上天津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上天津駅
かみあまづ
KAMIAMAZU
下川 (1.0km)
(2.0km) 下天津
所在地 京都府福知山市上天津
所属事業者 北丹鉄道
所属路線 北丹鉄道線
キロ程 5.5km(福知山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年(大正12年)9月22日
廃止年月日 1974年(昭和49年)2月28日*
備考 無人駅
* 1971年3月1日より休止
テンプレートを表示

上天津駅(かみあまづえき)は、かつて京都府福知山市上天津にあった北丹鉄道廃駅)である。

歴史[編集]

上天津駅は1923年(大正12年)、北丹鉄道の開業に合わせて開設された。

北丹鉄道は1971年(昭和46年)3月に営業を休止し、そのまま1974年(昭和49年)2月末に廃止許可[1]、当駅もこの時廃止された[2]

年表[編集]

駅構造[編集]

上天津駅はホームが地面に接して置かれる地上駅であった。ホームは1面。当初は停車場転轍器のある駅)だったが、北丹鉄道の途中駅の側線は戦後に撤去され[6]、廃止前には停留場(転轍器のない駅)となっていた[7]。駅員は配置されていない無人駅である[8]

駅周辺[編集]

駅があった場所は福知山市立天津小学校のすぐ南にあたり、周辺は田園地帯となっている。駅の遺構は何も残っていない[9][10]。当駅と下川駅の間には牧川が流れており、北丹鉄道では一番長い牧川橋梁(約100メートル)が架かっていたが[6][11]、河川は改修され橋梁の跡も失われている[9]

下川駅から当駅までの線路跡は整備され、福知山市道広小路勅使線となった[11]。いっぽう当駅から下天津駅方面に向かう線路は国道175号沿いに伸びていたが[6][7]、その跡は国道と由良川に挟まれた藪になっている[12]

隣の駅[編集]

北丹鉄道
北丹鉄道線
下川駅 - 上天津駅 - 下天津駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺田 2010, p. 45.
  2. ^ a b c d 今尾 2008, p. 42.
  3. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1923年10月1日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ a b c d 北丹鉄道の歴史, p. 25.
  5. ^ a b 寺田 2010, p. 43.
  6. ^ a b c 山本 2000, p. 6.
  7. ^ a b 寺田 2010, p. 46.
  8. ^ 京都大学鉄道研究会 1969.
  9. ^ a b 吉田 1998, p. 151.
  10. ^ 新・鉄道廃線跡を歩く, p. 47.
  11. ^ a b 草むらの中走った北丹鉄道 廃止から30年 今でも多くの人の心の中に”. WEB両丹. 両丹日日新聞. 2018年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  12. ^ 寺田 2010, p. 48.

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790027-2。
  • 今尾恵介(編著)『新・鉄道廃線跡を歩く』4(近畿・中国編)、JTBパブリッシング、2010年。ISBN 978-4-533-07861-3。
  • 京都大学鉄道研究会「北丹鉄道」『鉄道ピクトリアル』第19巻12月臨時増刊号(通巻232号)、鉄道図書刊行会、1969年12月、 64-71頁、 ISSN 0040-4047(再録:『私鉄車両めぐり 関西』鉄道図書刊行会〈鉄道ピクトリアル別冊 鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション 19〉、2010年、73-83頁。全国書誌番号:21848519
  • 寺田裕一『新 消えた轍 ―ローカル私鉄廃線跡探訪―』8 近畿、ネコ・パブリッシング〈NEKO MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-7770-1075-2。
  • 福知山市開発公社 編『北丹鉄道の歴史』福知山市開発公社、1988年。全国書誌番号:89020349
  • 山本武男 『北丹鉄道 ―河川敷に消えた小鉄道―』 ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 14〉、2000年。ISBN 978-4873662091。 
  • 吉田恭一『地形図で辿る廃線跡 古地図とともにいまはなき鉄道を歩く』心交社、1998年。ISBN 4-88302-345-1。