上塩冶築山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上塩冶築山古墳
所属 築山古墳群
所在地 島根県出雲市上塩冶町
位置 北緯35度20分60.00秒
東経132度45分38.77秒
座標: 北緯35度20分60.00秒 東経132度45分38.77秒
形状 円墳
規模 直径46m
高さ6m
埋葬施設 両袖式横穴式石室
(内部に家形石棺2基)
出土品 副葬品多数・埴輪須恵器
築造時期 6世紀後半
史跡 国の史跡「上塩冶築山古墳」
有形文化財 出土品(国の重要文化財
地図
上塩冶築山 古墳の位置(島根県内)
上塩冶築山 古墳
上塩冶築山
古墳
テンプレートを表示

上塩冶築山古墳(かみえんやつきやまこふん)は、島根県出雲市上塩冶町にある古墳。形状は円墳。築山古墳群を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定され、出土品は国の重要文化財に指定されている。

概要[編集]

島根県北東部、神戸川北岸の微高地上に築造された古墳である[1]。周辺では中小古墳が取り巻き築山古墳群を形成する[2]。墳丘周囲は削平を受けているが、これまでに1887年明治20年)に石室が発見され副葬品が出土したほか、1985年度(昭和60年度)以降に墳丘周囲の発掘調査が実施されている[2]

墳形は円形で(かつては前方後円形とする説もあった)、直径約46メートル・高さ約6メートルを測る[3]。墳丘表面・周囲部では円筒埴輪須恵器子持壺が検出されている[4][1]。墳丘周囲には周堀(幅約16メートル)が巡らされており、周堀を含めた直径は約77メートルにおよぶ[3]。主体部の埋葬施設は大型の切石積横穴式石室で、玄室内に家形石棺2基が据えられる[1]。これらの石棺内からは多数の副葬品が検出されている[1]

この上塩冶築山古墳は、古墳時代後期の6世紀後半頃の築造と推定される[1]。石室規模および優れた副葬品から、今市大念寺古墳に続く出雲地方の代表的首長墓(出雲地方では最後の大型首長墓[1])に位置づけられる古墳である[4][5]

古墳域は 1924年大正13年)に国の史跡に指定され[6]、出土品は2018年平成30年)に国の重要文化財に指定されている[7]

来歴[編集]

埋葬施設[編集]

主体部の埋葬施設としては、大型の両袖式横穴式石室が構築され、西南西方に開口する[1]。石室規模は次の通り[4]

  • 石室全長:14.6メートル
  • 玄室:奥行6.6メートル、幅2.8メートル(奥壁部)、高さ2.9メートル
  • 羨道

石室は凝灰岩の切石で構築され、奥壁は1枚、側壁は4段積みとする[4]。天井石・楣石は自然石とし、床面には河原石を敷く[4]。羨道部の側壁は切石3段積みで、天井石は自然石とする[4]

石室内には大小2基の刳抜式家形石棺が据えられる[4]。小棺は玄室最奥において長辺を奥壁に接し、横口を玄門側に設ける[4]。また大棺は、小棺の手前において長辺を西側壁に接し、横口を東側に設ける[4]。この大棺の蓋石には縄掛突起6個が遺存する[4]。これらの石棺2基からは多数の副葬品が検出されている(後述)。

出土品[編集]

古墳からの主な出土品は次の通り[4]

  • 小棺出土
    • 玉類
    • 鉄刀 1
    • 短刀 2
    • 金銅冠
    • 土器 1
    • 馬具類 - 蓋石上に置かれる。
  • 大棺出土
  • 棺外出土
    • 土器
    • 鉄槍
    • 鉄鏃
    • 銀環

そのほかの出土品として、墳丘上・周囲部から円筒埴輪須恵器子持壺が採集されている[4][1]。出土品は国の重要文化財に指定され、出雲弥生の森博物館(出雲市大津町)で保管されている[7]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 島根県上塩冶築山古墳出土品 一括(考古資料) - 明細は以下。所有者は出雲市。出雲弥生の森博物館保管。2018年(平成30年)10月31日指定[7][10]
    • 石室出土
      • 金属製品 66点
      • 玉 12点
      • (附指定)金属製品残欠 46点
    • 墳丘出土
      • 須恵器残欠 6点
      • 円筒埴輪 4点
      • (附指定)円筒埴輪残欠 6点

国の史跡[編集]

  • 上塩冶築山古墳 - 1924年(大正13年)12月9日指定[6][5][8]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

関連施設

  • 出雲弥生の森博物館(出雲市大津町) - 上塩冶築山古墳の出土品等を保管・展示。

周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 上塩冶築山古墳(平凡社) 1995.
  2. ^ a b c d e f 平成26年度 出雲市文化財調査報告書 2015.
  3. ^ a b c d e 出雲市埋蔵文化財発掘調査報告書 第16集 2006, pp. 1-8.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 上塩冶築山古墳(古墳) 1989.
  5. ^ a b 上塩冶築山古墳(出雲市ホームページ)。
  6. ^ a b c 上塩冶築山古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  7. ^ a b c d 平成30年10月31日文部科学省告示第208号。
  8. ^ a b 出雲市内の指定文化財一覧(出雲市ホームページ)。
  9. ^ 上塩冶築山古墳 2004.
  10. ^ 国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について(文化庁報道発表、2018年3月9日)。
  11. ^ 上塩冶築山古墳(国指定史跡).

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『塩冶地区遺跡分布調査I』 出雲市教育委員会、1986年
  • 『上塩冶築山古墳の研究(島根県古代文化センター調査研究報告書 4)』 島根県古代文化センター、1999年