類があり、これらも上代日本語の資料に加えられる。

文字・表記[編集]

文字漢字のみであり、平仮名片仮名はまだなかった。従って漢字を用いて日本語を表記した。その際、漢字の意味を用いる方法と、漢字の音だけを用いる方法とがあり、後者は万葉仮名と呼ばれる用法である。両者は用途に応じて混用されることが多いが、万葉仮名のみで綴られた文章や万葉仮名を用いない変体漢文で綴られた文章もある。万葉仮名のみを用いたものには、『古事記』『日本書紀』等の中にある歌謡や『万葉集』の一部、「正倉院仮名文書」と呼ばれる消息などがある。万葉仮名を用いないものには、『法隆寺薬師仏造像記』、『古事記』の本文などのほか、『万葉集』の「略体歌」と呼ばれる表記がある。両者を折衷したものの中には、助詞助動詞・活用語尾などを小書きにした「宣命体」という表記もある。

万葉仮名のみ一字一音式の例
  • 安良多末能 等之由伎我敝理 波流多々婆 末豆我夜度尓 宇具比須波奈家
(あらたまの としゆきがへり はるたたば まづわがやどに うぐひすはなけ)
略体歌の例
  • 恋為 死為物 有者 我身千遍 死反
(こひするに しにするものに あらませば わがみはちたび しにかへらまし)
宣命書の例
  • 日嗣定賜弊流皇太子授賜久止
(日嗣と定め賜へる皇太子に授け賜はくと宣る)(適宜送り仮名を施した)

万葉仮名の用法には音読みを用いた「音仮名」と訓読みを用いた「訓仮名」とがあり、前者の方が早く後者は遅れて成立した。一字一音だけでなく、「兼(けむ)」「越(おと)」「金鶴(かね・つる)」のように漢字一字で日本語の二音節を表したものもある。また「金風」で「あきかぜ」と訓むような特殊な読み(義訓)や、「十六」で「しし」(16=4×4)、「山上復有山」で「いで」(山の上にまた山=出)と訓むような言葉遊び的な表記(戯書)もある。

語彙[編集]

音声・音韻[編集]

母音[編集]

現代日本語の母音体系は5つの音素からなるが、上代日本語においては万葉仮名の分析から、現代日本語でイ段の「キ・ヒ・ミ」、エ段の「ケ・ヘ・メ」、オ段の「コ・ソ・ト・ノ・モ・ヨ・ロ」にあたる各音がそれぞれ2種類に書き分けられていたことが知られている。このことから、上代日本語の母音体系にはi, e, o の各母音がそれぞれ2種類ずつあったとする、いわゆる「8母音説」(/a/ /i/ /ï/ /u/ /e/ /ë/ /o/ /ö/)が広く受け入れられてきたが,近年の再構(Miyake2003[1])(Frellesvig&Whitman2008[2])などでは否定されている。それぞれの音価についてもはっきりとは分かっていない。詳しくは上代特殊仮名遣を参照のこと。またア行のエ(e)とヤ行のエ(ye)に区別があり、中古と同様ワ行のヰ・ヱ・ヲ(wi, we, wo)とア行のイ・エ・オ(i, e ,o)も区別があった。

子音[3][編集]

唇音 舌頂音 硬口蓋音 軟口蓋音
無声阻害音 *p *t *s   *k
前鼻音化した有声阻害音 *mb *ⁿd *ⁿz   *ŋɡ
鼻音 *m *n    
接近音/はじき音 *w *r *j  

子音について、音素上は非常にシンプルであるが音価については現代の日本語と異なっている点がある。

  • ハ行/p/の子音は奈良時代には [ɸ]、更に遡れば [p] であったのではないかとされる(奈良時代まで [p]、平安時代から [ɸ] とする説もある[4])。半濁音も参照。ただし,上に挙げたMiyake(2003)などでは[Φ]説が否定されている。
  • サ行/s/の子音は現代の[s]のような摩擦音ではなく[ʦ][ʧ]などの破擦音であった可能性がある。
  • サ行子音は音素上は/t͡s/であり、異音が以下のように立ったという説もある。[5]然し,Miyake(2003)では完全に否定されている。[1]
母音 語頭 語中
i, e t͡ʃ ʃ
それ以外 t͡s s
  • タ行/t/・ダ行/d/はチ・ツ・ヂ・ヅについても[ʧ][ʦ][ʤ][ʣ]ではなく、[t][d]であった。

音素配列論[編集]

音韻
/a/ /i/ /u/ /e/ /o/
/ka/ /ki/ /kï/ /ku/ /ke/ /kë/ /ko/ /kö/
/ga/ /gi/ /gï/ /gu/ /ge/ /gë/ /go/ /gö/
/sa/ /si/ /su/ /se/ /so/ /sö/
/za/ /zi/ /zu/ /ze/ /zo/ /zö/
/ta/ /ti/ /tu/ /te/ /to/ /tö/
/da/ /di/ /du/ /de/ /do/ /dö/
/na/ /ni/ /nu/ /ne/ /no/ /nö/
/fa/ /fi/ /fï/ /fu/ /fe/ /fë/ /fo/
/ba/ /bi/ /bï/ /bu/ /be/ /bë/ /bo/
/ma/ /mi/ /mï/ /mu/ /me/ /më/ /mo/ /mö/
/ya/ /yu/ ヤ行エ /ye/ /yo/ /yö/
/ra/ /ri/ /ru/ /re/ /ro/ /rö/
/wa/ /wi/   /we/ /wo/
甲乙の区別のない /i/, /e/, /o/ と甲類の /i/, /e/, /o/ とが同じ音素と言えるわけではないが、ここでは大野晋らの表記を用いた。またア行のオ/o/ はむしろ乙類/ö/ 相当という説もある。

音節構造は基本的に(C)Vであり、母音は語頭でのみ単独で出現することができた。[6]漢字音の影響を受けて音便と呼ばれる一連の音韻変化が生じるよりも前の時代であり、撥音(ン)・促音(ッ)は存在せず、拗音(ャ・ュ・ョで表されるような音)や二重母音(ai, au, eu など)[7]も基本的に存在しなかった[8]。 また、借用語を除けば、濁音およびラ行音は語頭には立ち得なかったとされる[9]

なお,これは,Oxford Corpus of Old Japaneseなどで使用されるフレレスビッグホイットマンによる表記である。[2]

音素 甲部 乙部 区別なし
i /Ci/ /Cwi/ /i/
e /Cye/ /Ce/ /e/
o /Cwo/ /Co/ /o/

上記の他にも,いくつかの表記法が存在する。[10]

文法[編集]

(地の文の甲乙は,index notationに基づいて下付き数字で表示し,時代別国語大辞典上代編を参照した。)

動詞の活用の種類はほぼ中古日本語と同じだが、中古に下一段の「蹴る」の「け-」は、上代には「くゑ-」と下二段に活用するので下一段活用はなかった。形容詞未然形に「け₁」があり、「うら悲しけむ」のように活用した。形容詞已然形は「け₁れ」「しけ₁れ」のほかに、已然の意味を表す「け₁」「しけ₁」の例もあった。

動詞の活用

棒線部は語幹である。空欄部分は該当が無い場合。二重になっているものは複数または代替のもの。但しひらがなは伝統的な活用表である。特に断らない限りカ行で示した。

動詞の分類 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
四段活用 –か (-a) –き (-i) –く (-u) –く (-u) –け (-ë) –け (-e)
上一段活用 –き (-) –き (-) –きる (-ru) –きる (-ru) –きれ (-re) –き(よ) (-[yö])
上二段活用 –き (-ï) –き (-ï) –く (-u) –くる (-uru) –くれ (-ure) –き(よ) (-ï[yö])
下二段活用 –け (-ë) –け (-ë) –く (-u) –くる (-uru) –くれ (-ure) –け(よ) (-ë[yö])
カ行変格活用 –こ (-ö) –き (-i) –く (-u) –くる (-uru) –くれ (-ure) –こ (-ö)
サ行変格活用 –せ (-e) –し (-i) –す (-u) –する (-uru) –すれ (-ure) –せ(よ) (-e[yö])
ナ行変格活用 –な (-a) –に (-i) –ぬ (-u) –ぬる (-uru) –ぬれ (-ure) –ね (-e)
ラ行変格活用 –ら (-a) –り (-i) –り (-i) –る (-u) –れ (-e) –れ (-e)
形容詞の活用

いわゆるカリ活用はこの時代にもあるが、縮約しない「くあら-」「くあり」「くある」等の形も見られる。

形容詞の分類 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ク活用 –け (-ke) –く (-ku) –し (-si) –き (-ki) –け (-ke)  
–けれ (-kere)
シク活用 –しけ (-sike) –しく (-siku) –し (-si) –しき (-siki) –しけ (-sike)  
–しけれ (-sikere)

「曰く」のような「ク語法」が、活用語を名詞化する語法として広く用いられた(語らく、惜しけくもなし、散らまく惜しみ)。

「山(を)高み₁」のように形容詞語幹「高」に「み₁」という形態を接続させる「ミ語法」が、後代より広く用いられた。「山が高いので」の意味になる。

形容詞の語幹が後代より広く用いられ、「白玉」のようなものだけでなく、「うまし国」のようにシク活用でも名詞を修飾したり、「太知り」「高行く」のように用言を修飾したり、「遠のみ₁かど₁」のように連体格助詞を伴ったりもした。

助詞「よ₁り」は、ほかに「ゆ・ゆり・よ₁」の形もあった。「或いは」の「い」はこの時代用法が広く(毛無の₂若子い笛吹き₁上る)、副助詞・間投助詞・主格助詞などの説がある。

「る・らる」は「ゆ・らゆ」の形もあった。 伝聞・推定の「なり」はラ行変格活用の活用語に接続する場合、中古以降は「る」つまり連体形に接続するが、上代では「り」に接続する(さやぎ₁てありなり)。時代別国語大辞典上代編にはメリは一例のみ存在とあり,萬葉集3450をみると実際に乎久佐乎等 乎具佐受家乎等 斯抱布祢乃 那良敞弖美礼婆 乎具佐可知馬利とある。一方で終止形接続の「みゆ」という形があり(と₂も₂しあへ₁りみゆ)、まるで助動詞のようであった。

「語らふ」の「ふ」は後世より用法が広く(守らひ₁)、継続・反復を表す助動詞であった(「ハ行延言」ともいう)。

存続の助動詞「り」はサ行変格活用の「せ」、四段活用のエ段に接続するもののほか、「着る」「来る」に接続した「け₁り・け₁る」の例もある。なおこれらエ段音は已然形ではなく命令形と同じである。これは上代特殊仮名遣いでカ・ハ・マ行のエ段音に二種類あり、甲類が命令形、乙類が已然形と分かれていることからわかる。

方言[編集]

当時標準語扱いされていたであろう中央(畿内、上方)の方言のほかに、西国の方言と万葉集の「東歌」に見られる東国の方言があり、万葉仮名の用い方が中央の歌とは異なるところがある。また越中の国司として赴任した大伴家持が『万葉集』巻17で「越俗語」で「東風」を「あゆのかぜ」という旨の注記をしている。

語彙[編集]

中央方言との相違点をあげる。[11]

名詞[編集]

東国方言 意味 中央方言
iku 不明 iki₁
imu 女性の恋人 遠江,常陸 imo₁
iNtuma 余暇 遠江 ito₁ma
ipa 下野,不明,上野,武藏 ipe₂
kaki₁ 下総 kaNke₂
kama 駿河 kamo₁
kaNko₂ 遠江 kaNke₂
juru 百合 常陸 juri
katu 下総 kaNto₁
kaje 遠江 kaja
ke₂ 駿河,下野 ki₂
ko₂ko₂ri 下総 ko₂ko₂ro₂
ko₂mo₁ 上総 kamo₁
kuku 上野,不明 kuki₂
kumu 下総 kumo₁
ju 常陸 jo₁
jo₂ki₁ 上野 juki₁
jepi₁ 窓枠 不明 oNpi₁
majo₁ 常陸 maju
mi₁Nto₁ 不明 mi₁Ntu
muma 上野 uma
mi₁ 駿河 me₁
mura 占い 上野 ura
mi₁ta ~につれて 下総 muta
nami₂ 不明 napa, nape₂
jasiri 下総 jasiro₂
nu 下総 no₁
omo₁, omo₂ 下総,信濃 amo₂
osi 駿河 iso₁
osu 下総 iso₁
paru 武藏 pari
pu 武藏 pi, po₂
pe₁ 下総 pa
pi₁ 下総 pe₁
pi₁Nsi 砂州 不明 pi₁si
pi₁ta 上野 pi₁to₂
saki₁muri 防人 常陸 saki₁mo₂ri
siru 下総 siri
tasi 太刀 武藏 tati
to₂ti 駿河 titi
tuku 武藏、常陸、不明 tuki₂
tusi 下総、不明 tuti
umara 上総 uNpara
uno₂ 相模 una
wosaNki₁ 不明 usaNki₁
jaNte 不明 jeNta
juNtu, ju 不明 jumi₁

動詞[編集]

語幹と,出現する活用型で示した。

東国方言 意味 中央方言
ajo₁k(u) 下総 ajo₁
isajo₁p(i₁|u) 躊躇う 不明 isajup
kapi₁r(i) かえる 駿河 kape₁r
kajup(a) 往来する 遠江 kajo₁p
kuje 越える 常陸 ko₁je
ko₁pu 恋しく思う 上野 ko₁pi₂
ko₂jo₂ 越える(連用形) 信濃 ko₁je
panas(i) 離ち 上野 panat
mo₂s(i) 持ち 武藏 mo₂t
nuNkan(a) 流れる 不明 naNkar
no₁Nkan(a) 不明 不明 不明
opuse 責任を与える 下総 opose
oro₂ 降り 常陸 ori
pakare 分けられ 上総 wakare
popom(a) 含む 下総 pupum
pe₁Ntas(i) 区分し 上総 pe₁Ntat
pi₁ro₂p(a) 拾う 信濃 pi₁rip
sasako₂ 捧げ 遠江 sasaNke₂
suNko₁s(a) 過ごす 不明 suNkus
tas(i) 立ち 下野、常陸 tat
timar(i) 留まる 常陸 to₂mar
to₂no₂Npi₁k(u) 棚引く 信濃 tanaNpik
to₂werap(i) 波がうねりたつ 下総 to₂worap
tuk(i₁) 告げ 常陸 tuNke₂
to₁r(e) 照る 不明 ter
wasura 忘れ 常陸 wasure
jusup(i₁) 結ぶ 不明 musuNp
mi₁Ntaj(e) 乱れる 不明 mi₁Ntare

形容詞[編集]

東国方言 意味 中央方言
kupusi 恋しく思っている 駿河 ko₁pi₂si
ko₁pusi 恋しく思っている 武藏 ko₁pi₂si
nipu 新たな 不明 nipi₁
sa 無事な 駿河 saki₁
sake₂, sake₁ 無事な 常陸 saki₁

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blaine ERICKSON. Old Japanese and Proto-Japonic Word Structure. 
  2. ^ Miyake, Marc Hideo (2004-02-03) (英語). Old Japanese: A Phonetic Reconstruction. Taylor & Francis. ISBN 9780203510728. https://books.google.co.jp/books/about/Old_Japanese.html?id=MkSDqluKPxsC&redir_esc=y. 
  3. ^ Blaine ERICKSON. Old Japanese and Proto-Japonic Word Structure p.496. 
  4. ^ 浅川哲也著「知らなかった!日本語の歴史」(東京書籍 2011年8月)p.144、p.178より。
  5. ^ 小倉肇 (西紀一九九八年十二月卅一日). サ行子音の歴史. 
  6. ^ ごく一部、「カイ(櫂)」のような例外的な語が存在する。
  7. ^ 中古以降の日本語に見られる(見られた)二重母音は、漢字音(愛、礼、教 keu > kyo: など)、外来語、「持ち上げる」「寝起き」などの複合語を除けば、おおむねイ音便ウ音便によるもの(「早い」 hayaki > hayai、「早う」 hayaku > hayau > hayo:)か、ハ行転呼とw音の衰弱によるもの(「顔」 kaFo > kawo > kao、「藍」 awi > ai)か、母音の脱落によるもの(「あいつ」 ayatu > *aytu > aitu)かのいずれかであり、いずれにしても、後代の転訛による二次的なものである。
  8. ^ 。ただし上代特殊仮名遣いの解釈によっては、後世とは違った種類の拗音や二重母音を想定することができる。
  9. ^ 現代の日本語でも、語頭に濁音が来る言葉は、漢語や外来語を除けば、本来の語頭母音が脱落した結果濁音が露出したもの(イダク > ダク、ウマラ/イマラ/イバラ > バラ)など、一部の語彙に限られる。またラ行音については、擬音語・擬態語付属語以外で語頭に現れる言葉は、今でもほとんど存在しない。ら行なども参照のこと。
  10. ^ OCOJ: Tagging Conventions”. vsarpj.orinst.ox.ac.uk. 2018年8月14日閲覧。
  11. ^ A GRAMMAR OF EASTERN OLD JAPANESE DIALECT p.907”. 平成卅年八月十六日閲覧。

参考文献[編集]

  • 築島裕『国語学』東京大学出版会、1964年
  • 大野晋「音韻の変遷 (1)」『岩波講座日本語5音韻』岩波書店、1977年
  • 白藤禮幸「古代の文法I」『講座国語史4文法』大修館書店、1982年
  • 沖森卓也編『日本語史』桜楓社(現おうふう)、1989年
  • 月本雅幸「奈良時代」『日本語の歴史』山口明穂らと共著、東京大学出版会、1997年
  • 杉浦克己「奈良時代の日本語 音韻・語彙・文体」「奈良時代の日本語 文法」『新訂日本語の歴史』近藤泰弘らと共著、日本放送出版協会、2005年

関連書[編集]

  • 『上代日本語表現と訓詁』内田賢徳, 塙書房, ISBN 4-8273-0096-8