上原和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上原 和彦(うえはら かずひこ、1963年10月16日 - )は、日本のサウンドクリエーター、ゲームプロデューサー、実業家。コナミホールディングス株式会社の執行役員で、コナミビジネスエキスパート株式会社代表取締役社長[1]。株式会社ハドソン元代表取締役社長。兵庫県出身。

来歴[編集]

1986年にサウンドデザイナーとしてコナミに入社。コナミのMSXオリジナル音源として知られるSCCの開発に関わる。小島秀夫とは同期入社で共にMSXの部門に配属される。

コナミ矩形波倶楽部ではピストン上原として活動していた。

その後パワプロプロダクションエグゼクティブプロデューサーなどを務める。コナミデジタルエンタテインメント(KDE-J)のシニアヴァイスプレジデントや常務取締役などを歴任したほか、2011年4月より株式会社ハドソン代表取締役社長をKDE-Jに吸収合併される2012年3月まで兼任した[2]。2014年7月3日から2017年6月27日までは、コナミホールディングス四事業本部 副本部長[3]

コナミが日本選手権シリーズのスポンサーだった2011年からの3年間は、日本一になったチームにチャンピオンフラッグや「みんなで選ぶコナミ賞」を贈呈していた。

ハドソンの社長になって以降はゲーム開発からは一線を退いている。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]