上林与市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上林 与市郎
かんばやし よいちろう
生年月日 (1912-01-01) 1912年1月1日
出生地 山形県東田川郡泉村
没年月日 (1993-06-08) 1993年6月8日(81歳没)
死没地 山形県鶴岡市
出身校 中央大学法学部
前職 泉村職員
所属政党 日本社会党
称号 勲二等瑞宝章、羽黒町名誉町民、正五位

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧山形2区
当選回数 6回
在任期間 1947年 - 1960年
テンプレートを表示

上林 与市郎(かんばやし よいちろう、1912年1月1日 - 1993年6月8日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(6期)。社会民主連合顧問。

1982年勲二等瑞宝章1983年羽黒町名誉町民(現・鶴岡市名誉市民)、1993年正五位

人物[編集]

山形県東田川郡泉村(現・鶴岡市羽黒町泉)に生まれる。

中央大学法学部卒業後、郷里に戻り、社会の民主化と新しい労農漁民運動の構築に専心。1947年、新憲法下における初の衆院総選挙旧山形2区から日本社会党公認で出馬[1]。連続6期務め、阿部昭吾秘書として仕える。

議員在任中は、衆院決算常任委員長などを務めたほか、社会党中央執行委員を歴任。加えて全日本農民組合連合会書記長に就き、農民組合組織の統一運動に尽力。また、多くの政治家や社会運動家を育てた。後に社会民主連合顧問となる[1]

1993年6月8日、脳梗塞のため鶴岡市内の病院で死去。81歳没[2]

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『庄内の農民とワッパ騒動』 新生社、1957年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新版山形県大百科事典』p.140
  2. ^ 「上林与市郎氏 死去 元社会党衆院議員」『毎日新聞』1993年6月10日

参考文献[編集]

  • 『庄内人名辞典』庄内人名辞典刊行会、1986年。
  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。
  • 『官報』第1184号 1993年6月28日 叙位叙勲
  • 『広報つるおか』2006年10月15日号 名誉市民・交流都市(第3回)