上村正之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上村 正之丞(かみむら まさのじょう、1851年6月〈嘉永4年5月〉 - 1908年明治41年〉3月13日[1])は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将[2]鹿児島出身[2]

人物[編集]

明治26年(1893年)1月26日愛宕艦長に補される。翌年の明治27年(1894年)12月9日には海軍大佐任官と同時に大和艦長となり、その後 水雷術練習所長、橋立艦長、横須賀水雷団長、呉水雷団長などを歴任。明治34年(1901年)、海軍少将任官、馬公要港部の初代司令官に就任する。その後、佐世保海軍工廠長などを務め、明治38年(1905年)、海軍中将任官、明治40年(1907年)、予備役偏入となった。

官歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『帝国海軍将官総覧』143項
  3. ^ a b c d e f 『日本海軍史』「将官履歴」
  4. ^ 『官報』第2326号「叙任及辞令」1891年4月6日。
  5. ^ 『官報』第5401号「叙任及辞令」1901年7月5日。
  6. ^ 『官報』第6858号「叙任及辞令」1906年5月12日。
  7. ^ 『官報』第177号「叙任」1884年2月4日。
  8. ^ 『官報』第1921号「叙任及辞令」1889年11月21日。
  9. ^ 『官報』第3437号「叙任及辞令」1894年12月11日。
  10. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  11. ^ 『官報』第5501号「叙任及辞令」1901年11月1日。
  12. ^ 『官報』第6729号「叙任及辞令」1905年12月4日。
  13. ^ 『官報』第7107号「叙任及辞令」1907年3月12日。
  14. ^ 『官報』第3273号「叙任及辞令」1894年5月30日。
  15. ^ 『官報』第6123号「叙任及辞令」1903年11月28日。
  16. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。

参考文献[編集]

  • 官報
  • 『日本海軍史』海軍歴史保存会
  • 『帝国海軍将官総覧』太平洋戦争研究会