上座郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡県上座郡の位置

上座郡(じょうざぐん)は、福岡県筑前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 朝倉市の一部(佐田、黒川、須川、宮野、烏集院、入地、大庭、石成より南東)
  • 朝倉郡東峰村の全域

歴史[編集]

古代[編集]

かつては「かみつあさくらのこおり」と読んだ。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
上座郡 1座(小)
麻弖良布神社 マテラフノ 麻氐良布神社 福岡県朝倉市杷木志波
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

久喜宮村、若市村、志波村、古賀村、寒水村、佐田村、林田村、大山村、星丸村、白木村、穂坂村、黒川村、松末村、福井村、赤谷村、宝珠山村、鼓村、小石原村、池田村、石成村、大庭村、下大庭村、長淵村、入地村、比良松村、田中村、上寺村、宮野村、烏集院村、多々連村、古毛村、須川村、山田村、菱野村
1.小石原村 2.宝珠山村 3.松末村 4.杷木村 5.久喜宮村 6.志波村 7.高木村 8.朝倉村 9.宮野村 10.福成村 11.大庭村(桃:朝倉市 橙:朝倉郡東峰村 21 - 23は下座郡 31 - 40は夜須郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は全域が現・朝倉市。(11村)
    • 小石原村 ← 小石原村、鼓村(現・朝倉郡東峰村)
    • 宝珠山村 ← 宝珠山村、福井村(現・朝倉郡東峰村)
    • 松末村 ← 星丸村、大山村、松末村、赤谷村
    • 杷木村 ← 池田村、白木村、林田村、穂坂村
    • 久喜宮村 ← 久喜宮村、若市村、古賀村、寒水村
    • 志波村(単独村制)
    • 高木村 ← 佐田村、黒川村
    • 朝倉村 ← 山田村、菱野村、古毛村
    • 宮野村 ← 比良松村、須川村、宮野村、烏集院村
    • 福成村 ← 入地村、長淵村、田中村、多々連村、上寺村
    • 大庭村 ← 大庭村、石成村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「上座下座夜須郡役所」の管轄区域をもって朝倉郡が発足。同日上座郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
朝座郡
行政区の変遷
- 1896年
次代:
朝倉郡