上杉憲重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
上杉憲重
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 1561年?
死没 天正7年(1579年)?
別名 三宝院
主君 上杉謙信
氏族 山内上杉家
父母 父:上杉憲政
兄弟 龍若丸、憲藤、憲重、憲景、柿崎憲家
養兄弟:政虎(謙信)
妙耕院秋元景朝室、古幡良家娘)
憲国

上杉 憲重(うえすぎ のりしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士上杉憲政の三男。

略歴[ソースを編集]

上杉憲政後北条氏の圧迫を受けて越後国へ逃れた後に誕生。山内上杉家の家督は義兄弟の上杉輝虎(謙信)が継いだので、憲重が継ぐことはできなかった。林泉寺で出家して、三宝院と称した。

上杉家の後継者争い(御館の乱)では、父と共に上杉景虎側に回ったが、和解交渉の途上で上杉景勝方の兵士に討たれたと云われる。江戸時代初期に憲重実子の存在が確認できるので、憲重の子は助命されたと思われる。憲重自身も助命されたと伝える資料もある。