上座 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上座(じょうざ)は、仏教用語としては、いくつかの意味で使われている。

  • 僧侶集団において上座(かみざ)に座るべき高僧のこと。元来は10年以上の修行を積んだ僧侶に対する敬称であった。その中でも特に重んじられるべき僧侶には、「大徳サンスクリット語:bhadanta)」・「尊者(サンスクリット語:ārya)」・「具寿(同:âyusmat)」などの敬称が用いられた。
  • 上座部仏教のこと。
  • 三綱の1人で寺院における最高責任者。年長で有徳の者が選出された。の後半には、僧臘が下賜されるようになり、必ずしも年長で徳行ある者でなくても、世財あり貴顕の者が上座となる例が現われ、乱れることとなった。日本では後に、朝廷が選んだ別当に実権を奪われることになる。