上村観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上村 観光(かみむら かんこう、1873年 - 1926年6月11日)は、臨済宗僧侶で、五山文学研究家。

五山文学研究の開拓者で、高野山大学教授、臨済宗大学(現・花園大学)教授を務めた。

著書[編集]

  • 『五山文学小史』(裳華房、1906)
  • 『五山詩僧伝』(民友社、1912)
  • 『禅林文芸史譚』(大鐙閣、1919)
  • 『端竜名山太平興国南禅寺第二祖 勅諡南院国師御略伝』(南禅寺宗務本所、1921)

編著[編集]

  • 寒山詩 / 寒山子』(井出時秀、1906)
  • 『近畿游覧誌稿』(黒川道祐、淳風房、1910)
  • 『五山文学全集』1-5集(裳華房、1906-15)
  • 『五山文学全集』1-5巻(帝国教育会出版部、1935-36、復刻・思文閣、1973)

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』