上杉氏憲 (深谷上杉氏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
上杉氏憲
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永14年(1637年[1]
別名 五郎
主君 後北条氏
氏族 深谷上杉家→久保田氏
父母 父:上杉憲盛、母:太田資顕
猶父:北条氏政
兄弟 氏憲深谷吉次成田泰喬正室
正室:北条氏政養女北条氏繁娘)
憲俊、憲成、憲国
テンプレートを表示

上杉 氏憲(うえすぎ うじのり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将深谷上杉家8代当主。後北条氏の家臣。武蔵国深谷城主。長尾景仲仍孫に当たる。

略歴[編集]

上杉憲盛の子として誕生した。天正3年(1575年)、父の憲盛の死を受けて家督を継いだ。天正6年(1578年)に北条氏政の養女を正室に迎え、氏政の猶子となった。この時、氏政の「氏」の字を貰って氏憲と称した。その後、北条氏邦の傘下として各地を転戦した。

天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐では、諸侯と同じく召集を受け小田原城に立て籠もった。留守の深谷城は家臣の秋元長朝・杉田因幡守らが守備したが、主力は小田原城に詰めていたため寡兵であり、秋元らの判断により開城し降伏した。

その後は久保田と姓を改め、信濃国更級郡[2]にて隠居した。

脚注[編集]

  1. ^ 『上杉家御年譜諸士略系譜』によると、会津蒲生家預かりとなった市田太郎(氏憲の号)は、市川彦次郎の名跡を継いで名を市川太郎知次と改め、慶長6年(1602年)2月死去とあり。
  2. ^ 現・長野市。