上勝町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かみかつちょう
上勝町
Gecchozan Jigenji 05.JPG
上勝町旗 上勝町章
上勝町旗 上勝町章
1965年12月16日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
勝浦郡
市町村コード 36302-2
法人番号 8000020363022 ウィキデータを編集
面積 109.63km2
総人口 1,338[編集]
推計人口、2020年6月1日)
人口密度 12.2人/km2
隣接自治体 勝浦郡勝浦町那賀郡那賀町名西郡神山町名東郡佐那河内村
町の木 アララギ
町の花 リンドウ
町の鳥 キセキレイ
上勝町役場
町長
[編集]
花本靖
所在地

771-4501
徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下横峯3番地1
北緯33度53分20.3秒東経134度24分6.6秒座標: 北緯33度53分20.3秒 東経134度24分6.6秒


町役場位置

Kamikatsu town office.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

上勝町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
大平・堂平の棚田

上勝町(かみかつちょう)とは、徳島県の中部に位置するである。

概要[編集]

  • 勝浦川の上流に位置する町であり、雲早山を町内最高峰として、全体として山岳地帯である。また、四国の町の中では最も人口が少ない。[1][2]
  • 近年、ゴミゼロ運動や第三セクター企業「いろどり」の「葉っぱビジネス」、樫原の棚田山びこポイントなどがテレビ番組によく取り上げられる。特に2003年9月に出されたゼロ・ウェイスト宣言(ゴミゼロ運動)[3]と「いろどり」については日本全国から取材にくるほどになっている。また、住民参加型のバイオマス利活用にも取組んでいる。
  • その他、I/Uターン者が増加したことや、廃校利用、住民参画型まちづくり「1Q(いっきゅう)運動会」も脚光を浴びている。
  • ゼロ・ウェイスト活動の活性化のため、県内企業家が世界初の量売り百貨店「上勝百貨店」(現在のRISE&WIN Brewing .co BBQ&General store)を開設させるなどしたこともある。
  • 町内ではゴミの回収を行っておらず、町民が自ら処分場へゴミを持ち込む。ゴミの持ち込みが難しい高齢者には2ヶ月に1度ゴミの回収を行っている。ゴミは45種類に分別し、まだ使える不用品は処分場に申請し引き取ってもらい、引き取った不用品は申請すれば町民以外も無料で持ち帰ることができる。
  • 現在では多くの大学や企業、自治体が調査・研究で上勝町を訪れるようになり、2014年度には年間2,213人が視察に訪れている。
  • 棚田オーナー制度や徳島大学とともに企画した棚田ライトアップ、空き家を改修した施設の増加により、徳島市や京阪神エリアから手頃に来ることのできる田舎としても注目されている。

地理[編集]

面積[編集]

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院地理情報によると上勝町の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは約19km、南北の長さは約12kmである。[1]

隣接自治体[編集]

人口[編集]

  • 人口は県内の町の中、かつ四国内でも少なく、2000人を切っている。[2]
Demography36302.svg
上勝町と全国の年齢別人口分布(2005年) 上勝町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上勝町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

上勝町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史[編集]

上勝町章
1965年12月16日制定

地域[編集]

大字[編集]

郵便番号 大字名
771-4502
771-4503 生実
771-4501 福原
771-4504 傍示
771-4505 正木

警察・消防[編集]

町内にはないが、小松島市にある小松島警察署小松島市消防本部が管轄している。

図書館[編集]

なし

郵便局[編集]

  • 高鉾郵便局
  • 上勝郵便局

行政[編集]

役場[編集]

  • 上勝町役場(徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下横峯3-1)

町長[編集]

代位 町長氏名 任期 肩書き 所属政党 備考
就任年月日 退任年月日
山田良男 1993年(平成5年)4月25日 1997年(平成9年)4月24日 元上勝町職員 無所属 (1期)
1997年(平成9年)4月25日 2001年(平成21年)4月24日 無投票(2期)
笠松和市 2001年(平成13年)4月25日 2005年(平成17年)4月24日 元上勝町職員 無所属 無投票(1期)
2005年(平成17年)4月25日 2009年(平成21年)4月24日 無投票(2期)
2009年(平成21年)4月25日 2013年(平成25年)4月24日 無投票(3期)
花本靖 2013年(平成25年)4月25日 2017年(平成29年)4月24日(予定) 元上勝町職員 無所属 無投票(1期)

副町長[編集]

  • 山本敏壽(2007年4月1日 - 2012年9月30日)
  • 森周一(2012年10月1日 - )

助役[編集]

  • 山本敏壽(2004年10月1日 - 2007年3月31日)

友好都市[編集]

「日本で最も美しい村」連合

教育[編集]

高校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

  • 彩保育園

特産品[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

町内に鉄道路線なし。かつて四国中央鉄道の敷設免許が下りた頃、この路線を当町を経由し、土佐山田駅まで延伸させる計画があった。[5] 鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR四国牟岐線南小松島駅

横瀬西バス停と町営バス
剣山スーパー林道起点

路線バス[編集]

  • 上勝町営バス[1]

かつては県道16号沿いの田野々までは徳島バス勝浦線が運行していたが、現在は先に移管された末端区間も含め、町営バスにより一体運行されている。勝浦町内の横瀬西バス停で乗換えとなる。

道路[編集]

上勝町内を通る県道はこの1路線のみ。ひとつの自治体内を通る国道または県道が1路線のみなのは徳島県では上勝町が唯一である。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

慈眼寺の灌頂ヶ滝

上勝町が舞台の作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 上勝町の紹介”. 上勝町. 2012年6月18日閲覧。
  2. ^ a b 人口状況”. 上勝町. 2012年6月18日閲覧。
  3. ^ “2020年ごみゼロ 宣言”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 21(くらし). (2003-11-24(朝刊)) 
  4. ^ 図典 日本の市町村章 p191
  5. ^ http://www.jrt.co.jp/tv/ohayo/20c/42dreamlike/

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113。

関連項目[編集]