上村耕作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上村 耕作(うえむら こうさく、1877年明治10年)2月8日[1] - 1936年昭和11年)12月1日[2])は、日本政治家衆議院議員[1]奈良市選出、憲政会[3][4])、会社重役[4]。族籍は奈良県平民[1][3]

人物[編集]

奈良県平民・上村光亨の長男[1][3]。奈良市生まれ[4]1905年京都帝国大学法科大学を卒業して法学士の称号を得た[1]1907年家督を相続した[1][3]

韓国政府財務官兼農工銀行監理官、東洋拓殖参事、奈良銀行(のち国立六十八銀行、現南都銀行監査役豊国火災保険東京支店長[1]、同社支配人、千日土地建物取締役等を務めた[3][4]

1917年大正6年)4月20日に実施された第13回衆議院議員総選挙に出馬し、衆議院議員に当選。著書に『労働保険論』(東京 森江書店、1906年4月出版)がある[5]憲政記念館には上村耕作文書が保存されている。住所は東京牛込白銀町[1]、奈良県奈良市東城戸町[3]、生駒郡伏見村大字疋田[5]

家族・親族[編集]

上村家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第4版』う14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月25日閲覧。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』89頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第5版』う18頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c d 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』237頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月25日閲覧。
  5. ^ a b 『労働保険論』(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 上村耕作『労働保険論』森江書店、1906年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。