上庸県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上庸県(じょうよう-けん)は中国にかつて存在した県。現在の中華人民共和国湖北省竹山県南西部、渚水北岸地域に相当する。

歴史[編集]

前611年を滅ぼし、庸の故地に上庸邑が設置された。

前211年秦朝は全国に36郡を設置、上庸県は漢中郡の管轄とされた。新代上庸部と改称されたが、後漢が成立すると再び上庸県に改称され、上庸郡の管轄とされた。220年建安25年)には新城郡に移管された。

三国時代228年太和2年)、魏朝は上庸、武陵、北巫の3県に上庸郡を設置、郡治を上庸県に設置したが、その2年後には上庸郡は鍚郡に編入されている。237年景初元年)、魏興郡微陽県及び鍚郡の安富、上庸両県に上庸郡を設置したが、嘉平年間に廃止、259年甘露4年)に再設置されている。

南北朝時代北周により上庸県は孔陽県と改称されたが、隋朝が成立すると598年開皇18年)に上庸県に再改称され房州に属した。

宋代986年雍熙3年)、上庸県は竹山県に統合され、上庸県の名称は消滅している。


前の行政区画:
陝西省歴史的地名
前611年 - 986年
次の行政区画:
竹山県