上別府宮内少輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上別府宮内少輔
時代 戦国時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 元亀3年(1572年
主君 伊東義祐
氏族 上別府氏

上別府 宮内少輔(かみべっぷ くないしょうゆう)は、戦国時代武将日向伊東氏の家臣。実名は不明。清武地頭。日向国宮崎郡清武城主。

略歴[編集]

日向国の中世史料である『日向記』の巻第7“分国中城主揃事”によると、長倉伴九郎と共に清武城主を務めたとされる。天文20年(1551年)の目井城攻防戦で長池刑部少輔等と共に活躍した。

元亀3年(1572年)の覚頭合戦の際には、伊東新次郎伊東加賀守等を大将とする伊東軍に伴九郎と共に従軍した。しかしこの戦いで伊東軍は島津軍に敗北し、総崩れとなる。敗走の最中に若年の長倉伴九郎討死の報を聞いた宮内少輔は、敗走する自分を面目なく感じて戦場に引き返し、討ち死にした。享年41。