上杉義寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
上杉義寿
時代 江戸時代中期
生誕 寛保2年(1742年
死没 天明4年11月9日1784年12月20日
別名 喜次郎、通称:中務
官位 従五位下侍従主水正
幕府 江戸幕府 高家旗本
主君 徳川家重家治
氏族 上条上杉家
父母 父:上杉義枝、母:上杉知義長女
正室:伊達村信娘・澄
義長、女子

上杉 義寿(うえすぎ よしなが)は、江戸時代中期の高家旗本

略歴[編集]

寛保2年(1742年)、上杉義枝の長男として誕生した。同年12月2日、父の死去により、家督を相続する。宝暦8年(1758年10月28日、9代将軍徳川家重に拝謁する。明和4年(1767年12月11日、高家職に就き、従五位下・侍従、主水正に叙位・任官する。明和6年(1769年12月10日、致仕。

天明4年(1784年11月9日、死去。享年43。跡を長男の義長が継いだ。