上松泰造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上松泰造

上松 泰造(うえまつ たいぞう、1868年11月1日明治元年9月17日[1]) - 1949年昭和24年)8月2日[2])は、明治から昭和時代前期の大地主[3]政治家銀行家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

関谷與藤治の二男[3]、関谷醇三の弟としてのちの岐阜県[注 1]に生まれ先代上松治郎一の養子となり1905年(明治38年)1月、家督を相続する[1]岐阜県師範学校を経て、東京法学院を卒業する[4]。農業を営む傍ら、濃飛農工銀行、岐阜貯蓄銀行、第十六銀行各取締役[1]、鏡島銀行頭取、岐阜不動産、岐阜信託各取締役、岐阜県農会長[4]稲葉郡農会副会長などを歴任した[2]

1915年(大正4年)岐阜県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年10月2日[5]から1925年(大正14年)9月28日まで在任した[2]。在任中は研究会に所属した[2]

親族[編集]

  • 妻:よね子(養父長女)[3]
  • 二女:栄(政治家・下条康麿に嫁ぐ)[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1917年の住所地は岐阜県稲葉郡鏡島村、現岐阜市。『大正人名辞典 第3版』1126頁。

出典[編集]

  1. ^ a b c 人事興信所 1915, う18頁.
  2. ^ a b c d 衆議院、参議院 編 1960, 182頁.
  3. ^ a b c 『大正人名辞典 第3版』1126頁。
  4. ^ a b c 人事興信所 1928, ウ29頁.
  5. ^ 『官報』第952号、大正4年10月4日。

参考文献[編集]