上場雄也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上場 雄也
Yuya Ageba
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-09-30) 1983年9月30日(35歳)
出身地 千葉県松戸市
ラテン文字 Yuya Ageba
身長 191cm
体重 65kg
選手情報
所属 ビーチバレー
愛称 アゲ
指高 245cm
利き手
スパイク 340cm
テンプレートを表示

上場 雄也(あげば ゆうや、1983年9月30日 - )は、日本の男子元バレーボール選手、現ビーチバレー選手。千葉県松戸市出身。インドアプレー時のポジションはオポジット

来歴[編集]

松戸市立常盤平中学校、松戸六実高校を経て、中央学院大学を卒業。東京ヴェルディでプレーしたのち、2008年11月につくばユナイテッドSun GAIAへ入団した。初の国際大会を経験した2009年の第5回東アジア競技大会では銀メダルを獲得した[1]

2010年、Vチャレンジリーグの選手として唯一、全日本代表登録メンバーに初選出。同年6月、つくばユナイテッドを退団し[2]、VプレミアリーグのFC東京へ移籍した[3]

2012年7月31日付でFC東京を退団[4]。しかし退団直後で移籍先が未定という状況でFIVBワールドリーグ2013予選[5]を戦う全日本代表メンバーに招集された為、その時点の所属はJVA(日本バレーボール協会)となっている[6]

同年9月27日からのJBVツアー第6戦に板橋正人とペアを組み、初めてビーチバレーツアーに参戦し[7]、初陣を飾った[8]

2013年、千葉県選抜バレーボールチーム(現千葉ゼルバ)からオファーを受けインドアに選手兼コーチとして復帰。しかし、今後もビーチバレーの活動をメインとする。

同年11月、ビーチバレー強化指定選手(男女各2名)に公募を経て選ばれた[9]

現在は松戸レガロ所属。

2019年、仲間に暴力をふるい手を抜くプレーを披露

2019年7月6日のジャパンツアー第3戦沖縄大会の試合中、ペアを組む選手に対して暴力をふるい、翌7日、手を抜いたプレーをした。日本バレーボール協会は7日のプレーだけを問題視し、おわびをホームページに掲載し、上場からは強化指定選手の辞退、当面の大会参加自粛などの申し出と謝罪があったという[1][2][3]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【香港・東アジア大会】バレーボール男子で日本チームが銀メダルを獲得!”. JOC (2009年12月9日). 2010年6月16日閲覧。
  2. ^ 退団選手のお知らせ”. つくばユナイテッドSun GAIA (2010年6月12日). 2010年6月16日閲覧。
  3. ^ 移籍加入選手について”. FC東京 (2010年6月11日). 2010年6月16日閲覧。
  4. ^ 退団選手について FC東京バレーボールチームヘッドライン 2012年7月31日閲覧
  5. ^ FIVBワールドリーグ2013予選 日本の出場メンバー12名決定 日本バレーボール協会News 2012年9月4日付
  6. ^ FIVBワールドリーグ2013予選 全日本男子メンバー 日本バレーボール協会News 2012年9月4日付
  7. ^ 月刊バレーボール 2012年10月号 130ページ
  8. ^ JBV Tou. “第6戦 ペボニアカップ1日目試合結果”. 2012年9月27日閲覧。
  9. ^ JVAビーチバレーボール強化指定選手選考会 選考結果発表 - 日本バレーボール協会

外部リンク [編集]