上原美幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上原 美幸 Portal:陸上競技
Miyuki Uehara Rio 2016.jpg
選手情報
フルネーム 上原 美幸
ラテン文字 Miyuki UEHARA
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走/長距離走/マラソン
所属 第一生命グループ女子陸上競技部
生年月日 (1995-11-22) 1995年11月22日(24歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
身長 154㎝
成績
オリンピック 5000m 予選1組7着 (2016 リオデジャネイロ)
5000m 決勝15位 (2016 リオデジャネイロ)
自己ベスト
1500m 4分19秒71
3000m 9分06秒91
5000m 15分21秒40
10000m 31分38秒80
ハーフマラソン 1時間09分13秒
マラソン 2時間24分19秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

上原 美幸(うえはら みゆき、1995年11月22日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は中距離走長距離走マラソン鹿児島市立鹿児島女子高等学校卒業。

経歴[編集]

鹿児島女高2年時の2013年1月に行われた全国女子駅伝では鹿児島県代表として1区にエントリー。2位の小原怜(岡山)に11秒差をつけて区間賞を獲得。優秀選手にも選出された[1]。なお、この時の19分00秒というタイムは永山育美と並ぶ区間歴代2位タイである(2016年現在)[2]

2015年7月に行われたホクレンディスタンスチャレンジ北見大会女子5000mで15分21秒40で2位に入りリオデジャネイロオリンピック女子5000m参加標準記録を突破。さらに2016年6月に行われた第100回日本陸上競技選手権大会パロマ瑞穂スタジアム)同種目で15分33秒49で5位に入った[3]。この結果をもって、リオデジャネイロ五輪女子5000m日本代表選手に初選出された[4]

2016年8月16日に行われたリオ五輪 陸上 女子5000m、予選第1組で7着(15分23秒41)に入り、記録により決勝へ進出した[5]。2016年8月19日に行われた決勝では15分34秒97で15位だった。レース後、思い切って飛び出したことに悔いはない。メダルを争う力がないことは悔しい。今後はスピードを磨いてマラソンにも挑戦したいと記者に語った[6]

2018年9月16日のベルリンマラソンで、上原自身初めてのフルマラソンに挑戦。同マラソンで2時間18分11秒と、世界女子歴代4位の好タイムで優勝したグラディス・チェロノ(ケニア)らの、レース前半から超ハイペースにはついていかず、自ら5Kmラップ17分30秒前後のペースを維持。中間点を1時間13分27秒で通過後、レース後半に入るとネガティブスプリットでペースを上げ、35Km付近で小原怜天満屋)を逆転。結果ゴールタイムは2時間25分46秒と、女子総合9位・日本人3着と健闘した[7]

2019年3月10日の名古屋ウィメンズマラソンに2度目のマラソンに出走。レース序盤から30Km付近まで、先頭集団に加わる積極性を見せながら走行。30Km地点を過ぎた後で優勝争いからは脱落するも、その後も大きくペースダウンする事無く、初マラソンよりも約1分半更新する、2時間24分19秒で総合9位・日本人3着に入り、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・2020年東京オリンピック女子マラソン選考会)出場権を獲得する[8]。ゴール後の上原は「想定したレースができて良かった」と笑顔を浮かべ、山下佐知子監督も「実力通りの結果。(海外勢のペースアップに)反応出来なかったが、伸び代でいうと一番有る」と納得のコメントを述べていた[9]

2019年9月15日に開催された、2020年東京五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ・女子マラソンに出場。序盤から5km毎のラップが16分台のハイペースについていき、その後は2位グループの集団に加わるも、10Km地点を過ぎた後で完全脱落。15Km過ぎでは、後方から野上恵子十八銀行)に追い抜かれて以降、最下位を走行する苦しいレースとなる。中間点は1時間15分15秒も掛かり、それでも上原はゴールを目指して暫く走り続けてたが、結局30Km地点を過ぎて途中リタイアに終わった[10]

主な記録[編集]

大会 種目 順位 備考
2011年 都道府県対抗女子駅伝 8区 区間6位 鹿児島県17位[11]
第66回国民体育大会・山口 少年女子B1500m 11位[12]
2012年 都道府県対抗女子駅伝 1区 区間23位 鹿児島県18位[13]
千葉国際クロスカントリ- ジュニア5㎞ 3位[14]
福岡国際クロスカントリ- ジュニア6㎞ 優勝[15]
新潟インターハイ 1500m 6位[16]
新潟インターハイ 3000m 3位 日本人選手1位
第67回国民体育大会 少年女子A3000m 7位[17]
2013年 都道府県対抗女子駅伝 1区 区間賞 鹿児島県11位[18]
千葉国際クロスカントリ- ジュニア5㎞ 優勝[19]
福岡国際クロスカントリ- ジュニア6㎞ 5位[20]
大分インターハイ 1500m 16位[21]
全国高校駅伝女子 1区 区間17位 鹿児島女子高23位[22]
2014年 都道府県対抗女子駅伝 2区 区間27位 鹿児島県16位[23]
全日本実業団陸上 Jr3000m 3位[24]
クイーンズ駅伝 1区 区間3位 第一生命グループ5位[25]
2015年 都道府県対抗女子駅伝 1区 2位 鹿児島県16位[26]
第70回国民体育大会 成年女子5000m 7位[27]
クイーンズ駅伝 3区 区間2位 第一生命グループ6位[28]
2016年 都道府県対抗女子駅伝 1区 13位 鹿児島県13位[29]
第100回日本選手権 5000m 5位[30]
第100回日本選手権 10000m 7位
リオデジャネイロオリンピック 5000m 15位[31]
クイーンズ駅伝 3区 区間7位 第一生命グループ2位[32]
2017年 都道府県対抗女子駅伝 9区 6位 鹿児島県11位[33]
第101回日本選手権 10000m 3位[34]
世界陸上ロンドン大会 10000m 24位[35]
クイーンズ駅伝 3区 区間4位 第一生命グループ4位[36]
2018年 第102回日本選手権 5000m 5位[37]
第102回日本選手権 10000m 12位
ベルリンマラソン2018 マラソン 9位
クイーンズ駅伝 3区 区間21位 第一生命グループ12位[38]
2019年 名古屋ウィメンズマラソン2019 マラソン 9位[39] MGC出場権獲得
第103回日本選手権 5000m 12位[40]
MGC(マラソングランドチャンピオンシップ) マラソン DNF[41]
クイーンズ駅伝 3区 区間5位 第一生命グループ11位[42]

脚注[編集]

  1. ^ 皇后盃 第31回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会”. JAAF. 2016年12月31日閲覧。
  2. ^ 歴代区間ベスト10”. 皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会事務局. 2016年12月31日閲覧。
  3. ^ リザルト大会3日目 日本陸連 2016年6月27日
  4. ^ 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)日本代表選手2016年6月27日発表分日本陸連 2016年6月27日
  5. ^ リオオリンピック 陸上 女子5000m 予選朝日新聞 8月16日
  6. ^ リオオリンピック 陸上 女子5000m 決勝朝日新聞 2016年8月19日
  7. ^ 上原美幸、準備不足も想定以上「25分台で走れるとは思ってなかった」/マラソンサンスポ 2018年9月16日
  8. ^ 上原美幸、積極的な走りで9位「離れても粘るレースができた」/名古屋ウィメンズマラソンサンスポ 2019年3月10日
  9. ^ 上原美幸が日本人3位でMGC、監督は伸びしろ期待日刊スポーツ 2019年3月10日
  10. ^ マラソングランドチャンピオンシップ・女子公式リザルト(PDF)
  11. ^ 11都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  12. ^ 第66回国体リザルト”. yamaguchi. 2020年2月25日閲覧。
  13. ^ 12都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  14. ^ 12千葉クロカン”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  15. ^ 12福岡クロカン”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  16. ^ 新潟IH女子TOP8”. iaaf. 2020年2月25日閲覧。
  17. ^ 第67回国体リザルト”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  18. ^ 13都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  19. ^ 12千葉クロカン”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  20. ^ 12福岡クロカン”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  21. ^ 大分IH女子リザルト”. iaaf. 2020年2月25日閲覧。
  22. ^ 14高校駅伝女子”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  23. ^ 14都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  24. ^ 14実業団陸上”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  25. ^ 14実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  26. ^ 15都道府県対抗女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  27. ^ 第70回国体リザルト”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  28. ^ 15実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  29. ^ 16都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  30. ^ 16日本選手権”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  31. ^ 16リオ五輪”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  32. ^ 16実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  33. ^ 17都道府県女子駅伝”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  34. ^ 2017日本選手権”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  35. ^ 17世界陸上”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  36. ^ 17実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  37. ^ 18日本選手権”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  38. ^ 18実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。
  39. ^ 19結果”. nagoya. 2020年2月25日閲覧。
  40. ^ 19日本選手権”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  41. ^ MGC”. jaaf. 2020年2月25日閲覧。
  42. ^ 19実業団女子駅伝”. jita. 2020年2月25日閲覧。