上智福岡中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上智福岡中学校・高等学校
正門
過去の名称 福岡公教神学校
平尾学院
泰星中学校(旧制)
泰星中学校・高等学校(新制)
泰星高等学校(新制)
泰星中学校・高等学校(新制・中学校再開後)
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人上智学院
校訓 Men and Women for Others with Others
設立年月日 1932年
創立記念日 11月1日
創立者 パリ外国宣教会
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 完全一貫型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 40529K
所在地 810-0032
福岡県福岡市中央区輝国一丁目10番10号

北緯33度34分18.5秒 東経130度23分10.41秒 / 北緯33.571806度 東経130.3862250度 / 33.571806; 130.3862250座標: 北緯33度34分18.5秒 東経130度23分10.41秒 / 北緯33.571806度 東経130.3862250度 / 33.571806; 130.3862250
外部リンク 上智福岡中学高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
上智福岡中学校・高等学校の位置(福岡県内)
上智福岡中学校・高等学校

上智福岡中学校・高等学校(じょうちふくおかちゅうがっこう・こうとうがっこう、英:Sophia Fukuoka Junior-Senior High School)は、福岡県福岡市中央区輝国一丁目に所在する私立中学校高等学校

高校募集を行わない、完全中高一貫教育を行っている。

カトリック男子修道会イエズス会を経営母体とする学校法人上智学院が設置者。

概要[編集]

全国に4つある、イエズス会を経営母体とする学校の一つである。1932年昭和7年)に開校した「福岡公教神学校」を前身とし、「平尾学院」「泰星中学校(旧制)」「泰星高等学校(新制)」を経て、1983年(昭和58年)イエズス会に経営移管後、「泰星中学校・高等学校(新制)」となった。2010年平成22年)には同じイエズス会を経営母体とする上智大学との教育提携を締結し、2011年(平成23年)に現校名となる。2012年(平成24年)には中学校が、2015年(平成27年)には高等学校が共学を開始した。

2016年(平成28年)4月1日、設置する「学校法人泰星学園」が、同じくイエズス会を経営母体とする栄光学園(神奈川県鎌倉市)、六甲学院(兵庫県神戸市)、広島学院(広島県広島市)とともに、学校法人上智学院に吸収合併された。これは、日本在住のイエズス会員(司祭)の高齢化に伴い、個別の法人理事会の維持が困難になったことが最大の理由で、当時のイエズス会日本管区の梶山管区長の指示によるもの。完全な中高一貫教育を行っているため、学校は名称として通常「上智福岡中学高等学校」を使用している[1]

教育理念

 より大いなるものを知り、他者に奉仕し、世界への懸け橋となるリーダー

  • Magis - 今の自分に満足せず、常により高い自己の発展を求めよ。
  • Men and Women for Others with Others - 他者のために生きる。
イエズス会の教育理念であり、姉妹校(イエズス会系列校)と共通。
校訓
  • Magis - さらによりよく
  • Men and Women for Others, with Others - 他者のために他者とともに
  • Excellence - 卓越性を求める
校章
に上智大学の象徴であるが描かれ、「真理の光」を表すラテン語Lux Veritatisの頭文字のLVと、学校の英語名「SOPHIA FUKUOKA」の文字が入っている。色は群青色臙脂色黄色が使用されている[2]
校歌
2011年(平成23年)度の校名変更にあたり、新しく制定。タイトルは「はばたけ ソフィアのよ」。作詞・作曲は新井満[3]
学園歌
2011年(平成23年)度の校名変更に至るまで、長年の間校歌として歌われていた。現在は学園歌として扱われている。
タイトルは「泰星学園校歌」。作詞は堤清之、作曲は矢代秋雄[4]

沿革[編集]

[5]

  • 1932年(昭和7年)4月 - カトリック福岡司教区第2代司教のA.ブルトン司教(パリ外国宣教会)によって福岡公教神学校が創立される。
  • 1934年(昭和9年)4月 - 福岡県知事より各種学校として認可され、平尾学院と改称。
  • 1936年(昭和11年)3月 - 旧制泰星中学校となる。
  • 1946年(昭和21年)4月 - カトリックマリア会に経営移管。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 学制改革により、新制の泰星中学校が開校。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により、新制の泰星高等学校が開校。
  • 1951年(昭和26年)3月 - 学校法人泰星学園設立。
  • 1959年(昭和34年)3月 - 泰星中学校を廃止する。
  • 1969年(昭和44年)4月 - カトリック福岡司教区に経営移管。
  • 1974年(昭和49年)2月 - 現校地に移転する。
  • 1983年(昭和58年)7月 - イエズス会に経営移管、校地拡張。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 泰星中学校を再開校する。中高一貫1期生(41期)が中学に入学。
  • 1989年(平成元年)4月 - 高等学校からの生徒募集を停止。
  • 1989年(平成元年) - ニュージーランドの旗ニュージーランドオークランド・グラマー・スクールと交換ホームステイ開始。
  • 1991年(平成3年)3月 - 完全中高一貫教育体制が確立(高3: 43期〜中1: 48期)。
  • 1997年(平成9年)9月 - 東ティモールの旗東ティモールの聖ヨセフ学園高等学校と姉妹校となる。
  • 2010年(平成22年)4月 - 上智大学との教育提携を締結。
  • 2011年(平成23年)4月 - 上智福岡中学校・高等学校に改称。
  • 2012年(平成24年)4月 - 中学校が共学化する。
  • 2015年(平成27年)4月 - 高等学校が共学化する。
  • 2016年(平成28年)4月 - 同じ経営母体(イエズス会)の学校法人上智学院に吸収合併される。附属校化はせず、学校名は変更しない[6]
  • 2018年(平成30年)3月 - 共学化後、女子生徒が初めて高等学校を卒業(69期)。

学園生活[編集]

  • 生徒数が各学年平均して130〜180名と少なく、クラスも1学年に4クラスであるため、生徒間の関係は親密であるとされる。
  • 制服は、男子は冬は濃紺色のブレザーにグレーのズボンと白のボタンダウンシャツ。ネクタイの色は、中学は青のストライプ柄、高校は赤色のストライプ柄。夏は白のカッターシャツ(半袖)にグレーのズボン。中高ともにネクタイはなし。男子校時代、「校内着」と呼ばれる白のズボンを着用していたが、共学に伴い廃止となった。かつては黒の学ランだったが、1985年に今よりやや明るい紺のブレザーへと改変され、さらに2011年より現デザインとなった。女子は冬は紺色のブレザーにグレーのスカートと白のボタンダウンブラウス。ネクタイの色は男子と同じ。夏は白のカッターシャツ(半袖)にグレーのスカート。オプションとしてPコート、Vネックのセーター(冬はグレー、夏はホワイト)、ベストがある。
  • 授業の初めと終わりに、「黙想(立腰黙想)」と呼ばれる姿勢を正して沈黙する短い時間があり、気持ちを切り替え学習効率を高める指導がされている。
  • 放課後の部活動(週3日以内)は義務ではないが、中学生には、自学自習ができるようにすることを目的として、部活動のない日に「ストゥディウム」と呼ばれる放課後の自習指導がある。高校生には、より高度な内容を身に付けることを目的として、放課後講座が開講されている。遠隔地から通学する生徒への配慮から、早朝補習(通称0時間目)等の制度は存在しない。
  • 国際交流活動として、15年以上にわたってニュージーランドオークランド・グラマー・スクールと交換ホームステイを行っていたが、リーマン・ショック以降は中止している。ホームステイの期間は約2週間で、その間一緒に通学し、現地の授業に参加したり、語学教室を受けたり、市内を見学したりする。また近年は、オーストリアアイスランドオランダインドなど、様々な国から留学生を受け入れている。
  • 中学3年でオーストラリアに10日間(ホームステイ)の語学研修、高校2年で奈良京都に5日間の研修旅行が行われている[7]
  • 通常授業のほかに、年1回行われるキャリアデイと呼ばれる特別授業がある。これは後援会の協力により在校生保護者を臨時講師として20数名招き、実社会での経験に基づくテーマで学級ごとに講演を行うというものである。

学校関係者[編集]

著名な卒業生
教職員経験者

姉妹校(イエズス会系列校)[編集]

日本の旗日本国内
上記の学校は全て、上智福岡と同じくイエズス会を経営母体としている。
上智大学は設立の経緯から、自らの附属中学校・高等学校を持たない。このため、イエズス会が経営する高等学校には内部進学制度が存在しないが、同大学への指定校推薦枠を持っている。上智福岡の上智大学への推薦枠は、教育提携後の2010年(平成22年)に最大20名に拡大され、さらに法人合併後の2016年(平成28年)からは最大30名に拡大されている。
海外
  • 東ティモールの旗聖ヨセフ学園高等学校(東ティモール
    1997年7月に校長が自ら訪問し、同年9月に特別な姉妹校の関係を組んだ[8]。それ以降も、教員や卒業生が同校を訪れるなどしていたが[9]、新たにイエズス会が学校を設立することになったため現在は提携を解消している。

舞台となった作品[編集]

テレビドラマ

交通アクセス[編集]

最寄駅
最寄バス停
  • 西鉄バス 「上智福岡中高前」バス停から徒歩1分。

労働問題[編集]

2015年7月、常勤講師だった女性による講師の地位確認などを求めた訴訟の判決で、福岡地裁は請求を認め、雇用関係の継続と未払い賃金の支払いを命じた[11]。 女性講師が家族の病気を理由に次年度の部活動顧問を断ったことを、雇用の継続を断ったと曲解した校長のパワハラが紛争の原因。[12] 高裁係属中に和解が成立。女性講師は2016年4月に職場復帰し、その後教諭として採用された。[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [1] - 上智福岡中学校・高等学校ウェブサイト
  2. ^ 校章について - 上智福岡中学校・高等学校ウェブサイト
  3. ^ 校歌 - 上智福岡中学校・高等学校ウェブサイト
  4. ^ 学園歌 - 上智福岡中学校・高等学校同窓会ウェブサイト
  5. ^ 学校法人泰星学園上智福岡中学高等学校同窓会(泰星会) |泰星学園の歴史と理念 を参考とした(2011年(平成23年)9月11日現在)。
  6. ^ 上智大と栄光学園など合併へ=5法人、16年4月に 時事通信社 2014/10/23 14:45
  7. ^ 上智福岡中学高等学校「年間行事」『上智福岡中学高等学校』。2018年5月10日閲覧。
  8. ^ “奉仕の精神―泰星学園の東ティモール訪問”. 社会司牧通信. (1998年12月15日). http://www.kiwi-us.com/~selasj/jsc/japanese/bulletin/no087/bu_ja872.htm 2009年1月8日閲覧。 
  9. ^ “聖ヨセフ学園(東チモール)を訪ねて”. http://www.taisei-js.ed.jp/old_homepage/home98/timor9803kudo.html 2009年1月8日閲覧。 
  10. ^ FBS感動ドラマスペシャル「家族って何?」 - 福岡放送(FBS)ウェブサイト
  11. ^ 講師雇い止め「不合理」 私立校に賃金支払い命令/2015年07月28日共同通信社配信 労政時報…私立上智福岡中・高校(福岡市)の常勤講師だった女性が「契約打ち切りは違法」として、運営する学校法人「泰星学園」(同市)に講師の地位確認などを求めた訴訟の判決で、福岡地裁は28日、「合理的な理由なく雇い止めをした」と請求を認め、未払い賃金の支払いを命じた。訴訟で学校側は「女性の契約は1年更新制。運動部顧問を伴う長期雇用を提示したが、女性が父親の病気を理由に拒否した」と主張したが、判決で山口浩司裁判官は「女性が断ったのは顧問就任だけ」と指摘。「また、病気に関する事情は変わる可能性がある。その年に断ったからといって、長期的な雇用機会を捨てたと断定するのは硬直的だ」と判断した。判決によると、女性は2011年4月に非常勤講師として採用され、12年4月に常勤講師に。学校側は13年7月、「14年4月以降の契約はしない」と通知した。学校側は「判決文が届き次第、検討して適切に対応したい」とのコメントを出した。(共同通信社)
  12. ^ 上智福岡講師の地位確認訴訟:家庭事由、雇い止めは不当 福岡地裁/2015年07月29日毎日新聞朝刊(福岡都市圏版)- 過去記事・削除前のURL…家庭の事情を理由に雇い止めをされたのは不当として、中高一貫の私立校「上智福岡中学高等学校」(中央区)の講師だった20代女性が、運営する学校法人「泰星学園」(同)に講師としての地位の確認などを求めた訴訟で、福岡地裁は28日、女性側の請求を認める判決を出した。山口浩司裁判官は「契約更新の期待に合理的な理由がある」と述べた。判決によると、女性は2011年4月から1年間の契約で講師として働き始めた。その後、校長は面談で、バドミントン部の顧問を条件に、13年4月からは長期的な雇用を前提として契約する意向を示した。女性が父親の病気を理由に顧問を断ったところ、学校側はそれまでの契約内容で更新し、同7月に雇い止めを告知した。判決は、学校側が女性の父親の病状の変化などを尋ねていないことから「女性が承諾しなかったのは顧問就任のみで、長期雇用の機会を自ら捨てたと断ずるのは硬直的に過ぎる」と指摘し、雇用の継続を認めた。上智福岡中学高等学校は「判決文が届き次第、検討して適切に対応したい」とコメントした。【鈴木一生】 … 福岡地判平27・7・28(学校法人泰星学園雇い止め事件)毎日新聞
  13. ^ 教員授業研修 - 上智福岡中学校・高等学校ウェブサイト

関連項目[編集]