上原誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上原 誠
基本情報
本名 上原 誠
階級 ヘビー級
身長 182cm
体重 92kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-11-14) 1984年11月14日(35歳)
出身地 東京都
スタイル キックボクシング
空手
テンプレートを表示

上原 誠(うえはら まこと、1984年11月14日 - )は、日本の元キックボクサー東京都出身。村上竜司が率いる士魂村上塾所属。

来歴[編集]

高校時代は野球部に所属。ピッチャーで打順は5番だった。大学から何校かスカウトがあるが、団体競技である野球はもうやりたくなかったので全て断るが、監督から「大学は行かなくていいからプロの入団テストだけ受けてくれ」と言われ、3球団の入団テストを受けたところ、ヤクルトスワローズの育成選手として合格するも、それも断り格闘技の道へ進んだ[1]

2008年3月2日、K-1 JAPAN TRYOUTを受験し、ヘビー級で合格を果たした[2][3]

2008年7月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIのASIA GP 1回戦でパク・ヨンスと対戦し、延長ラウンドに左フックでKO勝ちするも、眼窩底骨折の疑いにより準決勝を棄権した[4]

2011年7月23日、RISE第2代ヘビー級王者決定戦で羅王丸と対戦し、KO勝ちで王座獲得に成功した。

2013年3月17日、RISE初代ライトヘビー級王者決定戦で清水賢吾と対戦し、判定勝ちで王座獲得に成功した。

2013年12月21日、GLORY 13 TOKYOでダスティン・ジャコビーと対戦し、判定勝ち。

2014年2月4日、芸能事務所プラチナムプロダクション」とマネージメント契約したことを発表[5]

2017年11月23日、K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメントに出場。1回戦でパコム・アッシにKO勝ちするも、準決勝でアントニオ・プラチバットにKO負けを喫した。

2018年9月24日、K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座トーナメントに出場し、1回戦でブバッカ・エル・バクーリにKO負けを喫した。

人物・エピソード[編集]

  • 成立学園高校時代は野球部に所属しており、投手としては最速145kmの速球を投げ、プロからも注目されていた。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
33 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
23 13 10 0 1 0
9 5 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ブバッカ・エル・バクーリ 1R 1:05 KO(2ダウン:左ストレート) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座トーナメント1回戦】
2018年9月24日
× 加藤久輝 3R+延長1R終了 判定1-2(10-9,9-10,9-10) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~ 2018年6月17日
× アントニオ・プラチバット 1R 2:09 KO(2ダウン:跳び膝蹴り) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント準決勝】
2017年11月23日
パコム・アッシ 1R 2:40 KO(2ダウン:左フック) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント1回戦】
2017年11月23日
× イブラヒム・エル・ボウニ 2R 1:33 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~ 2017年2月25日
KOICHI 3R終了 判定3-0(30-28,29-28,29-28) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~ 2016年9月19日
高萩ツトム 1R 0:32 TKO K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~ 2016年6月24日
山下力也 3R終了 判定3-0(30-28,30-28,30-29) MA日本キックボクシング連盟 村上祭 2016年4月10日
訓 -Nori- 1R 2:06 KO(3ダウン:右フック) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg日本代表決定トーナメント~ 2016年3月4日
× ザビット・サメドフ 延長R終了 判定0-3(9-10,9-10,9-10) BLADE 1 2014年12月29日
セルグ・弁慶・ガレシック 1R 1:25 KO(右フック) RISE 100 ~BLADE 0~ 2014年7月27日
ヤン・ヘジョン 3R終了 判定3-0(30-28,30-27,30-26) RISE 98 2014年3月30日
ダスティン・ジャコビー 3R終了 判定2-1(30-27,30-27,28-29) GLORY 13 2013年12月21日
- キム・ネイチェル 延長R終了 判定(10-10,10-10,10-9) RISE 95 2013年9月13日
清水賢吾 5R終了 判定2-1(47-46,46-47,47-45) RISE 92
【初代RISEライトヘビー級王座決定戦】
2013年3月17日
天田ヒロミ 3R終了 判定3-0(29-27,30-27,29-28) K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 in 両国国技館 2012年10月14日
クラフトン・ブレイズ・ワランス 2R 2:27 KO(右フック) RISE 88 2012年6月2日
ワン・ジンガン 1R 0:22 KO(右ローキック) RISE 87 2012年3月24日
× シング・心・ジャディブ 1R 0:38 KO(左ストレート) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011 決勝戦】
2011年11月23日
ヤン・ソウクップ 延長R終了 判定(10-9,10-9,10-9) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011 準決勝】
2011年11月23日
ステファン・レコ 3R終了 判定3-0 (30-27,30-27,30-26) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011 1回戦】
2011年11月23日
羅王丸 3R 2:49 KO(右フック) RISE 80
【第2代RISEヘビー級王座決定戦】
2011年7月23日
イ・ギファン 1R 2:14 KO(右ローキック) RISE 74 2011年2月27日
羅王丸 3R終了 判定2-0 RISE 73R 2010年12月19日
清水賢吾 3R 1:24 KO(左ハイキック) RISE 68 2010年7月31日
× 高萩ツトム 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMA
【オープニングファイト】
2010年4月3日
× シング・心・ジャディブ 2R 1:36 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【オープニングファイト】
2009年12月5日
× 天田ヒロミ 3R終了 判定0-3 HEAT 10
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 決勝】
2009年7月18日
恩田剛徳 延長R KO(3ダウン:左フック) HEAT 9
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 準決勝】
2009年3月28日
孫武 2R 1:10 TKO(タオル投入) HEAT 8
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 1回戦】
2008年12月14日
パク・ヨンス 延長R 1:25 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEI
【ASIA GP 1回戦】
2008年7月13日
沢田秀男 3R終了 判定3-0 K-1 JAPAN TRYOUT 〜日本人戦士育成プロジェクト〜 トライアルリーグ 2008年4月20日
高橋竜平 1R 1:26 KO(2ダウン:右ハイキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「BREAK THROUGH-1 〜突破口〜 MA.KICK 2008 士道館新春正月興行」
【オープニングマッチ】
2008年1月14日

アマチュア成績[編集]

  • 17戦17勝10KO

獲得タイトル[編集]

  • 士道館関東大会無差別級グローブ空手2007 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2007 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2008 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2010 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2011 優勝
  • 第2代RISEヘビー級王座
  • 初代RISEライトヘビー級王座

表彰[編集]

  • 2009年1月11日 士道館世界空手道連盟敢闘賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]