上松義豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
上松義豊
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 小笠原内蔵助
別名 蔵人(通称)
氏族 木曾氏、上松氏
父母 木曾義康
兄弟 木曾義昌義豊、岩姫
テンプレートを表示

上松 義豊(あげまつ/うえまつ よしとよ)は、安土桃山時代武士。藤原姓木曾氏庶流上松氏の祖とされる。

略歴[編集]

信濃国木曽郡国人木曾義康の子として誕生。『信長公記』によれば、天正10年(1582年)2月、織田信長甲州征伐において、兄・義昌武田勝頼を裏切り信長に与した際、義豊は人質として織田氏の家臣・菅屋長頼の許へ送られた。

義豊はその後、小笠原内蔵助を名乗る。『木曽旧記録』『木曽考』によれば、義昌の跡を継いだ甥の義利とは折り合いが悪く関係は険悪であったとされ、義昌が信長より拝領した「鈴虫」のくつわを義豊が掠め取ったとして[1]慶長年間に義利に殺害された。

慶長5年(1600年)、この一件が徳川家康の勘気を蒙り、家康の関東移封により信濃木曽谷から鞍替えされた下総国海上郡阿知戸1万石を没収され、木曾氏は改易となった。

脚注[編集]

  1. ^ 笹本正治『信濃の戦国武将たち』宮帯出版社、2016年、239頁。

小説[編集]

  • 伊東潤『木曾谷の証人』(『戦国鬼譚 惨』収録の短編)