上原種美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上原種美

上原 種美(うえはら たねよし、1885年明治18年)1月1日[1] - 1950年昭和25年)10月30日[2])は、日本教育者文部官僚

経歴[編集]

山梨県出身。1909年(明治42年)、東京帝国大学農科大学を卒業[1]農商務省嘱託、文部属、文部省督学官、同図書官、同事務官、実業学務局農業教育課長などを歴任し、その間東京高等師範学校教授を兼ねた[1]1921年大正10年)、三重高等農林学校校長に就任し、1939年(昭和14年)には東京農業教育専門学校校長となった[3]。戦後の1946年(昭和21年)から霞ヶ浦農科大学学長を務めた[4]

その他、日本農業教育会会長、大日本教育会副会長、全国学農連盟副会長、実業教育振興会理事長、日本青年館理事などを務めた[4]

著書[編集]

  • 『最新 鶏卵論』(博文館、1910年) 逢阪重助と共著

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版(上)』人事興信所、1948年。