上多度志駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上多度志駅
かみたどし
Kami-Tadoshi
円山 (6.1km)
(3.2km) 多度志
所在地 北海道深川市多度志町字上多度志
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 深名線
キロ程 10.8km(深川起点)
電報略号 カタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1946年(昭和21年)6月1日
廃止年月日 1995年(平成7年)9月4日
備考 深名線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の上多度志駅と周囲約500m範囲。左上が朱鞠内方面。この写真でも既に駅舎とホーム間が埋められているが、かつては島式ホーム状で副本線が駅舎前に引き入れられていた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

上多度志駅(かみたどしえき)は、北海道空知支庁深川市多度志町字上多度志にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)深名線廃駅)である。電報略号カタ。深名線の廃線に伴い1995年(平成7年)9月4日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

所在地名より。多度志川の上流部にあることから「上」を冠する[1]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の南西側(名寄方面に向かって左手側)に存在した。分岐器を持たない棒線駅となっていた[3]。かつてはこのホームは島式ホームであり、1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。1983年(昭和58年)時点では使われなくなった駅舎側の1線は交換設備運用廃止後も分岐器が深川方、名寄方の両方向とも維持された形で側線として残っていたが[4]、その後1993年(平成5年)までには撤去された[3]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が改築されて残っていた。駅舎は構内の南西側に位置しホームから少し離れていた。無人化後に縮小され間口が狭くなっていた。

利用状況[編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は12人[3]

駅周辺[編集]

水田に囲まれており[4]、農協のほか民家が散在するのみであった[3]

駅跡[編集]

廃線と同時にすべての施設が撤去され、跡形も分からなくなっている。2000年(平成12年)時点では空き地になっており[6]、2010年(平成22年)時点でも引き続き空き地で、駅前にあった農業倉庫のみが残っていた[7]。また周辺の線路跡も道路化される模様であった[7]。2011年(平成23年)時点でも同様で、砂利敷きの広場であり、バスの転回場になっていた[8]

また、2010年(平成22年)時点では当駅と円山駅との間にあった「多度志トンネル」の、硬質ブロックを積み上げた名寄方坑口が残存しており、北海道道875号から見ることができた[7]。2011年(平成23年)時点でも同様で、坑口は土嚢で塞がれていた[8]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
深名線
円山駅 - 上多度志駅 - 多度志駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1990年(平成2年)7月1日時点では既に完全無人化されている(小冊子『HANDBOOK 1990』「駅は旅の出発点」(発行:北海道旅客鉄道、1990年発行)より)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『北海道 駅名の起源』 日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、112頁。
  2. ^ a b 「日本国有鉄道公示第2号」『官報』1950年1月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b c d 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)74ページより。
  4. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)204ページより。
  5. ^ 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)9ページより。
  6. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)34ページより。
  7. ^ a b c 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)40ページより。
  8. ^ a b 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)174-175ページより。

関連項目[編集]