上尾信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上尾 信也(あがりお しんや、1961年 - )は、日本の音楽学者、上野学園大学教授。

略歴[編集]

広島大学卒、同大学院国際学修士課程修了、国際基督教大学大学院博士課程修了、1994年「楽師論序説 中世後期のヨーロッパにおける職業音楽家の社会的地位」で博士(学術)桐朋学園芸術短期大学専任講師、助教授、1989年教授を経て、2013年上野学園大学准教授、2015年教授[1]。中世ヨーロッパ音楽が専門。

著書[編集]

  • 『歴史としての音 ヨーロッパ中近世の音のコスモロジー』柏書房 (ポテンティア叢書) 1993
  • 『楽師論序説 中世後期のヨーロッパにおける職業音楽家の社会的地位』国際基督教大学比較文化研究会 (ICU比較文化叢書) 1995
  • 『音楽のヨーロッパ史』2000 講談社現代新書
  • 『吟遊詩人』新紀元社 2006

共著[編集]

  • 『詳説総合音楽史年表 音楽を世界の歴史からグローバルにとらえる』皆川達夫,倉田喜弘監修,上尾信也 [ほか]解説 教育芸術社 2003

翻訳[編集]

  • ヴァルター・ザルメン『コンサートの文化史』網野公一共訳 柏書房(ポテンティア叢書) 1994
  • ヴァルター・ザルメン『「音楽家」の誕生 中世から現代までの音楽の社会史』加藤博子共訳 洋泉社 1994
  • ジェームズ・マッキノン編『西洋音楽の曙 古代・中世』監訳 音楽之友社 (西洋の音楽と社会) 1996
  • ジェームズ・マッキノンほか編『西洋音楽史年表』上尾信也 [ほか]監訳 音楽之友社(西洋の音楽と社会) 1997

論文[編集]

脚注[編集]