上川井町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 関東地方 > 神奈川県 > 横浜市 > 旭区 > 上川井町
上川井町
上川井町の位置(横浜市内)
上川井町
上川井町
上川井町の位置
上川井町の位置(神奈川県内)
上川井町
上川井町
上川井町の位置
北緯35度29分45.31秒 東経139度30分22.98秒 / 北緯35.4959194度 東経139.5063833度 / 35.4959194; 139.5063833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
旭区
面積
 • 合計 3.603km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 3,610人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
241-0802[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

上川井町(かみかわいちょう)は、横浜市旭区の町名。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[5]郵便番号は241-0802[3]

沿革[編集]

古くは都筑郡上川井村であった。地名の「カワイ」は川の合流地点の意味があり、『新編武蔵風土記稿』に川井村の地名がみられる[6][7]1889年明治22年)4月1日に今宿・下川井・川井・上白根・下白根・今宿の各村と合併、都岡村となる。1939年昭和14年)4月1日に横浜市に編入、保土ケ谷区上川井町となり、1969年10月1日に行政区再編により旭区に編入される。1979年2月25日、上川井町北部の緑区に近い一帯を分割、若葉台一~四丁目を新設。1980年3月31日には上川井町・瀬谷区瀬谷町・緑区長津田町の各一部から瀬谷区卸本町を新設した。

地理[編集]

旭区の北部、帷子川の源流域に位置し、川の両岸には丘陵地が広がる渓谷の様相を見せる。町の西側は瀬谷区、北側は緑区に接する。市境を接していないが北側は町田市に200mまだ迫る。町内を保土ヶ谷バイパス国道16号が通り、上川井インターチェンジで交差する。上川井インター近くには私立横浜三育小学校、16号の北には横浜市立上川井小学校があり、南部には下川井町・矢指町とまたがる程ヶ谷カントリー倶楽部がある。横浜若葉台団地に隣接した老人ホーム近くでは1993年に温泉塩化物泉)の掘削に成功、2000年からは社会福祉法人により「横浜温泉チャレンジャー」として営業している[8]。町内にある、相模川水系の水道用水専用橋「大貫谷戸水路橋」は、かながわの橋100選に選定されている。町の面積は3.603km2[9]で、旭区で最も広い町である。町内には1,776世帯・3,864人が暮らす[10]

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、上川井町字細谷2696番19の地点で15万4000円/m2となっている。[11]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
上川井町 1,752世帯 3,610人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12]

番地 小学校 中学校
3220番地、3226番地
3228番地、3230番地
3231番地、3233番地
横浜市立川井小学校 横浜市立都岡中学校
その他 横浜市立上川井小学校

出典[編集]

  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市旭区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2011年1月9日閲覧
  6. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  7. ^ 新編武蔵風土記稿 川井村.
  8. ^ 横浜温泉チャレンジャー
  9. ^ 平成12年国勢調査結果町別人口指標(Microsoft Excel)
  10. ^ 旭区町別世帯と人口(2010年11月30日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)横浜市統計ポータルサイト、2011年1月9日閲覧
  11. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  12. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「川井村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ88都筑郡ノ8、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763987/127
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998
  • ちず丸(昭文社)2011年1月9日閲覧