上北沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上北沢駅
Kamikitazawa-Sta-N.JPG
北口(2015年9月12日)
かみきたざわ
Kami-kitazawa
KO08 桜上水 (0.8 km)
(0.6 km) 八幡山 KO10
所在地 東京都世田谷区上北沢四丁目14番3号
駅番号 KO09
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 7.8 km(新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
15,942人/日
-2019年-
開業年月日 1913年大正2年)4月15日
テンプレートを表示

上北沢駅(かみきたざわえき)は、東京都世田谷区上北沢四丁目にある、京王電鉄京王線である。京王東管区所属。駅番号KO09

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

1913年の開業時、当地は松沢村上北沢に位置していたことから。上北沢は前近代の上北澤村に由来する大字で、下流の下北澤村(現・世田谷区北沢および代沢ほか)と対比した地名。1917年に北沢駅と改称したが、1932年の東京市編入に際して小田原急行鉄道(当時)下北沢駅(1927年開業)周辺の地名が下北沢から北沢となったため、混乱を避けるため上北沢駅に戻した。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅だが、駅舎は地下にある。下り線が直線、上り線は曲線となっている。2007年2月エレベーターが設置され、出入口からホームまでの動線バリアフリー化が図られた。

トイレは地下駅舎内にある。かつてはユニバーサルデザインの一環として設置される「だれでもトイレ」が女性用トイレの最奥部にあったが、2007年3月に「だれでもトイレ」の移転を伴う改修工事が竣工した。

かつては島式ホームに隣接して新宿方の上下線の間に駅舎が設置されており、駅舎との出入口は構内踏切で結ばれていたが(現在の東急大井町線等々力駅と同じ形式)、10連対応ホームの建設に伴う現在の地下駅舎への移転により廃止された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KO 京王線 下り 調布橋本京王八王子高尾山口方面
2 上り 明大前笹塚新宿S 都営新宿線方面

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員15,942人である[利用客数 1]。近年は乗降人員が減少傾向にある。

近年の1日平均乗降人員及び乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗降人員[* 2]
1日平均
乗車人員[* 3]
出典
1955年(昭和30年) 9,864
1956年(昭和31年) 5,106 [東京都統計 1]
1957年(昭和32年) 5,533 [東京都統計 2]
1958年(昭和33年) 5,908 [東京都統計 3]
1959年(昭和34年) 6,128 [東京都統計 4]
1960年(昭和35年) 12,684 6,368 [東京都統計 5]
1961年(昭和36年) 13,607 6,705 [東京都統計 6]
1962年(昭和37年) 14,411 7,175 [東京都統計 7]
1963年(昭和38年) 15,622 7,840 [東京都統計 8]
1964年(昭和39年) 16,829 8,461 [東京都統計 9]
1965年(昭和40年) 17,776 8,963 [東京都統計 10]
1966年(昭和41年) 18,376 9,316 [東京都統計 11]
1967年(昭和42年) 9,508 [東京都統計 12]
1968年(昭和43年) 19,176 9,751 [東京都統計 13]
1969年(昭和44年) 19,747 10,079 [東京都統計 14]
1970年(昭和45年) 20,668 10,405 [東京都統計 15]
1971年(昭和46年) 10,167 [東京都統計 16]
1972年(昭和47年) 20,981 10,200 [東京都統計 17]
1973年(昭和48年) 20,401 9,953 [東京都統計 18]
1974年(昭和49年) 20,706 9,699 [東京都統計 19]
1975年(昭和50年) 19,585 9,352 [東京都統計 20]
1976年(昭和51年) 20,984 9,978 [東京都統計 21]
1977年(昭和52年) 22,074 10,471 [東京都統計 22]
1978年(昭和53年) 22,187 10,636 [東京都統計 23]
1979年(昭和54年) 21,541 10,880 [東京都統計 24]
1980年(昭和55年) 22,052 11,000 [東京都統計 25]
1981年(昭和56年) 22,831 11,304 [東京都統計 26]
1982年(昭和57年) 23,297 11,510 [東京都統計 27]
1983年(昭和58年) [2]23,336 11,536 [東京都統計 28]
1984年(昭和59年) 21,068 10,556 [東京都統計 29]
1985年(昭和60年) 20,654 10,334 [東京都統計 30]
1986年(昭和61年) 20,560 10,244 [東京都統計 31]
1987年(昭和62年) 20,689 10,314 [東京都統計 32]
1988年(昭和63年) 20,357 10,148 [東京都統計 33]
1989年(平成元年) 20,189 10,101 [東京都統計 34]
1990年(平成02年) 20,869 10,466 [東京都統計 35]
1991年(平成03年) 21,065 9,738 [東京都統計 36]
1992年(平成04年) 20,461 10,214 [東京都統計 37]
1993年(平成05年) 20,379 10,153 [東京都統計 38]
1994年(平成06年) 20,107 9,978 [東京都統計 39]
1995年(平成07年) 19,826 9,806 [東京都統計 40]
1996年(平成08年) 19,553 9,679 [東京都統計 41]
1997年(平成09年) 18,770 9,255 [東京都統計 42]
1998年(平成10年) 18,620 9,082 [東京都統計 43]
1999年(平成11年) 17,942 8,691 [東京都統計 44]
2000年(平成12年) 17,594 8,542 [東京都統計 45]
2001年(平成13年) 17,087 8,277 [東京都統計 46]
2002年(平成14年) 16,716 8,074 [東京都統計 47]
2003年(平成15年) 16,135 7,770 [東京都統計 48]
2004年(平成16年) 15,978 7,696 [東京都統計 49]
2005年(平成17年) 15,662 7,674 [東京都統計 50]
2006年(平成18年) 15,012 7,474 [東京都統計 51]
2007年(平成19年) 15,066 7,525 [東京都統計 52]
2008年(平成20年) 14,821 7,403 [東京都統計 53]
2009年(平成21年) 14,631 7,312 [東京都統計 54]
2010年(平成22年) 14,401 7,184 [東京都統計 55]
2011年(平成23年) 14,265 7,098 [東京都統計 56]
2012年(平成24年) 14,162 7,066 [東京都統計 57]
2013年(平成25年) 14,175 7,085 [東京都統計 58]
2014年(平成26年) 14,116 7,044 [東京都統計 59]
2015年(平成27年) 14,693 7,320 [東京都統計 60]
2016年(平成28年) 15,165 7,556 [東京都統計 61]
2017年(平成29年) 15,859 7,904 [東京都統計 62]
2018年(平成30年) 16,169 8,060 [東京都統計 63]
2019年(令和元年) 15,942

駅周辺[編集]

次の駅である八幡山駅とは600mしか離れていないため、当駅から高架上にある八幡山駅ホームが見える。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
KO 京王線
京王ライナー特急・準特急・急行・区間急行・快速
通過
各駅停車
桜上水駅 (KO08) - 上北沢駅 (KO09) - 八幡山駅 (KO10)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “京王線の連続立体交差事業に着手します ―笹塚駅から仙川駅間の「開かずの踏切※」25箇所を除却します―” (日本語) (プレスリリース), 東京都建設局, (2014年2月28日), オリジナルの2020年4月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200411110836/https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2014/02/20o2s100.html 2020年4月11日閲覧。 
  2. ^ 当駅の乗降人員最高値年度

出典[編集]

京王電鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 1日の駅別乗降人員 - 京王電鉄
京王電鉄の統計データ
  1. ^ 世田谷区統計書 - 世田谷区
  2. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  3. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
東京都統計年鑑

関連項目[編集]