上加納村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上加納村
廃止日 1903年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
総人口 1,538
(震災誌[1]、1891年)
上加納村役場
所在地 岐阜県稲葉郡上加納村
 表示 ウィキプロジェクト

上加納村(かみかのうむら)はかつて岐阜県稲葉郡に存在したである。

現在の岐阜市の中心部の東部、水道山の南から新荒田川にかけての地域に該当する。

岐阜市が市制施行時に、村の北部が編入されたが、この地域には現在のJR岐阜駅名鉄岐阜駅周辺、柳ヶ瀬など、現在の岐阜市の中心部が含まれていた。

歴史[編集]

  • 江戸時代後期、この地域は美濃国厚見郡であり、加納藩領であった。
  • 1872年(明治5年) - 東加納村、西加納村、南加納村、北加納村、美園町が合併し、上加納村となる。
    • 1888年(明治21年)時点の人口は、4386人[2]
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 岐阜町[3]、富茂登村、稲束村、小熊村、今泉村、及び上加納村北部[4]が合併し市制施行。岐阜市となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日[5] - 方県郡の一部、厚見郡、各務郡が合併し、稲葉郡となる。上加納村は稲葉郡となる。
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 岐阜市に編入される[6]

現在の地名との関係[編集]

区画整理や地名変更が多い地域であるが、現在も上加納村の字名が残っている地区もある。

  • 1889年に岐阜市となった地域
  • 1903年に岐阜市となった地域
    • 長住町、神室町、室津町、田生越町、祈年町、一松道町、五坪町、鶴田町、田神町、玉姓町

学校[編集]

神社・仏閣[編集]

その他[編集]

  • 岐阜市にあるソープランド街「金津園」は、1888年に上加納村に設置された「金津遊廓」が始まりという。名称は、上加納村の字名「金津」に由来するというが、実際の開設場所の字名は高巌である[8]。遊廓設置後に地名を変更した可能性がある。尚、現在の金津園は、かつての下加納村に位置する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典21岐阜
  2. ^ 岐阜県町村合併史
  3. ^ 正確には51の町(本町、中竹屋町、東材木町、西材木町、上大久和町、上今町、下今町、北今町、中今町、上新町、中新町、下新町、大和町、相生町、米屋町、魚屋町、下大久和町、布屋町、釜石町、扇町、木造町、万力町、上竹屋町、笹土居町、榊町、七曲町、松屋町、若松町、甚衛町、愛宕町、錠鍛屋町、加茂町、珠城町、末広町、久屋町、中大久和町、堀江町、加和屋町、間之町、矢島町、白木町、靭屋町、栄町、上門町、常盤町、蜂屋町、大工町、桜町、車之町、山下達目洞、伊奈波境内)
  4. ^ 字町邸、字金園、字西屋敷、字高厳、字柳ケ瀬、字神室(金神社裏作道以東)、字長住(東海道本線以北)
  5. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  6. ^ 字室津、字清田、字玉姓、字松鴻、字田生越、字祈年、字一松道、字五坪、字鶴田、字田神、字八頭、字瑞龍前、字金勝森、字上加納、字神室(金神社裏作道以西)、字長住(東海道本線以南)
  7. ^ 1889年からは岐阜市が管轄している。
  8. ^ 1888年8月6日付けで岐阜県に提出された「遊廓設置願」による。

参考文献[編集]

関連項目[編集]