上杉賢士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 賢士(うえすぎ けんし、1948年 - )は、日本の教育者。現在、日本PBL研究所理事長、学校法人いいづな学園学校長、日本生徒指導学会副会長。専門は、プロジェクト・ベース学習であり、日本における第一人者である。[1][2]

人物・略歴[編集]

1948年山梨県出身。1972年千葉大学教育学部を卒業。船橋市小学校教員、千葉市小学校教員、千葉大学教育学部附属小学校教員と小学校教員生活を16年間、千葉市教育センター、千葉県総合教育センター、千葉市教育委員会指導課と、教育行政で11年半勤務した後に、1999年に千葉大学大学院教育学研究科教授。2011年から千葉大学教育学部附属教育実践総合センター教授。[3]

著作[編集]

  • 『若い教師が元気の出る7つの提言―教育者としてのキャリアのつみ方』(2010年3月、明治図書出版)
  • 『プロジェクト・ベース学習の実践ガイド―「総合的な学習」を支援する教師のスキル』(2010年10月、ほるぷ出版)
  • 『「ルールの教育」を問い直す 子どもの規範意識をどう育てるか』(2011年10月、金子書房)

脚注[編集]