上柳昌彦 あさぼらけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上柳昌彦 あさぼらけ
ジャンル 情報バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2016年3月28日 -
放送時間 月曜 5:00 - 6:00(60分)
火曜 - 金曜 4:30 - 6:00(90分)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN(火曜 - 金曜)
パーソナリティ 上柳昌彦
テーマ曲 <4時台>Hitchin' A Ride(夜明けのヒッチ・ハイク)/Vanity Fare
<5時台>オリジナル曲(堀尾和孝作曲)
 OP:あさぼらけ
 ED:STRIKE
プロデューサー 長浜純
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

上柳昌彦 あさぼらけ』(うえやなぎまさひこ あさぼらけ)はニッポン放送2016年3月28日から放送されている情報バラエティ番組である。

概要[編集]

ニッポン放送の2016年上半期改編にて、前番組であった『山口良一 今日もいきいきあさ活ニッポン』の平日早朝放送枠を、金曜午後のワイド番組を担当していた上柳が、早朝帯の生ワイド番組として担当する事となり、過去オールナイトニッポン2部を担当していたので、20年振りに早朝時間帯の番組を担当する事となる[1]

当該番組は、いわゆるアクティブシニアをターゲットに「新鮮な情報」と「好きな音楽」を放送しながら、トークを繰り広げる事をコンセプトに[2]、上柳のフットワークを活かして、「リアルな体験」をリスナーに対して伝える[2]番組構成としている。「眠い朝、辛い朝、元気な朝...それぞれの気持ちをもって朝を迎える皆さん一人一人に その日一日を10%前向きになってもらえるように心がけているトークラジオ。」が番組のテーマ。

番組タイトルは、小倉百人一首の中の名詞である「朝朗け」から命名しており、「朝がだんだんと夜から白々とあけるあたり」を意味している[3]との事である。

出演[編集]

パーソナリティ[編集]

  • 上柳昌彦(フリーアナウンサー)※番組開始時の肩書きはニッポン放送の局アナウンサーであったが、2017年8月末付で定年退職し、同年9月から子会社への所属となり、現在の肩書き

ニュースキャスター[編集]

全員、ニッポン放送報道部所属の記者及び契約アナウンサー

その他出演者[編集]

上柳の夏季若しくは病欠休暇に伴うピンチヒッターで、代理パーソナリティの名前が番組の冠となる
清野以外は全員ニッポン放送局アナ若しくは契約アナウンサーである

タイムテーブル[編集]

合間を縫ってテーマメッセージ、「きのうの日記」と題したフリーメッセージ、リクエストを紹介。
  • 火曜 - 金曜のみ
    • 4:30 オープニング、全国と関東の天気
      • 直近の事象、または直前に放送された『オールナイトニッポン』『オールナイトニッポン0(ZERO)』の内容やトピックスに軽く触れた後[15]、「○月○日○曜日。上柳昌彦、あさぼらー…けっ」とタイトルコールを入れてテーマ曲が流れる。ただし、深夜早朝の大きく世間を動かす話題や気象などの有事の話題がある場合はタイトルコールから開始する。
      • 冒頭コメントの流れから数分のフリートークを行い、天気予報は多くの場合ここで読まれる。なお、2019年3月まで木曜は『乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)[16]の最後で読まれていたこともあり、ニュースの後に回していた[17]
    • 4:39 朝一番のニュース
      • ニュースデスクが担当。上柳や報道部キャスターが掛け合いながら進行する。それまでは上柳が担当していたが、2018年9月27日の休み明けから喉の不調を訴えたため一時的にニュースデスクが担当することになり、そのまま担当を変えた。これは5時台後半のニュースも同様。11月からはニッポン放送のみで流れる汎用のニュースジングルが流れている。
    • 4:44 メールの紹介、リクエスト紹介
    • 4:59 ここでニッポン放送以外のネット局は飛び降り。

  • 5:00 5時台オープニング、関東地方の天気
  • 5:05 朝の産経新聞ニュース
    • ニュースデスクが担当。
    • 2018年3月までは「5時のニッポン放送ニュース」
  • 5:10 スポーツニュース(主にプロ野球の結果と大相撲前日の取り組み。月曜日はゴルフや競馬の結果、高校野球シーズン中はその結果など情報量が増える。やただし掛け合いが長引いた場合は後回しにする)
  • 5:12 朝刊一面バッサバサ
    • もともとコーナー名をつけないままに朝刊一面の記事を紹介していたが、「新聞チョキチョキ」に合わせるかのようにコーナー名がついた。
  • 5:14 (水曜)あけの語りびと 〜こころを託す物語〜
  • 5:25 (月曜・金曜)食は生きる力 今朝も元気にいただきます
  • 5:35 心のともしび
  • 5:41 ニッポン放送ニュース
    • ニュースデスクが担当する。インフォマーシャルが入る場合はそのあとにニュース。
  • 5:45 新聞チョキチョキ
    • 番組内で紹介しきれなかった新聞の切り抜きと東京の天気、日の出・日の入り時刻を紹介。聴取率調査週間では、ここのコーナーで紹介した内容がクイズの出題になる。
  • 5:49 ラジオリビング
  • 5:56 エンディング

コーナー[編集]

定期コーナー[編集]

  • 月曜・金曜…食は生きる力 今朝も元気にいただきます - フォーデイズ単独提供番組。
  • 水曜…三菱UFJ信託銀行Presentsあけの語りびと - 『うえやなぎまさひこのサプライズ!・10時のちょっといい話』『上柳昌彦のお早うGoodDay!・8時のGood Story』の流れを継ぐ朗読コーナーで、ある1人の生き様を、物語風に読む。木曜のコーナーが始まるまでは唯一のコーナーであり、初回から放送。放送終了後、上柳の朗読とテキストが掲載される。[19]
  • 火曜…Dr.梶本の朝から元気!(不定期)

不定期コーナー[編集]

  • あさぼらけ テレフォン - 2016年10月頃から始まった生電話コーナーで、5:25頃から実施していた。場合によってはエンディングなどにも行う。2017年4月からはコーナーが増えたため、上柳が思い付きでつなぐときのみ行う。2020年4月頃から新型コロナウイルスの影響により、リスナーの生活状況を知りたいとコーナーが復活した。
  • ニッポン放送交通情報(九段センター) - 5:14頃と5:49頃。(2017年10月以降は繁忙期のみ)

特設コーナー[編集]

  • リオデジャネイロオリンピックリポート
  • 平成メモリアルタイム - ニッポン放送に残る報道ニュース、スポーツ実況、過去の番組等の音源を使用して、平成30年間の事件、政治、災害、スポーツ、エンタメ史を1年ずつコンパクトにまとめた5分間のミニ番組[20]

終了[編集]

  • ホテル三日月わらしべ長者リクエスト - 木曜5:25頃。4月に入り、ホテル三日月のテーマが流れて以降、CMソングなどのリクエストが後を絶たなかった為にコーナー化。その最初がホテル三日月のテーマであったことから、この様なコーナー名となった。ただし、ホテル三日月の協賛などは受けていない。上柳曰く、勝手に使っているとの事。[19]なお、9月の異動で木曜の演出が石田に変更になったが、このコーナーのみ加茂が担当している。木曜の5:25頃から放送されていたが、「あさぼらけ テレフォン」の開始とともに自然消滅した。
  • ホッとミュージックリクエスト - 月曜5:20頃。リスナーの体験したホッとするお話と、ホッとする曲のリクエストを募集する。[21]
  • JFマリンバンク海の天気予報 - 5:45頃から放送。東京湾・相模湾・伊豆諸島北部・千葉外房・茨城鹿島灘の風や波、干潮と満潮の時刻、天気予報と注意報・警報、東京の日の出・日の入りを伝えた。2019年3月29日で終了。

スタッフ[編集]

番組初期はエンディングで、このメンバーと、日本道路交通情報センターのキャスターや電話出演・生出演したスタッフ、木曜日の「わらしべ長者リクエスト」の担当演出・加茂も含めて読み上げをしていた。なお、『海の天気予報』担当者は直前の番組である『オールナイトニッポン0 (ZERO)』のADを兼任していた。この読み上げは短期間で終了している。
演出 技術
月曜日 石田誠 寺本豪
火曜日 加茂正美 大沢和隆
水曜日 寺本豪
木曜日 石田誠 林シュンゴ
金曜日 若林千真

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局名 放送時間 放送開始 備考
関東広域圏 ニッポン放送(LF) 月曜 5:00 - 6:00
火曜 - 金曜 4:30 - 6:00
2016年3月28日 - 製作局
北海道 STVラジオ 火曜 - 金曜 4:30 - 5:00 2016年3月29日 -
宮城県 東北放送(TBC)
栃木県 栃木放送(CRT)
茨城県 茨城放送(IBS)
京都府滋賀県 京都放送(KBS)
兵庫県 ラジオ関西(CRK)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
新潟県 新潟放送(BSN) 2020年3月31日 - [22]
富山県 北日本放送(KNB) 2020年9月29日 - [23]
長野県 信越放送(SBC) [24]
愛媛県 南海放送(RNB) [24]

放送時間変更・番組休止・ネット返上[編集]

このうち、政見放送期間中は、普段ニッポン放送で聴いているリスナーから「(番組を冒頭の4時半から聴く為に)Radikoのエリアフリー機能を用いて他のネット局で聴いている」と言うお便りが届くが、上柳は往々にして「ニッポン放送を聴取できる方は基本的にはあさぼらけではなく政見放送を聴いて投票の参考にしてください」とコメントしている。なお、ニッポン放送を始めとして在京各局ではネット番組を含めてほとんどの時間をワイド番組が占めているが、さまざまな理由で短縮や返上が難しく、そのうえ立候補者が多いこともあり、やむなく深夜早朝に移して放送するケースが多い。

脚注[編集]

  1. ^ オールナイトニッポン50年 前半”. フジテレビ (2017年11月18日). 2018年4月10日閲覧。
  2. ^ a b 2016 ニッポン放送春の新番組 ワクワク いっぱい! ニッポン放送”. 2016年3月8日閲覧。
  3. ^ 今朝から「あさぼらけ」!?”. ニッポン放送 (2016年3月27日). 2018年4月10日閲覧。
  4. ^ midori_hakozakiのツイート(8883397441735884801)
  5. ^ nabeanaのツイート(889143286782238721)
  6. ^ 1242_PRのツイート(889394737207050240)
  7. ^ a b c 前立腺再検査に伴う代理。また同曜日に上柳が担当している、『金曜ブラボー。』も担当
  8. ^ 上柳昌彦 ラジオの人「大船に乗って!」
  9. ^ 3日間。(番組ブログ)
  10. ^ 番組表の紹介では本名の「高橋良一」名義
  11. ^ 3日間終わりました~
  12. ^ 前立腺手術は終わったものの、ダビンチ手術ででてしまう後遺症と主治医のスケジュール上の都合等で入院を要したため。
  13. ^ ぼやき再来
  14. ^ 今日から10月です
  15. ^ クロストークすることはないが、たまにニュースの後のパートにZEROのパーソナリティが飛びいることがある。
  16. ^ 2019年4月から水曜1部に昇格し、『乃木坂46のオールナイトニッポン』として放送。
  17. ^ 録音放送の場合と、他のコーナーが盛り上がり時間がなくなった場合は休止となっていた。
  18. ^ 2018年3月までは『高嶋ひでたけのあさラジ!』の高嶋ひでたけ
  19. ^ a b 公式サイト2016年10月18日閲覧。
  20. ^ http://www.1242.com/lf/articles/170469/?pg=sp
  21. ^ 新年度に入って2017年6月14日閲覧。
  22. ^ TBSラジオの『Fine!!』を打ち切ってネット開始。
  23. ^ 文化放送の『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』を打ち切ってネット開始。
  24. ^ a b TBSラジオの『Fine!!』終了をもってネット切替。
  25. ^ showup1242のツイート(980363970791043072)
  26. ^ 早朝の出来事。
  27. ^ [1]
  28. ^ [2]

関連項目[編集]

ニッポン放送 火曜 - 金曜 4:30 - 5:00
前番組 番組名 次番組
上柳昌彦 あさぼらけ
-
ニッポン放送 平日 5:00 - 6:00
山口良一 今日もいきいきあさ活ニッポン
上柳昌彦 あさぼらけ
-