上村くにこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上村 くにこ(うえむら くにこ、1944年7月18日[1] - )は、日本フランス文学者、甲南大学名誉教授。本名・邦子。旧姓・内藤。大阪大学文学部仏文科卒。同大学院博士課程満期退学。パリ第4大学文学博士取得。1981年甲南大学文学部助教授、教授。2013年退職、名誉教授。ルイ=フェルディナン・セリーヌスタンダールなどを研究、恋愛フェミニズムを論じる。

著書[編集]

  • 『性の崩壊 男と女の性差がなくなる時』フォー・ユー 1988
  • 『白鳥のシンボリズム 神話・芸術・エロスからのメッセージ』御茶の水書房 1990
  • 『純愛コンプレックス どう愛すればいいのか?』大和書房 1993
  • 『せつない恋の育て方 ヒロインたちの愛の選択』PHP研究所 1997
  • 『フランス流恋愛の作法 幸せをつかむ101の言葉』PHP文庫 2000
  • 『失恋という幸福 U教授の『恋愛論』講義』人文書院 2003
  • 『恋愛達人の世界史』中公新書ラクレ 2006
共編
  • 『フランス文学/男と女と』西川祐子共編 勁草書房 1991
  • 『暴力の発生と連鎖 心の危機と臨床の知』編 人文書院 2008

翻訳[編集]

  • オーノワ夫人『ロゼット姫 フランス妖精物語』東洋文化社・メルヘン文庫 1980
  • L・F・セリーヌ『教会 五幕劇』松籟社 1981
  • ミルトン・ヒンダス『敗残の巨人 現代文学の異様な冒険 セリーヌ会見記』松籟社 1982
  • エリザベート・バダンテール『男は女、女は男』饗庭千代子共訳 筑摩書房 1992
  • バダンテール『XY 男とは何か』饗庭千代子共訳 筑摩書房 1997
  • エルネスト・ルナン『イエスの生涯』忽那錦吾共訳 人文書院 2000
  • ジャン=ピエール・ヴェルナン『ギリシア人の神話と思想 歴史心理学研究』ディディエ・シッシュ、饗庭千代子共訳 国文社 2012

参考[編集]

  • 『失恋という幸福』著者紹介

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002